FC2ブログ

木彫具届きました

.06 2019 手づくり comment(0) trackback(0)
DSC_9299_convert_20190907173358.jpg

大阪の東郷さんから木彫の道具が送られてきた。
ご高齢のお義母さまが長い間、木彫りをされていて
その間使われていた道具一式である。


DSC_9300_convert_20190907173432.jpg

DSC_9305_convert_20190907173454.jpg

DSC_9306_convert_20190907173517.jpg

私は初心者で最初に講習会で購入した彫刻刀一式は
刃が鋼ですが5千円程度です。今のところこれで十分
なのですが、こういう高価な彫具一式をいただくと早く
先へ行けと背中を押される気がします。

現在、第一作の鍋敷きは塗装工程3回目が終わったところです。
第二作の楊枝入れは現在、まだ浅彫り途上なのですが、
まとめて購入する手配の都合もあり、次の作品を選べ
というので第三作は硯箱にしました。何をその蓋に彫るかは
これからです。

この講習会は、11月で終了するのですが、来年度の講習会
まで半年空くことになります。その間も実は自主的に集まって
木彫を続ける同好会があって、会費を納めてそちらを
月2回続けるといいですよとのことでした。これは正直
ありがたいですね。つまり、これで年中月2回の割合で
続けられるということですから。

花弁や葉についてその表現を先生と話をしていたら、
「皆さん、草花に詳しくなりますよ」と云われました。
そうかもしれません。現物が実際はどうなっているのか?
じっくり観察しないといいものは彫れませんね。






写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1809-ce522062