FC2ブログ

らっきょうを漬ける

.07 2019 料理 comment(0) trackback(0)
DSC_8563_convert_20190616063844.jpg

らっきょうを知り合いにもらっていた。すぐに漬ける暇が
なかったので、数日冷蔵庫に放り込んでいた。取り出してみると
少し芽が出始めている。畑から収穫したての土付きだったので、
流しではなく外の流しで数回洗い、土をある程度落として
台所の流しに持っていく。
そう言えばらっきょうを漬ける甘酢が残り少ない。昨年の夏、
採れすぎたミニトマトをピクルスにしようと甘酢を買ったが、
それがまだ少し残っているが、足りないので買い足しに行った。

DSC_8560_convert_20190616063727.jpg

DSC_8561_convert_20190616063756.jpg

DSC_8562_convert_20190616063820.jpg

らっきょう漬けはらっきょうの1個1個をひたすら根と芽を切るだけだ。
塩らっきょうも少し漬けたかったが、面倒くさくなって止めた。
切ったらっきょうを数回洗い、剥がれそうな皮を除去した。
最後に熱湯に10秒ほど浸して出来上がり。
あとは4リッターの瓶に入れ、甘酢を注ぎ、赤唐辛子を少し入れて完成。
多分、2,3週間もすれば食べれるようになる。
夏の暑い時期には、これがあると食事がすすむ。

DSC_8564_convert_20190616063909.jpg

DSC_8565_convert_20190616063931.jpg

DSC_8567_convert_20190616063956.jpg

1年前に漬けた瓶にまだ少しらっきょうが残っていたので、
タッパーに移し替えて瓶は洗ってきれいにした。が瓶はいつまでも
らっきょう臭い。昨年漬けたらっきょうは傷んでなくて美味しい。
そう言えばトマトのピクルスもまだ少し残っている。
こういうものは毎年漬けないと瓶に少し残ったものが数年間放置
されたままになる。こちらに帰ってきたとき、物置の中には母が
作った梅干や何やらの瓶がゴロゴロしていて、中を開けるのも
怖いぐらい黒々としていた。それらをまとめて畑の隅に穴を掘り
そこに捨てて埋め戻したことがある。田舎ではよくある光景で
どの家でも物置の片隅に年代物の梅干や梅酒が眠っている。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1767-8926d6c0