FC2ブログ

庭仕事

.31 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_6186_convert_20181109064712.jpg

DSC_6189_convert_20181109064746.jpg

庭先にホトトギス、水引草が咲きほこり、日だまりの中で
今年の暖かな秋を満喫しているようだ。
ここのところ晴天が続いている。その晴天の間にどうしても
やっておきたいことがあった。庭仕事というか、畑の夏の始末
である。

いつも眺めている酔龍亭の東側に小さな坪庭があり、
まずそこから手をつけた。東側の隣家との間に榊の木があり
そこを先ず剪定した。足元が透けてしまった。と思っていたら
隣家が数日後、隣家側の剪定をやってくれたので益々
足元が透けて、隣の庭先がよく見えるようになった。
それは向こうだって同じだろう。こちら側が丸見えになっている
ということだ。青カビの付いた壁も掃除したし、窓も拭いた。
網戸の汚れもまとめて掃除し、部屋の前の木製デッキも
久しぶりに水洗いし、デッキブラシでゴシゴシやった。
さあ、正月がいつ来てもいいぞ。そんな気分だ。

DSC_6190_convert_20181109064816.jpg

DSC_6181_convert_20181109064859.jpg

次にいよいよ敷地南側の畑である。まずは蔓草を引き剥がす
ことから始めた。畑のあらゆるものを又周囲の木々を覆い尽くした
蔓草は引っ張るとズルズルと続き、両手いっぱいになる。
それを畑の一角に仮置きする。あっという間に小山ができる。

DSC_6193_convert_20181109064935.jpg

DSC_6199_convert_20181109065014.jpg

夏野菜畑で唯一最後まで頑張っていたピーマンを
引っこ抜いた。これが最後の収穫である。
数百円の苗で一夏うんざりするほどのピーマンを
食べた。ありがたい話である。

DSC_6201_convert_20181109065042.jpg

畑までの小径が再び姿を現した。

DSC_6203_convert_20181109065109.jpg

枯れたミニトマトやナスを引き抜き、蔓草に覆われていた
きゅうりのネットを外し、支柱を引き抜き、畝の間の
雑草を引き抜きしてようやく、マルチが顔を出した。

DSC_6204_convert_20181109065139.jpg

間に合えば、もう一度この畑を耕し直して、ブロッコリーを
植えたいと思っている。さてどうなるやら・・・・・・・

毎日少しずつ庭が綺麗になるといろんな欲が出てくる。
新たに雑草の生えにくい、ヤブ蚊も少ない冬の庭は
色々いじるには絶好の機会である。大きく育った樹木が
庭を覆い、雑木の庭らしくなってきた。私の考えでは
少し手を入れるだけで化けてくれそうな気はしているのだが。
最近、続けて庭をいじり続けていると正直楽しいのである。
この家はやはり、建物と庭両方が反応し合っていい家に
なる。そういう老後の家の理想形のようなものをなんとなく
目指したいのである。

DSC_6216_convert_20181109065207.jpg

秋の空に白い雲が一筆
畑仕事をした日は、気分がいい。



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1665-b450ee15