3月の読書会

.06 2017 読書 comment(4) trackback(0)
 日々快調にブログを書いているように見えるが
時々手が止まる時がある。書く事はあるのになんとなく
気が進まなかったり、テーマはそれとなく決めても
書き出せなかったりと・・・・
実は現在5日分ぐらい溜まった格好だ。
5日分が全て引っかかっているわけではなく
今日の分を書いてしまうと次とその次はすんなり書けてしまう。
そんな気がしている。
 今日のテーマは先に「梅雨入り」としていたのだが
いざ書く段になると天気はいいし、カラっとした日が続き
しかも朝晩ひんやりして過ごしいい。
そこで急遽、テーマを変更した。

DSCN2874_convert_20170615062329.jpg

 3,4,5月とそれぞれに読書会が開かれたのだが、
何かまとめて書こうと思っているうちに3ヶ月が
過ぎてしまった。
 一日一日は過ぎるのが遅く感じているのに、こうして
振り返り自分自身を月1回の行事に当てはめてみると
意外にも月日は早く過ぎ去っているのだと実感する。
過ぎたことの記憶が昔より幾分ぼんやりしている。

3月の読書会テーマは「恩田陸」。そして
4月の読書会テーマは「宮下奈都」。そして
5月の読書会テーマは「遠藤周作・沈黙」

恩田陸、宮下奈都と続いたのは前者が直木賞受賞。
後者が本屋大賞受賞と最近輝いている女性作家と
いうことでその作品をテーマとした。

恩田陸は以前、「六番目の小夜子」「図書室の海」
「夜のピクニック」などを読んだが、最近の作品は
全く読んでいなかった。最近作を読んでみようと
「木漏れ日に泳ぐ魚」を買ってみたが未だ読めていない。
それならと滅多に買うことはない新刊の直木賞受賞作
「蜜蜂と遠雷」を買って読んでみた。

これは正直、面白かった。音楽好き、中でもクラシック好き
にはたまらない作品である。

読書会で議論していて、わかったことがいくつかある。
一つは小さい頃から音楽と本に恵まれて成長したこと
早稲田大学時代にはオーケストラに所属。音楽は彼女の
得意分野であったこと。
もう一つは大学を卒業後、就職するが二年後に過重労働で
体を壊し、四年で会社を辞め、退職後書いた「六番目の小夜子」が
ファンタジーノベル大賞最終候補になり作家デビューを果たしたものの
修行期間がなかったため、編集者に再就職を勧められ、再就職する。
その間、多作することで鍛え、作家として安定した五年後、ようやく
専業作家となっているということ。

本来、この作家は本屋大賞を受賞し、映画化された作品
「夜のピクニック」のようにあるひとつのイベントの中で展開される
人間模様を描くことを得意とする作家のように思える。
直木賞受賞作の「蜜蜂と遠雷」もそうした構想の中に展開する。しかも
自分の最も得意とするピアノがテーマである。
多作することで鍛え上げた5年間の修行と自分のもっとも得意とする
分野でこの作家は勝負に出たのだと思う。

「蜜蜂と遠雷」はユニークなテーマである。
3年に一度、浜松で開かれる浜松国際ピアノコンクールをモデルとした
あるピアノコンクールの予選から決勝までの参加者の人間模様を
題材としている。全てのピアノ曲がキッチリ明記されており、
その演奏の模様の記述が圧巻である。
読むと本当の曲を聴く以上の凄い曲を聴いた気にさせられる。
音楽好きに是非読んで欲しい本である。

書き出したら止まらなくなってしまった。
続きはまたそのうちに書こうと思います。

ちなみに浜松国際ピアノコンクールについてインターネットの情報を
上げておきます。参考まで。

国際音楽コンクール世界連盟に加盟する国際コンクールである。第1回大会は浜松市市制施行80周年を記念して1991年(平成3年)に開催され、若手ピアニストの育成を図るとともに楽器の街から音楽文化の街への昇華を図る近年の浜松市政の代表的なものとなっている。第1回審査委員長は小林仁、第2回審査委員長は安川加寿子。安川の没後に中村紘子が後任に選ばれてからは、課題曲、審査員、コンテスタントの人選が以前よりも変化に富み、コンテスタントのレベルや選べるコンチェルトも次第に上がっていった。開始当初、レパートリーやコンチェルトの選曲の異様な狭さが問題となっていた。

