日々のこと

.28 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_3088_convert_20170729122010.jpg

先日、テレビの番組表を見ていたらアナザーストーリーの
表題が面白そうだったので録画しておいた。テーマは
「落語を救った男たち 天才現る!古今亭志ん朝の衝撃」
内容は
1961年暮れ、古今亭志ん生倒れる!居眠りをしても客が
喜んだ男が病に倒れた時、落語は衰退の危機を迎えた。
娯楽が多様化し、演芸場は閉鎖。それを救った天才が
古今亭志ん朝。圧倒的な話芸は今なお伝説。
だがその素顔は驚くほど知られていない。とびきりシャイで、
取材を好まなかったためだ。今回、ライバル立川談志をはじめ、
関係者の証言で知られざるエピソードを発掘。
落語家たちが“あの”語り口で振り返る、笑撃の真実

この番組は面白かった。実は以前ビッグコミックオリジナルで
落語をテーマにした漫画があり、主人公が落語に憧れて
師匠に弟子入りし、様々な落語を習いながら成長していく
物語だった。その中で語られる古典落語の物語をいくつか
覚えた。有名な「文七元結」や「芝浜」などはそこで知った。

図書館に落語のCDがあるのを見つけた。とりあえずは
古今亭志ん朝の「文七元結」「芝浜、百川」を借りてきて
聞く。正直・・・・・いいね・・・・いいよ・・・・・これ
さて・・・・次は何を借りようかな。

DSC_3089_convert_20170729122029.jpg

前回の読書会の時、司馬遼太郎について少し書いたのだけれど
その時、参考にした本がある。
宮城谷昌光さんの「三国志読本」である。内容は様々な人たちとの
対談集になっていて、それが面白かった。
例えば江夏投手とはお互いが大好きな司馬遼太郎の小説について
対談をする。白川静さんとは当然、漢字の話。
その中で経団連名誉会長の平岩外四さんと藤沢周平の作品について
話をする場面が出てくる。この2人が藤沢周平の作品集で
一番いいと上げたのが「三屋清左衛門残日録」であり、短編集では
「玄鳥」でした。ありんこ文庫(弟の書棚)を覗くと幸い2冊ともある。
早速読んでみた。

「三屋清左衛門残日録」は読んでみるとなるほど見事な小説であった。
清左衛門はそれほど身分の高い家の出身ではなかったが前藩主の
側近、用人に取り立てられた後、新藩主のもとで1年ほど勤めた後、
家督を息子に譲り、隠居した。息子にはしっかりものの嫁と男の子供も
いて、先行きに不安はない。家内を数年前に亡くし、独り身の隠居である。
隠居の後の安堵と寂寥感から日記を書く事にした。
日記の表紙に「残日録」とあるのを見た嫁が「でも、残日録というのは
いかがでしょうね」「今少しお賑やかなお名前でもよかったのでは、と
思いますが」・・・・・・清左衛門が応える。
「日残りて昏るるに未だ遠しの意味でな。残る日を数えようという
わけではない」
こうして、短編にも似た物語が一つ一つ始まるのであるが、
ひとつひとつの物語はバラバラのようにも見える。市井のこと、
藩政のこと、現役時代に端を発したことなど。ところが最後に
振り返ってみると大きな一つの流れの小説になっているのである。
ひとつひとつの小さな物語はひとつの解決を見た時点で
さらりと余韻を残して終わる。書き足りないくらいあっさりしている
のだが、その余韻が読者の想像力を喚起するので、読後が
心地よいのである。
いい小説とはきっとこういうものを言うのだと感じ入った。

「玄鳥」の方は残念ながら読みかけである。

私もあと5年もしたらこのブログの副題「酔龍亭雑記」を
「酔龍残日録」にしようかなどと思ったりする。
さてさて、そこまで続けば良いのだが

DSC_3091_convert_20170729122051.jpg

時々、大人にもやさしい楽譜を買ってきてはピアノの前に
座り、ひっかかりひっかかりしながらピアノを弾いている。
先日見た映画「美女と野獣」のメインテーマは以前から
弾いていたのだが、映画を見ながら、そうか歌うような
ゆっくりしたテンポなのだと気づき、せっかちに弾いていたのを
改めて家事の合間にゆったりと弾いてみる。
ささやかな楽しみなのである。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



文学作品を聴く

.26 2017 音楽 comment(0) trackback(0)
以前、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの
「蜜蜂と遠雷」を紹介しましたが、今日はその続きです。

