6月の読書会 その2

.08 2017 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_2564_convert_20170714234629.jpg

6月の読書会、途中で終わってしまったので今日は
前回の続き・・・・・・

DSC_2774_convert_20170714234702.jpg

さてこの司馬さんを代表とする「歴史小説」という小説の1分野についてあまり深く考えることはなかったのですが、「時代小説」との区別はなんなのかいつもこのことが頭の隅で引っかかっていました。中国物を数多く手がける宮城谷昌光氏の書かれた「三国志読本」の中におもしろい記述を見つけましたので紹介します。

 司馬遼太郎以前の昭和9年頃の文壇の状況としてこうあります。純文学にも多くの人材がいたのだが大衆小説の書き手が充実していた。大正末に「鞍馬天狗」昭和2年に「鳴門秘帳」、昭和3年に「新選組始末記」「右門捕物帳」、昭和4年に「旗本退屈男」、昭和5年に「南国太平記」、昭和6年に「一本刀土俵入」「銭形平次捕物控」、昭和8年には「丹下左膳」、昭和9年には「雪之丞変化」「鶴八鶴次郎」、そして昭和10年には「宮本武蔵」と続く。嘗てテレビや映画を賑わせたものが多くあって驚く。日本の昔から親しまれた講談をベースにした小説がサラリーマンや新しく高等教育を受けた読者を得て大きく成長していく時代である。
 時代小説の全盛期、活躍する小説家は、山本周五郎、海音寺潮五郎、吉川英治、柴田錬三郎などなど。このあとに出てくるのが司馬遼太郎と藤沢周平である。司馬、藤沢氏以前は「昔こういう人がいたと、現代とはっきり離して、こういう状況で、こういう人がこういう風に生きたという書き方をしていて、しかも講談調で啓蒙的な手法をとる作品が多かった。司馬氏の場合、その小説は読者の胸中を明るくする。藤沢氏の作品も人生というのはそういうものだから、これはしょうがないと快く慰める。こうした読者を慰めたり励ましたりするためには、文章にあまり癖があってはいけない。司馬氏が現れるまで時代小説はエンターテインメントの要素が強くて、一人のヒーローがいればあとはいけた。最近まで日本の時代小説は「剣豪小説」でした。しかし現代のように一人のカリスマ性だけでは対処できない複雑さを時代が持つようになると組織論がどうしても必要になってきます。その時に司馬遼太郎が登場するわけです。


 司馬遼太郎の略歴を見ていてふと思ったことがあります。私が触れていた司馬作品は彼の業績の前半部に過ぎないのではないかと、そこで後半の略歴を記してみます。

57年:「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞
58年:「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞
59年:「街道をゆく‘南蛮の道、篇」で新潮日本文学大賞受賞
62年:「ロシアについて」で読売文学賞受賞
63年:「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞

などとある。司馬さんが言いたかったことがあるいは後半に凝縮されているのかもしれない。年を経て「司馬遼太郎」は未だに魅力ある作家として私たちの前に立ちはだかっている。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1382-7c8a4d80