開始当初はピアノの「ビッグスター」あるいは「スーパースター」が来場することで有名で、彼らはその後に国際コンクールの主要タイトルを連取した。ショパン国際ピアノコンクール[1]やヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの優勝者[2]すら複数名も輩出し、予選落ちですらチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門の優勝者[3]やクリーブランド国際ピアノコンクール[4]やソウル国際音楽コンクールピアノ部門[5]の優勝者を出すなど、華やかな激戦が繰り広げられた。ただし、中村紘子が審査から退任後は国際コンクールの「周遊組」が目立つようになり、2012年は優勝こそイリヤ・ラシュコフスキーであったものの、彼はその後チャイコフスキー国際音楽コンクールに失敗し、第二位第三位受賞者もことごとくメジャー国際コンクールで落選した。2015年度はヴィオッティ国際音楽コンクールピアノ部門、ショパン国際ピアノコンクール、ブゾーニ国際ピアノコンクールの予選落ち同士が本選で対決するなど、レヴェルの膠着化が顕著になってきている。

現時点で「メジャーデビュー」を成功させた優勝者は、チョ・ソンジンだけである。これも「メジャーデビューが難しい」とされているヴァン・クライバーン国際コンクールの在り方に酷似しているが、ツアーが3年ついて回るということはない。また、予選で落ちた人物の演奏CDを販売しており、人気のあるコンテスタントは即SOLD OUTになるなど、市民にピアニストの音が根付く仕掛けが施されている。



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。





.04 2017 comment(2) trackback(0)
DSC_1607_convert_20170611060845.jpg

晴天続きで、雨が降らない中、この時期、地味だけれど
様々なものが実ります。
これはビワとジュンベリー。どちらも頂き物です。
ビワは車で通過中、いろんなところで黄色く熟れた
枇杷の木を見かけます。昔はどの家にもあって、
よく食べていましたが、今では食べる機会が減りました。
庭のジュンベリーが今年は珍しく実をつけました。
昨年9月の台風の影響ではないかと思います。
台風で激しく揺さぶられ、生命の危機を感じた木々が
子孫を残そうと実をつけたのではと私は推察するのですが
どうでしょう。

DSC_1598_convert_20170611060911.jpg

この時期、やはり気になるのが梅です。
酔龍亭のすぐ東側に昔から存在する梅の木が
あります。この時期になると夜中、ポト、コロコロコロ
・・・・・・ストンという音が頻繁にするようになります。
梅の実が落下して金属屋根に落ち、転がって
地面に落ちる音です。風情があるといえば確かに、
ですが、この音を聞くと「そろそろ、収穫してくれないか」
と急かされている気分になるのです。

そこで意を決して、ある日の午後、我が家で一番の
収穫量を誇る、敷地東端の梅の木に折った脚立を
最長に伸ばして、4,5m上の梅の木によじ登り
手に持った布袋に摘んでいっぱいになるたびに
下に降りて、このコンテナに開けてを繰り返しを続け、
夕方にはこのとおり、10kg以上の梅が収穫できました。

DSC_1601_convert_20170611060935.jpg

さて、早速これを洗い、こんなふうに水に一晩浸けて
アクを抜きます。梅のいい香りがします。

DSC_1602_convert_20170611061001.jpg

ひと晩過ぎたら、材料を取り揃えて作業開始。
今年は知り合いに手伝ってもらいました。
梅の秤に乗せ、1Kg、2Kgの単位にしておきます。

DSC_1619_convert_20170611061024.jpg

まず作ったのは、梅干し用に4リットル瓶2本、
これはしばらく置いて梅酢が上がってきたら
紫蘇をいれます。梅雨明け頃に天日干しします。

次は梅シロップ。昨年の梅酒がたくさん残っているので
今年は梅酒は止めることにし、その代わりに
ジュースがわりに飲める梅シロップを作ることにしました。
これには氷砂糖とりんご酢を使いました。
これは初の試みです。

そしてもう1本がカリカリ漬けです。これは早い話
梅の漬物ですね。2,3週間すると食べれるように
なると思います。

DSC_1616_convert_20170611061048.jpg

これは昨年漬けた梅、これ以外にも小さな瓶に数本。
とりあえず、梅酒は空いた酒瓶に入れて、手に取って
飲みやすい状況にしました。
とにかく、減らさないと。せっかく作ったんだし。

DSC_1614_convert_20170611061116.jpg

本来はここで終わりのはずでしたが、
気になる酔龍亭の裏の梅の木を見に行くと
足元に熟れた梅がたくさん落ちています。
私には「落ちている梅」を見て、知り合いが
これが旨いのだという。

