FC2ブログ

春の庭

.22 2020 comment(0) trackback(0)
DSC_1487_convert_20200328073632.jpg

 暖かくなってきたので、庭に出て花の写真を撮ったり、枝を剪定したり
あるいは繁りすぎた草花を引き抜いたりと午後はそうやって過ごすこと
が増えた。しかし春雨前線がやってきて長雨になるとそれもできなくな
り、一日家の中にいると少しうっとうしい。私の家は家よりも庭の面積が
広いので、的を絞って今日はこことか今日はこれとか決めてやっている
がまだまだ少しもはかどった気がしない。数日前に桜の花が一つ咲いた。
昨夜、庭園灯に照らされた桜の木を見上げたら、白い花が5つくらい増
えていた。雨が上がり、暖かくなればいよいよ咲きだすかと待ち遠しい。


DSC_1490_convert_20200328073715.jpg

DSC_1492_convert_20200328073746.jpg

DSC_1493_convert_20200328073810.jpg

 世間では、花見は自粛だという。私の集落の恒例の花見も自粛しよう
と中止が早々に決まった。あとは個人的に花見をするしかない。桜の下
は緑に覆われている。雑草ではなく、ビンカ・マジョールが覆いつくし、そ
の間にホトトギス、ギボウシ、ヤブラン、つわぶき、クリスマスローズ、
トクサ、センリョウ、シラン、ホタルブクロ、などが点在するのだが、誰も
庭とは見ず、荒れ果てた雑草の庭にしか見えないらしい。数日前から
少し見栄えをよくしようと、雨落ち部の砂利敷きや、煉瓦の舗道をつくろう
と取り掛かったところだ。囲われた中の緑というのはなんとなく管理された
庭らしくなろうとの考えである。雑草が枯れる冬場が庭いじりの最適期な
のだが、あっという間に2月が過ぎ、3月も過ぎようとしている。夏野菜を
植えるまでには何とかしたい。いや桜の花が咲きほこるまでには・・・・


DSC_1494_convert_20200328073840.jpg

DSC_1495_convert_20200328073906.jpg

DSC_1496_convert_20200328073934.jpg

 本や趣味のものに囲まれた酔龍亭、生活の場の母屋、思い出の木々
が少しずつ変遷し、成長してゆく自然の庭。
目下のところ、この3つが私の田舎生活を底支えしてくれている。垣根の
剪定や山椒の実採り、梅の実ちぎり、夏野菜の植え付け、収穫、渋柿採り、
蜜柑採り、ツワ採りと並べてみると季節の中でこうしたものとのかかわりで
1年が過ぎていく。幸せなことである。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1906-acc541df