FC2ブログ

家の中で

.24 2020 エッセー comment(0) trackback(0)
IMG_1433_convert_20200330124745.jpg

 毎日新聞の日曜版に海原純子さんが「新・心のサプリ」というエッセーを
書いておられる。楽しみにしているエッセーの一つである。先週の題は
「家の中がストレスですか?」だった。時節柄、興味を引くテーマである。


IMG_1486_convert_20200330125058.jpg

要点はこうである。〈日本で暮らす人々の心のベクトルが常に外に向き、
静ではなく動に傾いていると感じる。外からの刺激をうけて動く感覚に慣
れていると、家の中でずっと過ごすことが苦しくなってくる。家の中で、心
を外でなく内に向けていく時間が結構好きだ。そうした時間がないと、絶
えず、外からの刺激と外からの情報にふりまわされて心が落ち着かなく
なってくる。今のように大規模な感染症拡大のリスクの時もそうだし、人生
の雨降りのような時や、年をとった時、病気の時もそうなるだろう。どうして
も外に出られなくなった時、そんな状況の中でも、気持ちをすさませること
なく心豊かに過ごすすべを自分なりにもっていることはどんな人にも必要
だと思う。〉


DSC_5930_convert_20200330125205.jpg

今は周りを木々に囲まれた田舎の一軒家に住んでいるから、家にいても
バランスがとれた生活を送っているのだが、大阪でマンション暮らしが長
かったころを思うと外に出たい気持ちがよくわかる。週末の休日は何もな
くても、家内を誘って近所の河辺をよく散歩したし、夕方は近所のスーパー
へ一緒に買い物に行った。余裕がある時は車で遠出をした。家の北側から
山道を抜けて亀岡経由で丹波や京都北山にはよく行った。一駅先の高槻
や茨木には大型の商業施設があり、買い物や映画によく行ったし、たまに
は京都や大阪、神戸にも行った。都会に住むことの良さは文化施設、観光
買い物、など家の外に満遍なく様々な魅力が散りばめられていることにあ
る。都会に住むという事は家の中だけで完結しない大きなネットワークに
絡まれて生きていることにあるのだろう。それは非常事態でなければ実に
うまく回転していて問題ないのだけれど、こうした非常事態時には実に脆弱
さを露呈してしてしまった。多くの人が集まることのメリットの集合体。それが
都市である。


IMG_1483_convert_20200330125017.jpg

今、日本の端っこの宮崎県の中でも端っこの串間市というところに住んで
いるとたまに行くと楽しい都会が不特定多数の人々に囲まれる安心感、
人ごみにまぎれる無名感、そういったものも大切だったのかもと思ったりする。


IMG_1479_convert_20200330124939.jpg

私は本屋が好きで雑誌のコーナーなんかをぶらぶらするのが好きだ。アウト
ドアーやインテリアや料理やファッションや雑貨や興味あることがたくさんある。
でも時々そうした雑誌の写真を眺めていて、ハッと気づくことがある。こんなと
ころで、時間をつぶしているより、素敵な写真の料理を自分で作って、おいし
そうなお酒のページをうらやましそうに眺めていずに自分でお気に入りの酒器
に手元にある酒を注いで味わう方がずっと楽しそうだなと気づくのである。
雑誌の情報は消費をあおるだけではない。生活を豊かにする気づきも含んで
いる。情報は自分の豊かな生活に還元されることで生きるのだ。


IMG_1411_convert_20200330124822.jpg

3月は様々な活動やイベントがすっかりなくなってしまった。予定表が久しぶり
に空っぽだ。でもそれを内に向けていく時間で埋めていくしかない。






写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1907-c0899aa1