早速、容器を持ってきて、落ちてまともな
熟れた梅を拾いました。

DSC_1617_convert_20170611061143.jpg

2Kgを梅干し用に漬け、1.5Kgを使って梅ジャムを
作ることにしました。

DSC_1618_convert_20170611061210.jpg

梅ジャムはとても手間がかかります。
昨年作って娘(妹)に送ったら好評で今年も作ってくれと
言ってきました。手間だが仕方ない作るか。

DSC_1620_convert_20170611061240.jpg

少し煮込んで柔らかくなったら
実と種を選り分けます。
種の方には水を足して煮立て梅エキスを
作ります。

DSC_1621_convert_20170611061304.jpg

実の方は煮て砂糖をいれます。
ひと晩、冷蔵庫で冷やします。

DSC_1622_convert_20170611061334.jpg

翌日、梅エキスを加えて少し水っぽくして
実の方を煮込みながら、さらに砂糖を加え続けます。

出来上がった熱い状態の梅ジャムを熱湯消毒した
瓶に詰めます。本当はこれをひっくり返して真空状態に
するのですが、昨年これをやったら蓋が熱で緩み
外れて悲惨なことになりました。
今年は怖くてやれません。まあ、いいか。

DSC_1623_convert_20170611061405.jpg

完成です。大きい瓶を早速娘に送ってやりました。

実は数日後、雨が降りました。直後、裏庭に行って
落ちた熟した梅を拾ってきてこの面倒くさい工程を
再び行いました。ということでもうワンセット梅ジャムが
できました。



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


日々のこと

.02 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1567_convert_20170609063244.jpg

庭の雑草やつる草類がやたら蔓延って、庭は緑の洪水と
いった感じです。
そんな中で一番行儀よく育っているのが夏野菜を植えた
畑です。今年はミニトマトのみ早めに最終支柱をセットしたので
しばらくは大丈夫と思っていたのですが、成長が早く
その大きすぎると思われた支柱の頂部に達してしまいました。

DSC_1560_convert_20170609063318.jpg

きゅうりは成長が早く、花が付いて小さな実がつくと
あっという間に成長します。
掴んでみると実の周りのトゲトゲが手を刺すのですが
それが新鮮な証拠です。

DSC_1562_convert_20170609063339.jpg

ナスは最初の花から下の脇芽はマメに摘みました。
今年は雨が少なく、今のところ支柱なしで自立しています。
これからは上に枝を広げるのでそろそろ
支柱をしてやらねばなりません。

DSC_1563_convert_20170609063405.jpg

ピーマンはどちらかというと後半型。それでも
小さな木に一丁前の実が付きます。
本数が6本ですから、夏場以降は手に負えなくなるくらい
実をつけると思います。

ここには載せていませんがシシトウも実を付け始めました。
一日に5,6個なると立派な夕食のおかずになります。

DSC_1564_convert_20170609063426.jpg

今年は晴天続きで、水嫌いのトマトは順調すぎるくらい
順調に育っています。沢山の実を付けているのですが、
まだ色が付きません。色づいてくるとあっという間に
大量のミニトマトが食べれそうです。

DSC_1565_convert_20170609063448.jpg

DSC_1596_convert_20170609063522.jpg

ということで、ボチボチこんなふうに収穫できるように
なりました。
立派なもんでしょう。

DSC_1568_convert_20170609063552.jpg

ヒメシャラ、ジュンベリー、サンシュユ、モミジなどが
育ってきて、少し雑木の庭風になってきました。

DSC_1571_convert_20170609063614.jpg

DSC_1572_convert_20170609063643.jpg

ある日、意を決して奥の庭に長靴を履いて入りました。
近々梅を収穫する必要があるのでその下見です。
竹が侵入してきています。東側の境界沿いを少し
きれいにしました。

DSC_1576_convert_20170609063713.jpg

裏の柿の木の下に大きく育った山椒の木があり、
今年は沢山の実をつけました。

DSC_1584_convert_20170609063756.jpg

収穫したら、こんなふうにザル一杯ありました。
かき混ぜるといい匂いがします。
あーこの香りのスプレーが欲しい。
枝や葉を取り除き、洗って、熱湯に4,5分。
あとはタッパーに詰めて、冷凍しました。
少し、となりのおばちゃんへ持っていきました。
他にも欲しい人がいるのであげる予定で、
残りは煮物等に入れて使おうと思います。
(実は入れるのをよく忘れます。食べる時に
うん?・・・)

