東九州ドライブ4

.18 2017 ドライブ comment(0) trackback(0)
さて、最期の走りはまずは高速道路で別府ICまで行き、
長い曲がりくねった坂道を登っていく。登るにつれ
外気温が下がっていく。鶴見岳ロープウエイ乗り場を
過ぎてしばらく行くと城島高原との分岐点にやってくる。
さらに進むと右手に緑の草原が広がる。
その奥に由布岳がそびえている。
登山口は駐車する車でいっぱい。そこに無理やり
割り込むように駐車する。

DSC_2974_convert_20170724105029.jpg

この日も多くの登山客が由布岳を目指して登っていく。
昨年秋は妹夫婦と一緒にこの山に登った。

DSC_2981_convert_20170724105201.jpg

麓の草原を爽やかな夏の風が吹き渡る。
緑が目に鮮やかで、いつまでも眺めていたくなる。

DSC_2994_convert_20170724105322.jpg

DSC_3003_convert_20170724105357.jpg

湯布院入口の金鱗湖に立ち寄る。ここは中国人観光客が
多い。いつ来ても絵になる風景である。

DSC_3011_convert_20170724105554.jpg

すぐ近くにある酒屋に立ち寄る。いつもなにがしか買うのだが
いつも人にやってしまう。

DSC_3016_convert_20170724105705.jpg

湯布院を過ぎて、やまなみハイウエイに入る。
ここはいつ走っても楽しい。
遠くに久住連山が見えてきた。

DSC_3021_convert_20170724105742.jpg

DSC_3029_convert_20170724105822.jpg

途中、少し道をそれて「九酔渓」に立ち寄る。

DSC_3031_convert_20170724105852.jpg

長者原の絶景ポイントに車を停めて、コンビニで買った
おにぎりを食べる。目の前に様々な車が停まっては
写真を撮っていく。
雲が流れる。その雲が地表に影を落とす。暗い部分と
日の当たった場所が風景に明暗をつけていく。

DSC_3037_convert_20170724105929.jpg

DSC_3039_convert_20170724110032.jpg

DSC_3054_convert_20170724110110.jpg

長者原のパーキングに車を停め、蓼原の草原の遊歩道を
歩いてみる。涼しくて心地よい。あちらこちらに高山植物が
花を咲かせていて、足を止めて写真を撮った。

DSC_3057_convert_20170724110146.jpg

寒の地獄温泉を過ぎ、久住登山の基地、牧の戸峠を過ぎ
曲がりくねった坂道をひたすら下っていく。
途中で車を停め、遠くに阿蘇山の姿を望む。

DSC_3060_convert_20170724110219.jpg

大草原の中を更に南下、阿蘇の外輪山の縁に立つ。
大観峰から阿蘇山と外輪山、その間に広がる水田の雄大な眺めを楽しむ。

DSC_3061_convert_20170724110252.jpg

DSC_3066_convert_20170724110321.jpg

DSC_3067_convert_20170724110353.jpg

こういう雄大な自然の風景を前にすると時間を飛び越えて
人間の有様だけが大自然の前で早送りされていくような気がする。
数年前にここに立ち同じ風景を眺めている自分。
ずっと昔、学生時代の私がここに立ち同じ風景を眺めている。
そのずっと昔、私たちの祖先がここに立ち同じ風景を眺めている。
大自然だけが変わることなく有り続けて、人の有り様だけが
その前で早送りされていく。そんな不思議な感覚に襲われることがある。

DSC_3074_convert_20170724110429.jpg

外輪山を降りて下の道を行くと熊本地震で山崩れを起こし、橋を
根こそぎなぎ倒した地点を通る事になる。現在どうなっているか
わからなかったので、外輪山の淵をミルクロードに沿って、
熊本の方へ降りていくことにした。

DSC_3076_convert_20170724110503.jpg

DSC_3077_convert_20170724110541.jpg

振り返ると久住連山が遥か遠くに霞んで見える。
随分走ったのだと思うが、帰途はまだまだである。
熊本ICで九州自動車道に上がり、人吉を越えて
えびのへ出た。都城ICで高速を降りて、自宅へ
帰り着いたのは10時すぎだった。

この日走った距離が361Km。
二日間の合計走行距離は664Kmであった。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1387-d0514819