8月の読書会

.28 2017 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_1202_convert_20170910212803.jpg

8月の読書会のテーマは毎年、「夏」とか「海」とか
言葉から連想される本を読んでいくということになっています。
今年は「平和」

なかなかむつかしいテーマです。やはりその反対の「戦争」や
「歴史」をテーマにした本を選んでしまいます。
正直、時間がなくてあまり読めていないのになんか
書いてしまいました。

DSC_1201_convert_20170910212826.jpg

今年の夏のテーマは「平和」。正直難しいテーマだ。たぶん去年で
あれば去年の来年であれば来年の全く異なる答えを書くに違いない。
要は切り口が多すぎるのである。たまたまというか、とっかかりは
偶然に過ぎない。がそれは偶然の上に偶然を乗せてある程度
流れ着いた流木を合わせて組んでみると何やらある形がおぼろげに
見えてくる。
 最初の本は、
●加藤陽子著 「それでも日本人は「戦争」を選んだ」
次は全く偶然にありんこ文庫の書棚から興味本位で抜いた本
●内田樹著 「日本辺境論」
夏のテーマ「平和」が決まって本屋に行くたびに買ってしまった本が数冊ある。
●吉村昭著 「殉国」
●山本七平 「一下級将校の見た帝国陸軍」
●浅田次郎 「日本の「運命」について語ろう」

最後の3冊は忙しさにかまけて読みかけであるが、これらの
本を見ていて何やら1本の道が見えてくる気がする。
大きくは江戸時代までに作られた日本人の根本的な性格や
思想、宗教観そういったものの上に突然接木された明治維新
以降の日本人の新たな思想や宗教観、それらが渾然一体と
なって作られた日本人とは一体なんであるのかという問題である。
戦争という極限状態は実に露骨に真実をあぶりだす。
私が偶然にも選択した本は明治以降日本人が様々な思想に
揺さぶられながらもその根底で変わり得なかったものもあるし、
西欧諸国からの圧力や親愛によって大きく変わっていったものもある。
しかしこれらの本は変わらなかった日本人の底に一体なにが
あったのかを示唆してくれている。

加藤陽子著の「それでも日本人は「戦争」を選んだ」は衝撃的なテーマである。
内容は日清戦争から日露戦争、第1次世界大戦、第2次世界大戦と
日本の近現代史の中でも外交、戦争を非常に多角的に見ています。
学生相手だからレベルを落として語られているかというとそういうもの
ではないのです。内容はかなり専門的ですが、教える側がうまいと
言うしかない。生徒に質問しながら、授業は進行します。多分この授業の
ために引用された資料は膨大なものになるのだろうなという気がします。
この本は2010年小林秀雄賞を受賞しています。
 歴史の各ポイントポイントでその当時の人々がどう考えていたかと
いうことを一般人、知識人、政治家それぞれの視点で見てあり、
また敵国やヨーロッパ諸国、アメリカがどう考えていたか、当時の諸外国の
外交戦略や事情はどうであったかなど、非常に多角的です。
繰り返し読みたい本だと思います。
この本で驚くのは一言で「軍人が暴走して勝手に戦争をやった」
わけではないということです。時には国民の方が熱くなって煽ったり、
文化人が当然戦うべしと論じたりしている点です。我々日本人は概して
明治・大正・昭和の近代史を学ぶことを怠ってきましたしどこか欠落している
ところがあります。そういったところをこの本は鋭くついてきます。
そもそもこの本が書かれた理由は
作者の加藤先生は東京大学で文学部の3,4年生、大学院生に
日本近現代史を教えておられる。授業をやっていく中でこの年代では
教えるのに遅すぎると感じ、危機感を覚えられたそうなのだ。
そこでなんとか中学生や高校生に授業をしたいということで実現した結果を
まとめたものがこの本なのです。対象となった学校は神奈川県の
名門私立校栄光学園です。授業は冬休みの5日間。生徒は中学1年生から
高校2年生の17名。ちなみにこの学校は偏差値が高く、1学年180名の内
50名ほどが毎年、東京大学へ進学している優秀な学校です。

