台風5号

.06 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_3272_convert_20170809111825.jpg

台風5号は我々の台風に対する固定概念を
ことごとく覆して日本を縦断していった。

まずその生まれである。えっと思われるような
太平洋上の通常台風が発生する位置よりも北側に寄っていた。
その台風の発生を見た時、日本人の大半はそのコースが
まるで予想できなかったのではないだろうか。

DSC_3284_convert_20170809111918.jpg

台風5号はフラフラっと奄美大島あたりにゆっくりとというか
まるで酔っぱらいのようにフラフラと九州南部海上までやってくると
天気予報はこぞって以降のコースを九州北部を回って日本海を北上
と予想した。ところが台風は屋久島あたりに来て西に向かうと
見せかけて右にステップアウトした。
こりゃーラグビーの試合を見ているようだった。
種子島に上陸すると島を北上し始めた。
その進路方向には大隅半島がある。

DSC_3288_convert_20170809112002.jpg

天気予報は九州南部に上陸と報じた。
うわー、こりゃー、来るな。大隅半島に上陸すれば
コースは志布志→宮崎となるはずだ。

と思いきや突然右にステップアウト、志布志湾を
右に右に、見事な展開で天気予報の裏をかき、
一挙に太平洋上にでる。
わたしゃー感動しましたね。この見事な展開に
おかげで一時は串間市上陸と覚悟していたのに
見事な肩透かしを食わされました。(実際はよかった
よかったと胸をなでおろしていた)

DSC_3298_convert_20170809112031.jpg

ここで台風5号は進路を突然北に向け、今度は
一直線に近畿地方まで猛突進をします。
が速度は相変わらず自転車速度です。

DSC_3313_convert_20170809112100.jpg

DSC_3321_convert_20170809112137.jpg

といいますのも、いつも当たり前のように乗っかっていた
偏西風が北側に寄っていて、その影響を受けずに
ずっと自転車速度で迫る台風というのはユーモラスでは
あるのですが不気味ですね。なにせ、雨や風を
引き連れているのですから。

DSC_3332_convert_20170809112214.jpg

DSC_3342_convert_20170809112258.jpg

まあ、なんというか、せっかく近くにやってきた台風。
記念写真ではないのだけれど、怖いもの見たさで
志布志湾の波を撮影に行きました。

ダグリ岬のホテルの前に車を停めて、小径を
辿って先端まで行くと風は唸り、飛んできた枝や木の葉が
散乱し、倒れた木まであります。
岬の先端の展望台に立つと風で飛ばされそうで
カメラをまっすぐ構えられません。
まあ、早い話船の先端にいるようなものです。
足元に大きな波が打ち寄せ、波しぶきがドーンと
あがります。ちょっと怖いですね。
(良い子のみなさんは決して真似しないように)

DSC_3348_convert_20170809112326.jpg

DSC_3354_convert_20170809112411.jpg

ということで、台風は無事通過しましたが
翌日、野ざらしの愛車を見に行くと
なんじゃこりゃ!
木の葉がいっぱいこびりついています。
今の車の作りって結構、小さな隙間というか
ものとものとの接合部分が溝収まりになっています。
例えばガラスはグレージングで窓枠に留まっているのではなく
シールで押し付けて枠とは溝で縁切れしていて
その溝を雨水が流れるような仕組みに
なっています。つまりそうした細かな溝に
小さな葉の切れ端がいっぱい詰まっていました。
これを取り去るのに本当に大変でした。

DSC_3359_convert_20170809112441.jpg

DSC_3373_convert_20170809112515.jpg

おねがいだから
もう来ないで!




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1396-0f0fc439