DSC_3079_convert_20170729121431.jpg

先日、宮崎市のイオン宮崎のCD屋さんを覗いたら
なんとなんと「蜜蜂と遠雷 ピアノ全集」というのを
見つけてしまいました。CD8枚組、3700円・・・・・・
うーん高い?安い? 逡巡した挙句、えいやっと
買ってしまいました。

DSC_3080_convert_20170729121451.jpg

読まれた方はわかっていただけると思いますが
主な登場人物毎に第1次予選、第2次予選、第3次予選
本選で弾かれた曲が入っているという驚きのCDなのです。

・CD1、CD2 ; 風間 塵
・CD3、CD4 ; 栄伝 亜夜
・CD5、CD6 ; マサル・カルロス・アナトール
・CD7、CD8 ; 高島 明石

DSC_3081_convert_20170729121525.jpg

となっています。まあ、しかし登場人物は当然架空の人物
ですので、実際に演奏しているのはリヒテルであるとか
ルービンシュタインであるとかキーシンであるとか一流の
ピアニストの演奏が入っているので、それも楽しみの一つです。
小説上の登場人物の性格や演奏スタイルなど結構加味しながら
選曲されたようで、なかなか楽しめる内容になっているのです。

例えばCD3の栄伝亜夜の作品を紹介しましょう。
第一次予選
バッハ:平均律クラーヴィア曲集第1巻第5番 ニ長調BWV850
スヴャトスラフ・リヒテル
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 作品81a「告別」
     第1楽章   ゲルハルト・オピッツ
リスト:メフィスト・ワルツ 第1番「村の居酒屋での踊り」S.514
     エフゲニー・キーシン

第2次予選
ラフマニノフ:絵画的練習曲「音の絵」作品39-5 アパッショナート
     変ホ短調    エフゲニー・キーシン
リスト:超絶技巧練習曲ー第5曲「鬼火」S.139-5
     横山幸雄
ラヴェル:ソナチネ
     フィリップ・アントルモン
メンデルスゾーン:厳格な変奏曲 作品54
     仲道郁代

第3次予選
ショパン:バラード第1番 ト短調 作品23
     河村尚子
シューマン:ノヴェレッテ 第2番 ニ長調 作品21
     アルトゥール・ルービンシュタイン

とまあこんな具合です。  

DSC_3082_convert_20170729121601.jpg

そして、このプログラムをひっくり返すとなんと恩田陸作の
「祝祭と掃苔」入賞者ツアーと小作品が添えられていました。
遊びもここまで行くと心憎い演出です。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




最近見た映画

.24 2017 映画 comment(0) trackback(0)
そういえば最近、映画のことをあまり話していない。
最近見た映画の話をしよう。
といってもそんなにたくさんあるわけではない。

見たのは3本。
・LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)
・Beauty and the Beast(美女と野獣)
・Pirates of the Caribbean(パイレーツオブカリビアン)
だが、田舎で映画を見ることの大変さを理解していただくと
たかが映画ではあるけれど、かなりの努力が必要なことが
分かっていただけると思う。

DSC_3083_convert_20170729120850.jpg

まず、大きな映画館であるけれど、宮崎市のイオン宮崎か
鹿児島県の姶良市のイオンタウンまで行かないと
見れないのである。そう一日仕事なのです。

次に映画の上映時間がこれまた問題なのです。
地方で上映される映画は始まって数週間は一日中
上映してくれるのですが、入館状況によっては
一日1本という事態にすぐになってしまうのです。
毎週週末に映画の上映時間は変更されます。
だからそれを見て計画せざるを得ないのです。
「うーん、今週は宮崎は夕方6時からか・・・・無理」
とか「うーん、今週は朝の9時からか・・・・早起きして
行くか」とか。もう大変なのです。

田舎で生活していて、少しだけ文化的であろうとすることは
実は大変な努力を要するのです。

DSC_3084_convert_20170729120915.jpg

前置きが随分長くなってしまいました。
で、どうなのよ?  三つとも◎です。先に述べましたように
映画館で見る映画は随分久しぶりでしたが、非常に良かったですね。
「ラ ラ ランド」も「美女と野獣」もミュージカルです。
最近あまりいいミュージカルがなかったので久しぶりに感動しました。

