竣工間近

.28 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_2435_convert_20170708055414.jpg

DSC_2432_convert_20170708055630.jpg

久しぶりに市木のM邸の新築工事現場を訪れる。
外観はほとんど出来ているのだが、お風呂やキッチンなどの
水回りが難航している様子。

建物の一部が真っ白で壁下地の防水紙がむき出しになっている箇所が
お風呂である。当初、猫脚の浴槽を置くと言っていたが
木で湯船を作ることにしたと言う。でもそれは竣工日には
間に合いそうにないから当分はシャワーかなと屈託がない。
手作りの檜の湯船も悪くない。

DSC_2437_convert_20170708055757.jpg

DSC_2436_convert_20170708055722.jpg

雨が降り出した。ベランダの庇が深いので吹降があまり気にならない。
ただ屋根の波板を透明にしたものだから、重なりの部分が雨中の汚れを
吸い上げそれが少し目立ってきた。

集落の内部に建っているのだが、こうやって緑の垣根の向こうに
遠くの山々が見えている。見事な借景である。
植栽計画はどうしたらいいかというので
先日日南で見た「雑木の庭」を勧めた。

DSC_2439_convert_20170708055835.jpg

DSC_2423_convert_20170708055911.jpg

DSC_2422_convert_20170708055936.jpg

手作りのキッチンが大方できてきた。引出し内部の金具は
IKEAの金具を使っていてなかなか重厚な出来だ。
天板のステンレスも手作り、実はここを手伝っている
仲間の一人が溶接を嘗て生業にしていたとかで
なかなかいい仕事をしている。
手前の天板を支えている鉄製の脚は細い無垢の角材を
溶接したもので、ディテールもよくできていた。
これならいい小物ができそうで、雑貨のアイデアを
いろいろ考えてみたいと思った。

DSC_2425_convert_20170708060008.jpg

キッチンの上部はロフトになっている。子供が喜びそうな
空間だ。

DSC_2427_convert_20170708060213.jpg

洗面台も手作り、実はこの天板ケヤキだ。タダ同然で
手に入れたとか。

DSC_2431_convert_20170708060249.jpg

裏の工房を覗く。ここで扉も手作りしている。
工具類は全て100Vだという。

移住者のネットワークで手作りしながらここまでできるというのは
本当に大したものだ。

DSC_2442_convert_20170708060323.jpg

DSC_2443_convert_20170708060357.jpg

帰りに、雨の中写真を数枚撮った。この市木地区はこんなふうに
高い山々に囲まれている。ただ東側が開いていて、そこが
長くて綺麗な石波の砂浜である。
この地は今でも若い移住者を引きつけてやまない。

M夫妻はM邸の庭で7月29日、30日セミナーを計画している。
案内が来た。講師は四井真治さん。
29日が「バイオジオフィルターのつくり方ーおうちの庭でできる、
排水の浄化システム」
30日が「未来の暮らしのつくり方」




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1377-2c276f61