FC2ブログ

鹿屋へ

.28 2020 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_1544_convert_20200402113756.jpg

 大都市で急激に新型コロナウイルスの感染者が増えています。
日本のはずれにいると気楽だと思われるかもしれませんが、そ
れなりに気がかりで、何かをしようとしても心に引っかかることが
多く、ここはひとつ家にこもって自重しようなどともっともなことを
考えるのです。小心者は困ったものです。

 「毎日、気詰まりだね。どっか行く?」「行く。鹿屋行こう」という
ことで日曜日は鹿屋へ行きました。鹿児島県の鹿屋市は結構大
きな街で、大隅半島の中央部に位置しています。人口から行くと
鹿児島市、霧島市に次いで3番目に大きな町ですが、薩摩川内 
市などもほぼ同規模の町で、鹿児島県というのは圧倒的に鹿児
島市が大きいんですね。人口は約10万人、でも町自身は大きな
建物や大型商業施設はないんです。全体がのっぺりしていて、
都会的雰囲気を持った場所はほとんどありません。大きな特徴は
国立大学の鹿屋体育大学や海上自衛隊鹿屋航空基地があるこ
とです。近場の日南市や志布志市に比べるといろんな都市施設
があるので行けば行ったで面白い街です。

 
DSC_1540_convert_20200402113423.jpg

とりあえず、お昼です。最初に行ったお店はお客が外にいっぱい
並んでいます。人のことは「ダメだよこの非常時に人の多いとこに
集まっちゃ」などと思ってしまいます。2番目に近くで探したお店は
いきなり森の中に入っていき、えっこんなところにという場所にあ
りました。どうも住宅を改装したようなお店でした。


DSC_1539_convert_20200402113238.jpg

DSC_1545_convert_20200402113310.jpg

DSC_1546_convert_20200402113350.jpg

DSC_1543_convert_20200402113818.jpg

まあ、料理はそれほど凝ったものではありませんが美味しかったです。
鹿屋はたまに来たらお昼を食べるところが色々あって楽しいところです。
今回もそうですが、いつも行くうどん屋さんも住宅地の中にあるけれど
お昼時は結構賑わっています。

食べ終わって、まずはリサイクルショップへ、それからニトリへ、ここで
玻瑠さんを下ろして、私はきたやまというお店でお花、それもカワイイ
系と植木鉢を買いました。それから近くの本屋へ行き、本を2冊購入。
今、映画で話題の島本理生の「Red」が文庫本になっていたので購入。
もう一冊何気に雑誌「自遊人」を買いましたが、この「自遊人」初めて
買ったのですが、この編集者で地域再生の仕掛け人の岩佐十良という
人物、その仕事も含めてなかなか興味深い人物ですね。まだちょっと
しか読んでいないのですが、読むのが楽しみです。

再び、ニトリへ玻瑠さんを迎えに行き、帰りました。


DSC_1555_convert_20200402113457.jpg

これが買ってきたカワイイ植物たち。さあ、どういう風に鉢植えしようかな。

DSC_1557_convert_20200402113527.jpg

これは以前作ったもの。これにも足して、新たにもう一つ鉢植えを作ろう
と思います。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1909-784d557a