FC2ブログ

久住登山

.05 2018 山歩き comment(0) trackback(0)
DSC_3161_convert_20181113062602.jpg

DSC_3166_convert_20181113062647.jpg

牧の戸峠の駐車場は心配したとおり既に満杯だった。
道脇の空きスペースを見つけなければと道を下り始めた
すぐの場所に空きスペースがあり数台が停まっている。
まだ数台は停まれそう。私がバックで車を停め終わらないうちに
次の車がやってきた。
支度をして歩いてすぐの登山口に向かう。

登り始めると最初の展望所まで直登しているので
かなりきつい。道は舗装されているのだが、なにせ
普段の不摂生、運動不足がたたって、ゼーゼー
言っている。しかしまあ、ここは距離がしれている。
すぐに最初の展望所に着いた。

絶景が広がっている。眼下に長者原の枯草原が見える。
遠くに微かに由布岳が見える。

DSC_3165_convert_20181113062829.jpg

下を見ると牧の戸の駐車場が見える。
登った距離はまだ大したことはない。

DSC_3164_convert_20181113062955.jpg

DSC_3170_convert_20181113062910.jpg

さあ、次の展望所目指して再び登り始める。

DSC_3172_convert_20181113063033.jpg

DSC_3186_convert_20181113063108.jpg

DSC_3189_convert_20181113063148.jpg

次の展望所へ到着。道がいいのはここまでだ。
ここまでは観光客でも登れる。
これから歩いていく尾根筋が右前方へへと続く。
しばらく休憩して最初の岩山を越える。
ここからはあまり急な登りはない。ひたすら
前進するのみ。
天気が良くて、冷たく清浄な空気が満ちていて
気分が高揚する。来てよかった。そう思う。

DSC_3192_convert_20181113063223.jpg

長い尾根筋を渡り終え、鞍部に到着。
しばし休憩。後方を振り返る。
あとに続く小学生の団体の賑やかな声が
追いかけてくる。
後ろの方から「ヤッホー」
先についた子達が「アッホー」

DSC_3201_convert_20181113063303.jpg

DSC_3215_convert_20181113063341.jpg

山あいの平坦地を歩く。私の好きな箇所だ。
斜面のすすきが光を受けて銀色に輝く。
天然の庭のなんと素晴らしいことか。

やがて右前方に目的地久住山が見えてくる。

DSC_6274_convert_20181113063637.jpg

DSC_6277_convert_20181113063709.jpg

最後の岩場を越えると前方右上に久住山。
下方にトイレのある小屋と広場が見えてくる。

下って再び山頂目指して登るのだが、ここの眺望は
全体が俯瞰できるのでなかなかいい。
左の山が中岳、ここが九州本土での最高峰。
久住山はそれより僅かに低い。

DSC_6296_convert_20181113063738.jpg

広場でトイレ休憩する。目の前に黒々と久住山がそびえ、
大学の頃、初めてここを登ったが、ここからの最後の登りが
とてもきつかった記憶だけが鮮明に残っている。

今は逆にのんびり登ればいいさとあまり苦にならない。

DSC_6303_convert_20181113063809.jpg

ようやく頂上が見えてきた。

DSC_3228_convert_20181113063416.jpg

お昼を食べながら眼下に広がる景色に酔いしれる。
昨日泊まった宿で食卓が隣り合わせだった若い夫婦と
再開した。「ほら、あそこに昨日泊まった宿の前の広場が
見えますよ」と指差す。彼らは宿の奥赤川温泉辺りから
登ってきたらしく、かなりきつかったという。

遠く、雲の辺りに阿蘇山がぼんやり見えている。

DSC_3239_convert_20181113063449.jpg

頂上はこんな具合に混み合っている。
弁当を広げたり、記念写真を撮ったり、とにかく
賑やかだ。

DSC_6313_convert_20181113063851.jpg

DSC_6317_convert_20181113063924.jpg

山は登ったら下りねばならない。当たり前の話だ。
苦労して登った道を引き返す。だが下りは行きに比べると
かなり早い。景色のいいところでカメラを取り出して
写真を撮る。

DSC_6318_convert_20181113064110.jpg

DSC_3266_convert_20181113063527.jpg

重たい一眼レフをリュックに入れていって、時々取り出して
景色を写した。その間はスマホで撮った。後から見ると
スマホで十分だなと思う。

DSC_6322_convert_20181113064240.jpg

DSC_6329_convert_20181113064315.jpg

子供たちに追い抜かれ、後から来る人たちにも
追い抜かれ、人通りも少なくなった山道をトボトボと
柔らかい西日を受けながらひたすら下っていく。
足がガクガクになる。

疲れたけれど、この日は楽しみが一つ待っている。
この日は長湯温泉に泊まり、温泉に浸かるのである。
山登りとセットで温泉付きっというのが味噌なのだ。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1668-34be8bba