さて「ラ・ラ・ランド」ですが、出だしから圧倒されます。高速道路の
渋滞風景がいきなりミュージカルの舞台と化してしまうオープニングは
圧巻です。ストーリーも単純な恋愛モノではなく、男女のそれぞれの
夢を実現していく物語ですが、互いに夢は実現できたのに二人の愛は
すれ違って実りません。が最後の二人の出会いの場面は切ない余韻が
残ってなかなかいいですね。
またこの映画はアカデミー賞作品賞の授賞式では、作品賞の発表を
間違える前代未聞のハプニングがあった。作品賞は「ムーンライト」が
受賞したが、プレゼンターの女優フェイ・ダナウェイさんが読み上げた
受賞作の名は「ラ・ラ・ランド」。関係者が壇上で受賞の喜びを述べて
いる途中で訂正された。プレゼンターに主演女優賞の封筒が誤って
手渡されたのが原因だという。
作品賞は逃したが、「ラ・ラ・ランド」は主演女優賞など6部門に輝き、
デイミアン・チャゼル監督(32)は史上最年少で監督賞を受賞した。
またヒロインのエマ・ストーンが主演女優賞を受賞している。目がやたら
大きくて普通の美人枠をはみ出しているようなところがあるが
その個性的な顔立ちは変に子供っぽかったかと思うと最後には
堂々とした大人の女性を演じ分けていて、これからも目が離せない
女優である。

次に「美女と野獣」。私は残念ながらアニメ版を見ていない。
数年前に他の実写版を見たことがある。それは童話としての
「美女と野獣」の現代的解釈である程度面白かったのだが
今回はストーリーの展開に驚いてしまった。最近のディスニー映画は
ストリーが大胆である。以前見た「アナと雪の女王」なども
王子様なんか端役にすぎない。今回の「美女と野獣」も
まず家族の設定が違う。女の姉妹がいないのだ。それに
裕福な家庭ではなく父娘二人のつましい家族なのだ。
それに最初の場面で王子がなぜ野獣になったかが明かされる。
敵役として配されるガストンの存在。囚われの日々を送る娘ベル
が一旦家に還される場面も野獣には帰ってこなくても良いという気が
見えていて、いろんな場面で原作との違いが目立った。
で、それがどうなのよ?と問われると実はそれが実にいいのである。
だから見ていて初めて見るように新鮮だった。
ヒロインのベル役のエマ・ワトソン、最初に登場した瞬間からいいなと思う。
非常に親しみがわく、あれ?この娘どこかで見たぞ。そう思いつつ
見終わって、パンフレットを見てああと納得。ハリーポッターシリーズの
あのおしゃまな女の子ハーマイオニーでした。今までのようなおしとやかでなく
勝気なヒロインという設定も野獣とのやり取りが楽しげに見えて
とてもよかったと思う。
主題歌の「美女と野獣」はてっきりベルと野獣が踊りながら
相手のことを思いながら歌い合うのだと思っていたら、
この歌はそうではなく二人を第3者が歌うというもので
意外な気がした。ストーリーも含めてなかなかいい出来だと思う。

最後に「パイレーツ・オブ・カリビアン」
これはまあなんというか・・・・・
どうでもいいけどジョニー・デップってなんであんなに女性にモテるのだ。
もちろん映画の中の話ではなくですよ。
きっとあのいい加減さ、はぐらかす時の可愛さ、冒険をしているのに
危なっかしい。ちっともカッコよくない。
でもジョニー・デップのあの独特のキャラでこの映画はもっている
という気がします。
で映画は、抱腹絶倒。ハラハラドキドキ。周囲の女性が笑い転げる度に
私は腹が立つのですが、それでも一緒になって楽しんでいました。
今回が最後だというので是非見てください。見て後悔はしません。
でも最後の明りが着くまで席にいたほうがいいですよ。
なんと配役の文字がテーマ音楽に合わせて流れていくのですが・・・
「えっ?続きがあるの?」ある場面が1分くらいでしょうか流れるのです。
おしゃれでいたずらっぽい演出です。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




7月の読書会

.22 2017 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_0746_convert_20170728113040.jpg

7月の読書会のテーマは「SF(日本編)」
私は正直、苦手であまり読んでこなかった分野です。
でも良くしたものでそうした分野に強い方が2名ほどおられて
今回はひたすら聞く側に徹しました。

DSC_0748_convert_20170728113410.jpg

ところが始まる前に並べられた本の前で、話をしていると
結構日本の漫画やアニメの分野で知らないうちにSFに接していることが
多いのに気づかされてしまいました。
有名なところでは藤子不二雄の「ドラえもん」とか手塚治虫の「火の鳥」とか
松本零士の「宇宙戦艦ヤマト」。最近では「進撃の巨人」なんかもそうですね。
萩尾望都の「11人いる」「百億の昼と千億の夜」。私は知らなかったんですが
この「百億の昼と千億の夜」は原作があって原作者の光瀬龍という方が
れっきとしたSF作家なのでした。

