FC2ブログ

お掃除

.04 2018 日記 comment(2) trackback(0)
DSC_2371_convert_20180108234619.jpg

掃除はもとより好きではない。
ただ部屋の床が汚いのは好きではない。
退職後、串間に帰郷する折に購入した掃除機は
先輩の勧めもありロボット掃除機ルンバだった。
左うちわで家の中がキレイになるはずだった。
ところがこのルンバ私だけかもしれないが
どうも相性が良くない。
まず、ルンバを使おうとする前に部屋の中の
床に散乱する障害物を全て片付けなければ
ならない。次に可動範囲を限定しなければならない。
まず、この段階で疲れるのである。
次に作動スイッチを入れるとランダムに動き出すのだが
見ていて本当に部屋中を隈なく掃除しているように
見えないのである。「おいおい、そこ、さっきも
通ったやろう。おい、そこにゴミがあるやないか。」
と言った具合で甚だ疲れる。では見ておらずに
別のことをやっていればいいではないか。
それはそれで、「おい、本当に部屋中キレイに
してくれたのか?」と疑わしいのである。
とにかく、精神的に疲れるものだから、最近は
クイックルワイパーを使ってフローリングの床は
掃除することが多かったし、畳の上は古い掃除機や
箒で掃いていた。

ところがである。最近ハンディな掃除機で
ハイパワーなものがあることを知り、電気屋さんで
いろいろチェックしていた。そこでパワーなら
ダイソンかなとかパナソニックはスマートで
軽そうだなとかチェックしていた。
電気屋さんのチラシによると安くても6万円くらい。
「うーん、高いな」と思っていたら、ある日新聞の
片面を使ったショップチャンネルの広告に
「ダイソン フラフィ スティック&ハンディ
コードレスクリーナー DC74」
38,000円というのが出ていた。これは安いと
すぐに申し込んだ。支払いは代引きである。

早速、使ってみる。ちょっと重さには難があるが
なにより便利で手軽だ。「ちょっと、台所を掃除しよう。」
クイックルワイパーの感覚でこのダイソンを手に
掃除すると出るわ出るわ手元の容器内に
すごくゴミが溜まるのだ。嬉しくなる。
何故かって、掃除の成果がすぐ目に見えるからだ。
掃除をしたという満足感が何とも言えず、嬉しくなる
のである。

掃除の前に部屋を片付けるのは一緒ではないか
と思われるかもしれないが、違うのだ。
ルンバの場合は掃除範囲すべての障害物を
取り除かなければならないのに対して
ダイソンの場合は掃除機を持っているのが
自分であるからもりかえもりかえしながら
掃除していけばいいのである。

娘たちにLINEで自慢したら
「紫色ってどうなの。趣味が悪い。」
「ゾーマ感ある。紫が日本の家庭に合わない。」
とか言いたいことを言う。
「ふん、ピンクと紫しか選択の余地がなかったのだ。
ほっといてくれ。」

さあ、明日はどこを掃除しようかな。ルンルン





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

tady
ご無沙汰しております。
この記事を読んで、私もダイソンが欲しくなりたまたま近所の量販店のチラシ広告で旧型(V6 Slim)が安くなっていたので、思い切って購入しました。
むちゃくちゃカッコイイし、確かに楽に掃除ができますね!
掃除が楽しくなるのが良くわかります。
2018.01.21 06:42
酔龍
tady さま

今日、海外の話題を見ていたら、ダイソンがEV車を出したと
写真入りで報じられていました。写真を見て、思わず
走ったあとは道路がキレイになるのかな?と思ってしまいました。

最近、長い柄を外して先っちょを直接つないで短いサイズで
使用することが増えました。よりハンディで、気に入っています。
でも実情は毎日お掃除ルンルン気分になれないことです。
主夫行(業ではなく行)なかなか悟りを開けないのが悩みです。


2018.01.26 13:29

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1481-6dd59713