最近見た映画

.24 2017 映画 comment(0) trackback(0)
そういえば最近、映画のことをあまり話していない。
最近見た映画の話をしよう。
といってもそんなにたくさんあるわけではない。

見たのは3本。
・LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)
・Beauty and the Beast(美女と野獣)
・Pirates of the Caribbean(パイレーツオブカリビアン)
だが、田舎で映画を見ることの大変さを理解していただくと
たかが映画ではあるけれど、かなりの努力が必要なことが
分かっていただけると思う。

DSC_3083_convert_20170729120850.jpg

まず、大きな映画館であるけれど、宮崎市のイオン宮崎か
鹿児島県の姶良市のイオンタウンまで行かないと
見れないのである。そう一日仕事なのです。

次に映画の上映時間がこれまた問題なのです。
地方で上映される映画は始まって数週間は一日中
上映してくれるのですが、入館状況によっては
一日1本という事態にすぐになってしまうのです。
毎週週末に映画の上映時間は変更されます。
だからそれを見て計画せざるを得ないのです。
「うーん、今週は宮崎は夕方6時からか・・・・無理」
とか「うーん、今週は朝の9時からか・・・・早起きして
行くか」とか。もう大変なのです。

田舎で生活していて、少しだけ文化的であろうとすることは
実は大変な努力を要するのです。

DSC_3084_convert_20170729120915.jpg

前置きが随分長くなってしまいました。
で、どうなのよ?  三つとも◎です。先に述べましたように
映画館で見る映画は随分久しぶりでしたが、非常に良かったですね。
「ラ ラ ランド」も「美女と野獣」もミュージカルです。
最近あまりいいミュージカルがなかったので久しぶりに感動しました。

さて「ラ・ラ・ランド」ですが、出だしから圧倒されます。高速道路の
渋滞風景がいきなりミュージカルの舞台と化してしまうオープニングは
圧巻です。ストーリーも単純な恋愛モノではなく、男女のそれぞれの
夢を実現していく物語ですが、互いに夢は実現できたのに二人の愛は
すれ違って実りません。が最後の二人の出会いの場面は切ない余韻が
残ってなかなかいいですね。
またこの映画はアカデミー賞作品賞の授賞式では、作品賞の発表を
間違える前代未聞のハプニングがあった。作品賞は「ムーンライト」が
受賞したが、プレゼンターの女優フェイ・ダナウェイさんが読み上げた
受賞作の名は「ラ・ラ・ランド」。関係者が壇上で受賞の喜びを述べて
いる途中で訂正された。プレゼンターに主演女優賞の封筒が誤って
手渡されたのが原因だという。
作品賞は逃したが、「ラ・ラ・ランド」は主演女優賞など6部門に輝き、
デイミアン・チャゼル監督(32)は史上最年少で監督賞を受賞した。
またヒロインのエマ・ストーンが主演女優賞を受賞している。目がやたら
大きくて普通の美人枠をはみ出しているようなところがあるが
その個性的な顔立ちは変に子供っぽかったかと思うと最後には
堂々とした大人の女性を演じ分けていて、これからも目が離せない
女優である。

次に「美女と野獣」。私は残念ながらアニメ版を見ていない。
数年前に他の実写版を見たことがある。それは童話としての
「美女と野獣」の現代的解釈である程度面白かったのだが
今回はストーリーの展開に驚いてしまった。最近のディスニー映画は
ストリーが大胆である。以前見た「アナと雪の女王」なども
王子様なんか端役にすぎない。今回の「美女と野獣」も
まず家族の設定が違う。女の姉妹がいないのだ。それに
裕福な家庭ではなく父娘二人のつましい家族なのだ。
それに最初の場面で王子がなぜ野獣になったかが明かされる。
敵役として配されるガストンの存在。囚われの日々を送る娘ベル
が一旦家に還される場面も野獣には帰ってこなくても良いという気が
見えていて、いろんな場面で原作との違いが目立った。
で、それがどうなのよ?と問われると実はそれが実にいいのである。
だから見ていて初めて見るように新鮮だった。
ヒロインのベル役のエマ・ワトソン、最初に登場した瞬間からいいなと思う。
非常に親しみがわく、あれ?この娘どこかで見たぞ。そう思いつつ
見終わって、パンフレットを見てああと納得。ハリーポッターシリーズの
あのおしゃまな女の子ハーマイオニーでした。今までのようなおしとやかでなく
勝気なヒロインという設定も野獣とのやり取りが楽しげに見えて
とてもよかったと思う。
主題歌の「美女と野獣」はてっきりベルと野獣が踊りながら
相手のことを思いながら歌い合うのだと思っていたら、
この歌はそうではなく二人を第3者が歌うというもので
意外な気がした。ストーリーも含めてなかなかいい出来だと思う。

最後に「パイレーツ・オブ・カリビアン」
これはまあなんというか・・・・・
どうでもいいけどジョニー・デップってなんであんなに女性にモテるのだ。
もちろん映画の中の話ではなくですよ。
きっとあのいい加減さ、はぐらかす時の可愛さ、冒険をしているのに
危なっかしい。ちっともカッコよくない。
でもジョニー・デップのあの独特のキャラでこの映画はもっている
という気がします。
で映画は、抱腹絶倒。ハラハラドキドキ。周囲の女性が笑い転げる度に
私は腹が立つのですが、それでも一緒になって楽しんでいました。
今回が最後だというので是非見てください。見て後悔はしません。
でも最後の明りが着くまで席にいたほうがいいですよ。
なんと配役の文字がテーマ音楽に合わせて流れていくのですが・・・
「えっ?続きがあるの?」ある場面が1分くらいでしょうか流れるのです。
おしゃれでいたずらっぽい演出です。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1390-9c1ece70