DSC_1594_convert_20170609063830.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


鹿屋バラ園

.31 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSCN2957_convert_20170607234513.jpg

5年も串間に住んでいると南九州で行ったことのない場所なんて
ないのではと思われるかもしれませんが、まだまだ行ったことのない
ところが結構あるのです。

隣県の鹿児島県大隅地方は基点として鹿屋の街をよく通過するのですが、
「かのやばら園」というのが前から気になっていましたがなかなか行く
機会がありませんでした。
「かのやばら祭り」がこの6月4日までというので、見に行ってみました。

この写真、正面に見えるのが高隈山でこの右手前に鹿屋市の市街地が
広がっており、その手前には鹿屋航空基地があります。
この写真を撮っている背後の丘陵地に霧島ヶ丘公園があり、その一角に
かのやばら園はあります。

DSCN2875_convert_20170607234530.jpg

この大隅地方は車で走っていると人家が少なく、すぐに田園風景に
なります。吾平山陵に行った時も突然、山の中に広大な大隅広域公園
なるものが出現し、驚きました。

今回も後で知ったのですがこのバラ園に隣接する霧島が丘公園
というのが実は広大な公園なんですね。その説明書きを
ちょっと引用します。

昭和61年4月に開園した霧島ヶ丘公園は、鹿屋市街地の中心部から
南に約7kmの所に位置し、標高は約160mで公園全体がながらかな
丘陵地帯となっており、 四季を通じてカラフルな花々が楽しめ、
展望台からは東に志布志湾、西に錦江湾と薩摩富士と呼ばれる開聞岳、
北西に桜島、北東に市街地を眺望できる絶好の景勝地です。
園内には「ゴーカート場、ベビーカー、キャンプ場、茶室、展望台、
子供広場、フライングディスクゴルフコース」などがあります。
平成18年4月に開園した日本一を誇れる『かのやばら園』もあります。

ということから察すると鹿屋市は先に霧島が丘公園を整備し、
そののち、バラ園を開設してバラを使ったまちおこしを行った
ということなんでしょうね。

DSCN2876_convert_20170607234548.jpg

さてそのばら園ですが、これも説明書きを引用させていただきますと

かのやばら園は、8haの広大な敷地に5万株の色とりどりのばらが咲き誇る、
日本最大規模のばら園です。
ばら祭り期間中は、土・日・祝日を中心に多彩なイベントを開催。
また、園内では、ばらの美しさを鑑賞するほかにも、「切り花教室」で
ばらの切り花を体験したり、レストランでばらの花を入れて作った人気の
「薔薇カレー」や「ばらソフト」を食したり、ショッピングを楽しんだりと、
ばらの魅力を満喫できます。

入場料は大人620円、小中高生110円となっていましたが
「開花状況により価格は変動します」とありました。

DSCN2877_convert_20170607234604.jpg

DSCN2882_convert_20170607234634.jpg

入って驚いたのは、バラ園の立地です。鹿屋市街地に背を向けるように
丘陵地の南東側に位置しているため、バラ園の正面には
大隅地方の山々しか見えません。なかなか贅沢な立地です。

この写真のように眼下にバラ園が広がっているので入っていすぐ
バラ園の全貌が開けているので実に気持ちがいい。

DSCN2887_convert_20170607234655.jpg

DSCN2897_convert_20170607234721.jpg

DSCN2899_convert_20170607234744.jpg

DSCN2906_convert_20170607234811.jpg

DSCN2911_convert_20170607234837.jpg

中にはバラ園だけでなく、イングリッシュガーデンなどもあり、
庭づくりに興味のある人には嬉しい限りです。

DSCN2915_convert_20170607234910.jpg

DSCN2928_convert_20170607234939.jpg

DSCN2929_convert_20170607235005.jpg

また、入口のすぐ近くには温室があり、そこに多くの種類のバラが
咲いているのですが、これは切花として販売されています。

DSCN2938_convert_20170607235032.jpg

DSCN2940_convert_20170607235100.jpg

DSCN2944_convert_20170607235133.jpg

うっとりするようなバラがたくさんありました。
バラの甘い香りに酔いそうです。

DSCN2946_convert_20170607235155.jpg

春のバラシーズンの最終日に駆け込んだ形になりましたが
秋にも楽しめるのだそうです。ちょっと短いですが
11月中旬から12月なのだそうです。

DSCN2950_convert_20170607235228.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


