FC2ブログ

小川作小屋村

.01 2018 comment(2) trackback(0)
DSC_5805_convert_20180906113521.jpg

日曜日は宮崎市で「反田恭平ピアノ・リサイタル全国ツアー」を
聴きに行く予定だった。特に予定もなかったので前日
西米良村の小川作小屋村のコテージに1泊しようと急遽
予約を入れた。土曜日はあいにくの雨模様。

DSC_5762_convert_20180906114109.jpg

DSC_5783_convert_20180906114006.jpg

到着したのは4時頃だったので、村所のゆたーと温泉に
行くのは止めてゆっくりすることにした。
といっても何もないところだ。目の前の山々の緑を
ひたすら鑑賞するしかない。

DSC_5794_convert_20180906113452.jpg

DSC_5789_convert_20180906113930.jpg

今回で3度目だから、特に感慨はないし、その都度
このブログで紹介もしている。
ただ、前2回は和室だったが今回は始めて洋室の
方に泊ってみた。案外こちらのほうが落ち着く。
和室は下宿の万年床風でそれはそれで味があるのだが
洋室の方が部屋が整然として落ち着きがあるように思えた。

夕食は5時過ぎに各部屋に配達されて保温ジャーに入った
ご飯と鍋に入っただご汁が付いていて、「好きな時間に
食べてね、わしらもう片付けて帰るけんね」といったふうで
「食べたあとの食器や膳類は置いといてください」とこの緩さが
とてもいい。今回は上の段のコテージ洋室タイプに3組、
下の段のコテージ和室タイプに2組が宿泊していた。

前回来た時は私一人が客だった。フロント、食堂の係りの人たちが
帰ってしまうとこの広い施設に私一人がぽつんと残った記憶が
鮮明に残っている。

夕食は見た目は派手でインスタ映えするけど、よく見ると
地味で量も少ない。そこは予期していたので、酒のつまみを
いくつか持っていった。

DSC_5796_convert_20180906113425.jpg

DSC_5798_convert_20180906113342.jpg

DSC_5822_convert_20180906113837.jpg

DSC_5806_convert_20180906113547.jpg

DSC_5807_convert_20180906113622.jpg

翌朝は予想に反して晴天だった。朝食は渓流をわたって
食堂棟へ行かねばならない。時間は8時から9時と遅め。
ここはここで働く地元従業員のペースで事が運ぶ。
その客に媚びないところがいい。

DSC_5809_convert_20180906113653.jpg

DSC_5815_convert_20180906113719.jpg

DSC_5814_convert_20180906113745.jpg

朝食はシンプルで美味しかった。
村所まで登って、引き返し、宮崎市へ向かう。

DSC_5816_convert_20180906113809.jpg

日中はやはり日差しが強い。庭の木々が濃い木陰を
つくる。風が少し秋めいている。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

yoshibo
9月1日(土曜日)
懐かしい小川作小屋村に行ったのですね・・
天気も良くて、茅葺の小屋が懐かしいです。
食事も16皿の料理!美味しかったでしょう・・
懐かしい小川作小屋村を写真で見せて戴き
ありがとうございました。
2018.09.07 08:42
酔龍
yoshibo さま

小川作小屋村は私の別荘のようなものです。
1泊2食で5000円。気軽に行けばいいのかなと
思っています。


2018.09.07 11:14

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1635-87b4563a