東九州ドライブ1

.12 2017 ドライブ comment(0) trackback(0)
 新しい車を手にしたら、考えることはただひとつ。
ロングドライブに出かけることだ。最低でも500Kmは
走りたい。これから長い付き合いになる相棒の特性を
把握するのも大切なことだ。

 宿泊するビジネスホテルを大分市に定め、あとは
成り行き次第。さてどんなドライブになりますか。

 大分までの経路。高速道路を右に行くか、左に行くか。
右の東九州自動車道を選択。山之口ICから九州自動車道に
上がり、清武から東九州自動車道へ。

 最初の目的地を前から行きたかった日向市の大御(おおみ)神社とした。

DSC_2804_convert_20170721100839.jpg

東九州自動車道の日向ICを下り、日向岬の付け根辺りにこの神社はある。
駐車場はそれほど大きくなく、その日お祭りの準備で地元の人たちが
大勢やってきて満杯状態。仕方なく道路の端に寄せて駐車した。

参道は長くない。すぐ正面に海が広がっていた。絶景である。

DSC_2862_convert_20170721100917.jpg

右に折れると神社の境内。入ってすぐ左側に神殿は立っていて
その背後に広大な白砂の境内が広がっている。

DSC_2863_convert_20170721100946.jpg

DSC_2832_convert_20170721101013.jpg

軸線というものがはっきりした形で見えない不思議な配置である。
が敷地全体が太平洋に直接面しているので、甚だ開放性に富み、
雄大な風景の中に存在している。

DSC_2805_convert_20170721101040.jpg

調べてみると祭神は天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)
天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がご降臨され、遊行の際に休息されたと
伝わる地。

私見だがどうも由緒ある神社ではなさそうである。ところがこの神社
近年、マスコミ等で取り上げられることが多い。
一つは境内を広げる際に見つかった巨大なさざれ石の存在。
また神座前の水窪で発見された龍神の霊(玉)。
更に、境内東側の崖地にある鵜戸神社の岩窟の奥から入口の方を
見ると天に昇る白龍の姿が見えるというので話題になっているのです。

DSC_2818_convert_20170721101118.jpg

平成11年に本殿の屋根裏から発見された祈願札に「天照皇太神宮」と
書かれてあり、かつては神宮と呼ばれていたことを示しています。
また伊勢ケ浜や五十鈴川など伊勢との共通点、伊勢にも日向という
地名が2ヶ所あることから、伊勢神宮の元々宮ではないかという説も
あるそうです。

DSC_2815_convert_20170721101143.jpg

奥の広い境内、最近追加されたんですね。その時、この奥に
巨大なさざれ石と龍神の霊が発見されています。

DSC_2816_convert_20170721101216.jpg

すぐ目の前は太平洋。荒波が打ち寄せていました。

DSC_2823_convert_20170721101343.jpg

海をアップにしてみました。向こうにはきれいな砂浜が
延々と続いています。この小倉が浜は渚100選
反対側の伊勢ケ浜は白砂青松100選と
周囲をきれいな海岸線に囲まれていることがわかります。
荒波の中にサーファーの姿が沢山写っていました。

DSC_2825_convert_20170721101415.jpg

これが巨大なさざれ石。これほどの大きさのさざれ石は
初めて見ました。

DSC_2826_convert_20170721101458.jpg

そして、さざれ石の足元に龍神の霊があります。

DSC_2836_convert_20170721101534.jpg

大御神社をでてその正面の小径をしばらく行くと
鳥居があり、更に進むと海岸線に出ます。
ここは昔砦だった場所です。岩場に作られた仮設の
階段を下りると小さな谷間の岩の割れ目の奥に
赤い鳥居が見えます。

DSC_2856_convert_20170721101617.jpg

DSC_2838_convert_20170721101652.jpg

DSC_2848_convert_20170721101726.jpg

DSC_2847_convert_20170721101816.jpg

最深部に小さな祠があり、その目で振り返ると
岩と岩の間から光が差し込みます。
それが白龍が天に昇る姿に見えるのです。

正直、不思議な神社です。これまでに見たこともないような形態です。
でも不思議と品格、雰囲気がいいのです。実際に行ってみると
期待以上のものがありました。人に勧めるかと問われれば、
行って損はない、是非行きなさいと勧めます。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1384-1675720a