全く同じようなことを異なる切り口で見せてくれるのが書店で偶然手にした
浅田次郎氏の「日本の運命について語ろう」です。この本は作者自身が
明治維新以降の歴史を全く知らないことを反省して勉強した経緯から
出発している本です。作者自身は中国が大好きなのですが何故、
日中関係が今のようにこじれてしまったのかと過去を勉強していくうちに
様々なことがわかってくる。それを我々に伝えたくて優れた作品が生まれています。
近現代史を知れば私たちの「運命」が見えてくる。そう作者は警告しています。

山本七平氏はかつて「日本人とユダヤ人」にイザヤ・ペンダサンという名を
騙って著書をベストセラーにした山本書店の創立者です。彼は大学を卒業と
同時に軍隊に入り過酷な体験をします。その軍隊体験を通して「一体日本人は
なんでこうなんだ」という状況にたくさん出くわすのです。というか、彼の感性が
敏感にその違和感を感じ取るのです。彼は戦後、山本書店を立ち上げ、
多くの著書を出しますが、その多くは日本人論です。読むとああなるほど、
そうだなと変に納得してしまうものが多いのです。「「空気」の研究」、
「「常識」の研究」などは誠に日本人をよく観察しているなと感心する内容です。

さて内田樹氏の「日本辺境論」ですが、実に面白かった。日本人のものの
考え方は日本という国が辺境にあったがために自然に出来上がったのだと
いうことを実に理路整然と説明してあります。一言で言うと「本物は日本以外
の外にある」という思想です。江戸時代まではそれは中国でした。明治維新
以降、その矛先は西欧諸国に移ります。その考え方は今も日本人の心の底に
有り続け、日本人は自ら絶対思想を打ち立てられないというのですね。
同じようなことを司馬遼太郎も言っています。誰かがこれからの日本人は
世界をリードするような存在になりますかという問いかけをした時に同様の
答えをしています。内田氏はこのことを日本語でうまく説明しています。
日本語というのはすべて借り物から構成されている。日本語という話し言葉が
まずあった。そのあとに漢字が入ってくる。この漢字を即採用して言葉に当てる。
やがて崩し文字を女性が使うようになり、主が漢字で漢字と漢字の間に
日本で改良したかなを当てて日本語を構成する。明治以降、オランダ語や
英語が入ってくると、それは今まで日本に存在しなかった概念であっても
漢字を当て込んで新しい翻訳語をせっせと作ってしまう。というような説明で
日本語というのを説明されていて、なるほどと思ってしまいます。
中国人というのは中国にない意味の言葉を訳して自国語にするという気が
ないのだそうです。非常にプライドが高いため、中国にない概念をそもそも
取り入れる必要はないということのようです。でどうしたかというと後に
日本が作った訳語を例えば「哲学」とか「概念」とかを逆輸入せざるを得なく
なってしまったというわけなんです。
「日本辺境論」と「それでも日本人は戦争をえらんだ」を合わせ読むと
第一次世界大戦後ヨーロッパ諸国のように大惨禍にあわずに世界の
列強の雄として並んだとき、辺境の悲しさ、自分の価値観で立つと
いうことができず、一時代前の世界列強の後追いをして植民地政策を
強行してしまうところに日本の辺境人としての一つの限界があったのでは
ないかと思うのです。未来に対して我々は自ら新しい価値観や秩序を構築し
世界に対して、我々の考え方はこうであると力強く宣言できるようにならねば
ならないのに、日本人に長く染み付いた辺境人の血はなかなか変えられないのです。

今回のテーマは「平和」であって「戦争」ではありません。が「日本辺境論」などを
読んでいると日露戦争以降、科学の発達で大いに戦争の形が変わっていく中、
第一次世界大戦で大きく傷ついた西欧列強が話し合いや外交、調整で世界を
まとめていかないととんでもないことになるとの危機感を共有できなかった辺境の
悲しさがひしひしと伝わってきます。「平和」を考えたいなら「戦争」の現実を知ら
なければならないし、近代において外交、戦術、武器などの飛躍的発展のスピードと
現実の近現代史を知らないと誤解したままで同じ過ちを犯しそうな気がするのです。
日本を取り巻く状況は決して楽観できるものではありません。
我々は結局「読書」を通してささやかな戦いを続けるしかないのです。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1407-05906f81