日々のこと

.26 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_4399_-_繧ウ繝斐・_convert_20171003114753

DSC_4419_-_繧ウ繝斐・_convert_20171003114818

DSC_4422_-_繧ウ繝斐・_convert_20171003114849

DSC_4429_-_繧ウ繝斐・_convert_20171003114913

なんとなく日差しが柔らかくなり、雲が秋めいてきた。
海の向こうにあるのは入道雲崩れのほっこりした雲だが
上空を眺めると雲は薄く引き伸ばされてうろこ雲風に
なっている。地上はまだ暑いのだが、上空ではさぞ
冷たい風が吹いているのあろうか。

DSC_4434_convert_20171003114936.jpg

DSC_1547_convert_20171003115019.jpg

DSC_1552_convert_20171003115049.jpg

テレビの料理番組を見ていたら、きのこを数種類混ぜて
冷凍しておいて使うというのがあった。早速真似て
椎茸、えのきだけ、しめじを混ぜ合わせて冷凍した。
なるほどこの方が料理が美味しく感じられる。

晴れた日にエノキを干してみた。干すと半日ほどで
縮んで乾燥する。そう、少し干し大根風にコクが出る
感じである。早速、味噌汁に入れてみる。歯ごたえが
あってなかなか美味しい。

今年も裏庭の椎茸は生えてくるかな。去年はたくさん出た日には
スライスして冷凍して使った。

今年も椎葉から土産に乾燥椎茸をもらった。
乾燥椎茸は使い方が難しい。使う日の前日から
水に浸けておかないといざという時に使えない。
なにか工夫はないかと朝、毎日味噌汁の出汁を
前日の夜、用意するのに大きめのイリコとダシ昆布を
水に浸けておくのだが、それに乾燥椎茸を加えてみたが
少し椎茸のダシが強すぎるようだ。

DSC_1548_convert_20171003115115.jpg

DSC_1550_convert_20171003115136.jpg

今年は夏前の土用の日々に、梅干の天日干しをする間が
なかった。仕方ない、秋になってやっぱりやっておこうかと
梅を干すことにした。がやはり秋の日差しは優しい。
ギラギラに燃え尽くすような真夏の太陽が少し羨ましく
感じられる。が3日位干したらなんとかそれらしく仕上がった。
あと、梅干は2瓶ある。天気が続けば良いが・・・・・・・

DSC_4372_convert_20171003115254.jpg

8月の日本酒は「梵 ゴールド 無濾過 純米大吟醸酒」という
なんか少し変わった日本酒だった。無濾過?なんだ?と
飲んでみると、あれ、この味何かに似ている。????
あっ! どぶろくの味だ。どぶろくの味だが濁り酒ではない。
透明。だけど少しどぶろくののような雑味が有り、しかも
辛口。暑かったし、ほとんどデキャンターに入れて冷蔵庫で
冷やして呑みました。

9月に届いた日本酒。今回も少し変わっている。
萬寿鏡「J55」sokujo 純米吟醸酒
新潟県の株式会社マスカガミ製
味は淡麗辛口

DSC_1555_convert_20171003115155.jpg

DSC_1557_convert_20171003115216.jpg

今年も彼岸の中日の頃、芽を出し、その後
日々こうして次々に彼岸花が咲きました。我が家の
お墓の真ん前にだけ集中してこんなふうに咲いてくれます。
ありがたいですね。
楽しみが死後も続くというのはいいものです。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1421-33cbe7b5