日々のこと

.26 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_2417_convert_20170707151808.jpg

DSC_2484_convert_20170707151858.jpg

DSC_2554_convert_20170707151948.jpg

二日に一度は畑へ行って、収穫をします。
きゅうりはもう終わりかなという感じです。まあ、例年のことなので
仕方ありません。ミニトマトとシシトウがだんだん増えてきます。
トマトも最初のうちは嬉しいのですが、前のを食べきれないと
だんだんキッチンに貯まってくるのです。

DSC_2559_convert_20170707152106.jpg

上の写真の収穫があった日、前のを合わせて撮すとこんな具合になるのです。
今日はナス、明日はピーマン、サラダにミニトマトとシシトウ・・・・・・

DSC_2419_convert_20170707152150.jpg

しばらく日本酒の紹介をしていませんでしたね。
6月に届いた日本酒は㈱神戸酒心館の「福壽 純米吟醸」です。
この青い瓶に見覚えがあります。以前、大阪に行った時、
娘にこの5合瓶を買っていったことがありました。
実はこのお酒、2008年より日本人がノーベル賞を受賞した際、
ストックホルムの会場の授賞式後の晩餐会で振舞われるお酒として
一躍有名になったお酒なんです。最近では2016年ですね。
味は淡麗辛口。なかなか美味しいお酒です。
夏場ですから、口を開けたら早く飲んでしまいたいのですが
まだ半分位残っています。数日後には次の日本酒が届きます。

DSC_2451_convert_20170707152228.jpg

以前、「まるっと会議」を一緒にやっていた西北さんが
主催するピアノ教室の発表会をやるというので
ちょっと覗いてきました。

文化センターの小ホールに入ると小学生たちが次々に
舞台に上がって、ピアノを演奏していました。
が正直言って小学校低学年の演奏というのは
久しぶりに聴いたのですが、多分演奏している本人も
その曲独自の特性というものを掴めないままただ闇雲に
引いているという感じであまり楽しそうには思えません。
でもきっと頑張っていくうちにある曲のあるフレーズが
たまらなく好きになったり、大好きな曲ができて、むつかしくても
弾いてみたいとか、いつかこの幼い子供たちも
小さく化けていくんでしょうね。

DSC_2456_convert_20170707152310.jpg

会場はほとんどが演奏する生徒の家族や親戚のようです。
その下の弟でしょうか、母親がたしなめるのも聞かず
会場内を走り回っていました。

DSC_2453_convert_20170707152347.jpg

これは珍しい親子のデュエット、お父さんのギター演奏が
なかなか格好よかったですね。

DSC_2458_convert_20170707152429.jpg

小学生も上の方になるとさすがに上手な子供がいます。
でも上手な子が二人続いてこのエレクトーンとの演奏が最後でした。

DSC_2466_convert_20170707152504.jpg

ここからはゲストの演奏。
このフルートの方は数年前、西北さんのロビーコンサートで
お会いした方でした。

DSC_2477_convert_20170707152535.jpg

さて最後のゲストは、「茶音の蔵コンサート」の時の
Nさんでした。Nさんとは串間市立図書館主催の読書会で
顔なじみでもあります。
Nさんは西北さんと同じく小・中学生にピアノを教えておられます。
専門が声楽とのこと。この日は「アヴェ・マリア」と「美女と野獣」を
歌ってくれました。子供たちが音楽の魅力に目覚めてくれれば
いいなと思いながら聴いていました。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1376-7f6108d8