FC2ブログ

久しぶりの京都

.29 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_4706_convert_20180609122437.jpg

毎年1回は大阪に行くことしている。
今年は賢島で開かれる会社時代の同期会が主な
目的だが、いつも楽しみにしているのは
N君と一緒に京都に行くことだ。彼がその時期の
展覧会とか事前にチェックしてくれる。
美術工芸品への造詣が深いものだから一緒に行って
楽しい。

DSC_4708_convert_20180609122527.jpg

DSC_4712_convert_20180609122624.jpg

DSC_4713_convert_20180609122651.jpg

お昼に京都駅で待ち合わせをした。少し前に着いて、
確か京都駅の上に拉麺小路があったことを思い出し
ラーメンでも食べようと奥の美味しいラーメン屋を
目指したのだが、ギョ・・・外国人の行列ができている。
仕方ない、あまり流行っていないお店に入った。

DSC_4762_convert_20180609122716.jpg

N君が先に来て、バスの一日券を買っておいてくれた。
いつもバスを乗り継いで移動することにしている。
まずは同志社北側に位置する相国寺を目指す。
ご存知のように同志社の南側は京都御所である。

DSC_4721_convert_20180609122750.jpg

DSC_4722_convert_20180609122816.jpg

同志社の横を抜け、相国寺の承天閣美術館が
今回の目的地。「春燦燦」と銘打って展覧会を
やっていた。元々たくさんの重文作品を所蔵しているので
常設展示を時々入れ替えてやっているに過ぎないのだが
その所蔵作品たるや、どれも一級品である。

DSC_4727_convert_20180609122844.jpg

DSC_4732_convert_20180609122928.jpg

DSC_4736_convert_20180609123001.jpg

さて、相国寺についてインターネット情報を少し

相国寺(しょうこくじ)は、日本の禅寺。京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山の寺である。山号を萬年山(万年山)と称し、正式名称を萬年山相國承天禅寺(万年山相国承天禅寺、まんねんざん しょうこくじょうてんぜんじ)という。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住職)は夢窓疎石である。
足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、京都五山の第2位に列せられている。相国寺は五山文学の中心地であり、画僧の周文や雪舟は相国寺の出身である。また、京都の観光名所として著名な鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)は、相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)である。

皆さん、相国寺はご存知なくても金閣寺や銀閣寺は
よくご存知だろう。また歴史の教科書に出てくる
足利義満もよくご存知だろう。このお寺を作ったのが
その足利義満で金閣寺や銀閣寺はこの相国寺の
山外塔頭なのだ。

DSC_4739_convert_20180609123031.jpg

DSC_4744_convert_20180609123057.jpg

DSC_4745_convert_20180609123123.jpg

前からここの美術館に若冲の作品が多く所蔵されて
いることは知っていたがその他はあまり知らなかった。
だが今回、円山応挙や長谷川等伯、若冲。狩野派、
土佐派などのよく知られた作品にも出会うことができた。

さてその承天閣美術館の情報も入れておこう。

承天閣美術館(じょうてんかくびじゅつかん)は、京都府京都市上京区の相国寺境内にある美術館。
相国寺創建600年記念事業の一環として1984年に開館した。相国寺および臨済宗相国寺派に属する鹿苑寺(金閣寺)や慈照寺(銀閣寺)などが所有する墨蹟・絵画・工芸品等の文化財(国宝 2件(5点)[1]と国の重要文化財多数を含む)を収蔵・展示している。2004年には同年閉館した萬野美術館(大阪市)から国宝・重要文化財を含む約200点の美術品が寄贈された。
館名の「承天閣」は、相国寺の詳名である「相国承天禅寺」にちなむものである。なお「承天閣美術館」は法人格を有せず、国宝、重要文化財をはじめとする作品の所蔵者は相国寺および関連寺院である。
開基足利義満600年忌の記念事業として増改築を行って2007年5月13日に全館オープンし、展示室の面積は従来の倍以上となった。

DSC_4756_convert_20180609123152.jpg

本当はもっと行く予定だったのだが、二人で作品について
話しながらじっくり見ていたら、あっという間に時間が
過ぎていた。同志社の向かいにある喫茶店でコーヒーを
飲みながらいろんな話をする。
一年に一度の私にとっては貴重な時間である。

夕方、京都駅で再会を約して別れた。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1583-8ed6b252