FC2ブログ

垣根摘み

.09 2020 comment(0) trackback(0)
DSC_2160_convert_20200518124837.jpg

 畑のことを書いたから、次は垣根摘みのことを報告しておこう。実は畑と
垣根はほとんど同時進行で8割方を二日でやってしまったが、後の2割を
残したところで雨になった。水入りである。まあ、垣根摘みは垣根に繋が
る庭木の剪定と一体であるから、どちらかと言えば永遠の作業であるか
もしれない。


DSC_2085_convert_20200518124337.jpg

DSC_2084_convert_20200518124419.jpg

DSC_2086_convert_20200518124620.jpg

 ある日の午後、まず北面の道路面を機械で摘んだ。それで落ち葉を片
付け、その日は終わり。後日、朝から「よーし、今日は頑張るか」と脚立を
出して、初日に摘んだ北面の上側を切りそろえていく。時々、車がすぐ傍
らを過ぎる。午前中で北面終了。

DSC_2154_convert_20200518124800.jpg

DSC_2161_convert_20200518124958.jpg

DSC_2162_convert_20200518125107.jpg

DSC_2163_convert_20200518125200.jpg

DSC_2164_convert_20200518125345.jpg

DSC_2166_convert_20200518125412.jpg

 午後から西面にかかる。その前にどうしても気にかかることが・・・・
角の椿についたチャドクガの幼虫である。ビシーと付いてみれば背筋が
ぞくぞくする。うーん・・・・・・、どうにも我慢ならず、フマキラーを出してきて
シュワ―と吹き付ける。チャドクガの幼虫がぽとぽと音を立てて落ちてくる。
あるいは糸を垂らして落ちてくる。たちまち道路に幼虫の死骸が散乱する。
チャドクガは死骸でも触れると肌が痛痒くなり、まけるのです。あーあ、やっ
てしまった。午後は結局、その場所を避けて西面を刈っていく。

 途中、あれ?小さな蛇が刈ってる木の枝にいる。早速、スマホでビデオ撮
影して、娘に送る。趣味悪いかな。孫は今、お姫様に夢中。お姫様はどうい
うわけかペットを手にしている。ラプンツェルは緑のカメレオン、アナ雪のエル
サはトカゲ。先日、部屋にいたヤモリをビデオ撮影して送った。


DSC_2173_convert_20200518125924.jpg

DSC_2174_convert_20200518125951.jpg

DSC_2175_convert_20200518130019.jpg

 なんとか宅地部分の北面、西面はこれで終わり。あと1日あれば西面の
畑部分と椿の下は片付くだろう。あとは本格的な梅雨の前に伐採した木々を
何とかしなければと思う。夕方、道路上の摘んだ葉を掃き集めて畑の一角に
集めた。やれやれ・・・





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1930-b2517f86