DSC_0749_convert_20170728114059.jpg

日本のSFの歴史を紐解くと1959年の早川書房のSFマガジンの創刊
1962年の第1回SF大会の開催。この頃本格的な日本SFが立ち上がりました。
小松左京、筒井康隆、半村良、光瀬龍、平井和正、豊田有恒などの作家に
手塚治虫、藤子不二雄、松本零士などの漫画家も現れます。

DSC_0751_convert_20170728114229.jpg

得意でない分野を色々語っても仕方ないので、SF分野に詳しい二人の
おすすめがありますのでそれを紹介しておきます。
私も是非読んでみたいと思っています。
それは夭折の天才、伊藤計劃の「虐殺器官」と「ハーモニー」です。
お好きな方は是非読んでみてください。

私も直前に一冊ぐらいは読もうと図書館の館長に勧められた本を
1冊借りて読みました。梶尾真治の「杏奈は春待岬に」という本です。
久しぶりに読むSFですが、SFというよりもファンタジーに近い展開で
最後が気になり読み切ってしまいましたが、最後の最後に
タイムマシンの力でストーリーが解決されてしまったのでちょっと
そこが不満として残りました。人と時間の問題をテーマにしていて
途中まではフィッツジェラルドの短編「ベンジャミン・バトン数奇な人生」
を思わせる展開でストーリーしだいではタイムマシンなしでも
面白く出来たのではとちょっと残念でした。

SFって敷居が高いというか、ちょっと入りにくいところがあるのですが
例えば有川浩や冲方丁などの作家も色々書いていて、結構
作家の幅が広くて分野にこだわる必要はないのかもしれませんね。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



血圧が高い?

.20 2017 料理 comment(1) trackback(0)
DSC_0731_convert_20170726122632.jpg

前回の健康診断あたりから血圧の値が高い値を示すようになった。
6月25日に市の特定検診に行った。その際も血圧計の値が高い。
少し真剣に考えることにした。
市の方が血圧計を貸してくれるというので、まず血圧計を借りて
毎日、朝晩計測することにした。

初日、148-99、153-100  うーん、どうしよう?

DSC_0733_convert_20170726122657.jpg

まあ、とにかく何かを始めよう。
①朝、起きたらお水を1杯飲む。
②飲み物に酢の入ったものを配合する。
まあ、とりあえずここらから始めましょうかね。

お店でいろいろ商品を見て、とりあえず、
「ハチミツ黒酢ダイエット」というのを買ってきて
5倍くらいに薄めて飲む。朝は牛乳と混ぜ、
他はお茶や紅茶と混ぜて飲む。これはなかなか
美味しい。これでダイエットできたら御の字だ。

DSC_0726_convert_20170726122818.jpg

畑でミニトマトが大量に収穫される日々が続く。
うーん、なんとかせねば・・・・・
去年作ったドライトマトを作る。

DSC_0736_convert_20170726122843.jpg

そうだ、酢漬け、ピクルスを作ってみよう。
調べてみると、らっきょう酢でいいらしい。
早速らっきょう酢を買ってくる。

トマトを冷凍して

DSC_0737_convert_20170726122902.jpg

水に浸けて、皮をむく

DSC_0740_convert_20170726122920.jpg

それをらっきょう酢に漬ける。

DSC_0741_convert_20170726122935.jpg

ドライトマトは昨年はオリーブオイルに漬けたが
試しに今回はらっきょう酢に漬けてみる。

DSC_0756_convert_20170726122957.jpg

他に何かないかな?
今、干しぶどうをりんご酢とハチミツに漬け込むのが
流行っているらしい。ダイエットにいいと女性に人気とか
調べると

ノンオイルの干しぶどう  100グラム
りんご酢  50ml
ハチミツ  大さじ2杯
蓋をして常温で一日、その後冷蔵庫に保管。
一日大さじ1,2杯を摂るといいらしい。

DSC_0742_convert_20170726123016.jpg

なんかそんなことを楽しみながらやっていると
血圧計の測定も楽しくなってくる。
昨日の朝が 123-77で
今朝が127-81です。

いつのまにか血圧は正常範囲に戻っていました。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



 HOME