FC2ブログ

川上未映子 「夏物語」

.05 2020 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_1991_convert_20200218000222.jpg

 年末から本屋を探し回っていたが、どうしても見つけられずにいた。ところが先日串間市立図書館で、読み聞かせ用の絵本を借りた時、司書に「これ予約されていた本です」と渡されて驚いた。そういえば読書会の後、「こんな本探してるんだけど」と毎日新聞の切り抜きを渡していたのを忘れていた。毎日出版文化賞受賞、本屋大賞ノミネートとちょっと気になる本だった。
いざ読み始めると「なんだこれは?」543ページあるうちの176ページがとにかく前段にしては圧倒されるようなおねーさんのおしゃべり、しかも関西弁だ。正直言ってもうどうでもいい話が延々と続く。内容は東京で作家を目指す女主人公のもとへ2泊3日で10歳年上の姉とその娘が訪ねてくる3日間の話である。何かが起こるわけでもないが、話の中に、姉妹の子供時代や過去の境遇が盛り込まれ、ついついこれは作者自身が自分のことを告白しているかと思うがやはり小説だよなと首をかしげながらそのリアリティの渦に飲み込まれていく。
ところが読み終わってびっくり仰天してしまった。この第1部と題した176ページは作者川上未映子が2008年芥川賞を受賞した受賞作「乳と卵」を大幅に加筆したものだという。
つまりそれとは知らずに作者が芥川賞を受賞した作品を読まされていたわけだ。こんなことありかと思っていたら、作者はこの「乳と卵」の登場人物たちの10年後をどうしても書きたくてこの「夏物語」を書いたというのである。
 何が彼女にこの小説を書くきっかけを与えたのだろう。昨年、埼玉に住む娘のところに
2人目が生まれた直後手伝いに2週間ほど行ったのだが、川上未映子の話をしたら、「出産前だったからこんな本読んだよ」と渡されたのが、川上未映子の「きみは赤ちゃん」だった。きっと彼女にこの小説を書かせたものは、ある日突然お腹に宿り、この世に出現した赤ちゃんの存在だった。
 だったらきっとハッピーな小説だろうと思われるかもしれないが、決してそうではない。伏線として描かれる男性は誰一人まともではない。おまけにこの小説の主人公夏子は、38歳とかなり妊娠が難しくなる年頃の設定だ。夏子は小説家の卵、最近初めて短編集を出版し、わずかながら生活にゆとりも出てきた。だけど一人になると心の奥底でささやく声がする。「これでいいんか 人生は・・・・・いいけど、わたしは会わんでええんか  わたしはほんまに  わたしは会わんでええんか後悔せんのか  誰ともちがうわたしの子どもに  おまえは会わんで  いっていいんか  会わんで  このまま」そういう心の声に反して、夏子には現在彼氏はいないし、若いころ付き合っていた恋人とはセックスに違和感と苦痛しか感じず、別れた過去がある。それでも女として生まれ、子供を生み出す能力を与えられているのに、もうすぐそれが無駄になってしまう。いろいろ調べていくうちにパートナーなしで、第3者からの精子提供による人工授精(AID)出産を渇望するようになる。
 色々調べていく中で、子供のできない夫婦の不妊治療やその果てに選択せざるを得なかったAIDの弊害も知ることになる。ここでは生まれてくる子供側の視点が示される。これらの集会で出会った逢沢という男性はAIDで生まれたことを大人になって突然知らされる。
これまで実の父親と思ってきた人の種ではなく、誰か分からない自分の父親を絶えず求めるようになり、「自分は何者か」という問いをいつも自分に突き付けて生きている。この逢沢の存在が、夏子に子供を作る行動を躊躇させる。父親のわからない子供は作るべきでないと。さて、夏子はどういう選択をするのか、それはここでは触れないでおきます。

 最近、性的少数者LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)が市民権を持つようになった。彼らも子供を作りたいとき、こういう問題に必ず突き当たる。この小説を読んでいると近い将来、旦那さんとかお父さんとかいった存在はもう必要とされなくなるのではという危惧を覚える。女性が経済力を持って自活していくようになると「子供は欲しいけれど、旦那はいらない」だから精子だけもらえばあとは自分で適正な時期を選んで注入するからというわけだ。そういう意味でこの小説は未来を暗示しているともいえるし、これまで社会通念としての道徳や家族といった骨組みが解体されたとき案外、動物に近い行動に回帰していくのかもしれない。熊はいつも母子一緒だ。父親は春に雌を求めて、自分の子孫を残す行動をとった後は知らん顔で去っていく。(最近、全く同じようなことが芸能界を騒がせているが・・・)

 先日、テレビで島本理生原作、三島有紀子監督「Red」という映画の紹介を見た。島本理生は17歳でデビュー、高校生で芥川賞の候補になった俊才だが2018年「ファーストラブ」で直木賞を受賞している。この「Red」のテーマは「良妻賢母の女性イメージに対する違和感」である。歴代の芥川賞、直木賞受賞者のリストを眺めていて思うのだが、女性作家が実に多くなった。男たちが築いてきた小説のテーマが大きく揺さぶられ、女にしかわからない世界を堂々と世に問うようになってきたのだと思う。社会通念や家族の意味、男女の社会的役割は昭和、平成、令和と時代が進むにつれ、様々な価値観が微妙にずれてきている。だが私自身は年を取ってそこらのことはかなり鈍感になっている。

 現在、読書会の4月の課題「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」を読んでいる。イギリス在住の日本人作家ブレイディみかこが現在イギリスで起こっている様々な出来事を子供というフィルターを通して書いていて面白い。いや正確には面白いどころではなく、現在世界で起こっている多様性社会の中で生きていくことの大変さを思い知らされ、やがてそれは日本の近未来を予見しているのだと思うと、私などはもうお手上げで「老兵は去るのみ」とあきらめるしかないのである。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1882-cd55ca32