夕焼け

.29 2017 日記 comment(2) trackback(0)
DSC_1471_convert_20170603055706.jpg

その日は快晴で風が強かった。夕方空を見上げると
雲が筋状に流れて、綺麗な空である。
夕焼けになるかもとの期待で夕方、車で家を出る。
日が長くなった。日が沈む時間が随分遅くなった。
夕食が遅くなるが、私一人のことである。

DSC_1478_convert_20170603055732.jpg

DSC_1481_convert_20170603055757.jpg

DSC_1485_convert_20170603055823.jpg

この辺は夕刻、飛行機がよく通る。
飛行機が続けざまに上空を横切る。
飛行機雲はすぐに上空の強い風に吹き散って
自然の雲と化してしまう。

ただ、青空に一線。飛行機雲は見ていて気持ちが良い。

DSC_1487_convert_20170603055912.jpg

西の空の夕日だけでなく、自分が立っている足元に
夕日の赤が照り返る。その風景も絵画的でおよそ
非現実的である。

DSC_1491_convert_20170603055948.jpg

青い水田の向こうにはやがて夕闇に包まれる市街地が
広がり、人々が家路へと急ぎ、一日が収束しようとしている。

DSC_1494_convert_20170603060023.jpg

振り返ると東の山々が夕日に照らされて赤い。

DSC_1503_convert_20170603060059.jpg

DSC_1527_convert_20170603060134.jpg

DSC_1529_convert_20170603060207.jpg

DSC_1535_convert_20170603060240.jpg

DSC_1538_convert_20170603060324.jpg

4月にようやく携帯電話をスマホに切り替えた。
大きく変わったのは、家族3人(私と娘二人)のLINEでの
やり取りである。ここではこうしていつものように一眼レフの
カメラを抱えてシャッターを切っているのだけれど、
時々、スマホで同じ風景を写真に撮ってはLINEで娘たちに流して
文字やスタンプで会話を楽しんでいる。
リアルタイムなのだが、どこかちぐはぐな感覚が残るのである。

DSC_1543_convert_20170603060402.jpg

DSC_1544_convert_20170603060430.jpg

夕焼けを見ているとき、考えていることがある。
「そんなことをしている場合じゃないだろう。」という言葉である。
私も自分の人生の大半をそう言う言葉を吐きながら、目の前に
ある現実に絶えず向き合わざるを得ない生活を続けてきた。
年を経てそんな人生を降りた。
そして、夕焼けを見ながら心の中で今度は以前の私のように
頑張っている人たちに向けて同じ言葉を吐いている。
「そんなことをしている場合じゃないだろう。」と
意味は全く違う。人の一生なんて短いのだ。そして死は
予期しない内に突然やってくるかも知れない。
そんなに汲々とした毎日を送っていてどうするんだ。
そんなつまらんことをやっている場合じゃないだろう。
たまには夕日でも眺めて、残された貴重な日々のことを
考えたらどうだい。

まあ、実際はこんな不遜なことを考えているわけではないが、
自分としては沈む夕陽や夕焼けをぼんやり眺めているだけではなく
その夕陽や夕焼けが見ている自分や地球上の人間を見ている
気になる時がある。大自然に見られている人類、そして自分。
そしていつも考えている自分。答えは考えても考えてもまとまらないが
それでも考え続けることに意味を持ちたいと思っている。

DSC_1547_convert_20170603060514.jpg

DSC_1553_convert_20170603060550.jpg

DSC_1554_convert_20170603060628.jpg

夕焼けの写真なんて、写真だけでさっと流せばいいのに
久しぶりの夕焼けの写真に何を書こうかと数日考えた。
思いついたのは先の言葉「そんなことをやっている場合じゃないだろう。」
だった。そう、いつもそうやって「そんなこと」をあちらこちらに置き去りにしてきた
のだという思いがある。
誤解されると困るのだが、頭の中に全ての文章がまとまってから
書き出すわけではない。書いているうちに書きたいことがまとまっていくのである。
こうしてなんでも良いが「書く」ことで頭が少し整理される気がした。

DSC_1559_convert_20170603060706.jpg

先日、新聞に批評家 若松英輔氏が随想「深く読む経験」の中で
なかなか意味深いことを書いていた。
最期の文章にこうあった。

人は思っていることを「書く」のではない。それはメモに過ぎない。
むしろ、「書く」ことによって、自分が何を考えているのかを知るのである。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



 HOME