ジャカランダ

.08 2017 街歩き comment(2) trackback(0)
DSC_1637_convert_20170616063028.jpg

道の駅なんごうでジャカランダの花が満開だという。
久しぶりに行ってみることにした。
昼前には雨が降り出すという予報。
朝から出かけた。

DSC_1647_convert_20170616063049.jpg

道の駅の駐車場に車を停めた。まだすいていたが
帰る頃には満車状態だった。
道の駅の裏手を歩いて登ることにした。

景色の良いところだ。晴天なら文句ないところだが
こうした曇天でも景色の綺麗なところだ。

DSC_1652_convert_20170616063118.jpg

海紅豆の花が満開である。

DSC_1654_convert_20170616063140.jpg

遊歩道を歩いて登り、山の中腹の車道に出た。
遥か下方に南郷の漁港が見える。

DSC_1655_convert_20170616063212.jpg

ここらがジャカランダの森のはずとしばらく道なりに
登っていくと道脇にジャカランダの花が咲いている。

DSC_1657_convert_20170616063244.jpg

DSC_1661_convert_20170616063314.jpg

淡くて華奢な感じ。満開というほどでもない。

DSC_1662_convert_20170616063346.jpg

おっと、上から観光客がどっと降りてくる。
「どちらからですか?」「東京からです。」
ちょっとびっくりである。
この地のジャカランダは最早全国版であるらしい。

団体客は観光バスで来て、山の上で降ろしてもらい、
歩いてジャカランダを見て、下で再びバスに拾ってもらうらしい。

DSC_1664_convert_20170616063416.jpg

DSC_1673_convert_20170616063454.jpg

DSC_1676_convert_20170616063528.jpg

DSC_1682_convert_20170616063557.jpg

ジャカランダがここで育った経緯をインターネットで調べてみると
下記のような記事がありました。

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの年にブラジル宮崎県人会から
県に譲渡されました。ブラジルのジャカランダが、遠い故郷である宮崎で
花を咲かせ、観光資源として故郷の役に立てばと。そんな望郷の想いから
ジャカランダの種は贈られたそうです。種は宮崎県総合農業試験場
宮崎県亜熱帯作物支場に託され、試験栽培が始まりました。
昭和48年に敷地内に植栽。宮崎の気候に適応するかどうか試されました。
そして、昭和53年に花を咲かせ、ブラジルからやって来たジャカランダは、
宮崎の地に根を下ろしました。ジャカランダの苗木は南郷だけでなく、
青島の宮崎県立亜熱帯植物園や堀切峠にも植栽され、大きく育った木は
見事な花を咲かせています。

はじめは、約300本のジャカランダでした。しかし、花が咲き始めると
それを見にくる観光客が増えて、僅かですが経済効果がうまれました。
それなら、もっと数を増やしてジャカランダの森を作り、町おこしに
繋げようということになりました。それから、宮崎県亜熱帯作物支場や、
いろいろな関係機関への働きかけ、その結果、平成23年には
約400本のジャカランダが植栽され、現在約700本。
日本一のジャカランダの群生地になっています。

DSC_1691_convert_20170616063625.jpg

お昼近く、下の道の駅なんごうに下りるとたくさんの人で
賑わっています。ここでの昼食は諦め、南郷にある
南郷プリンスホテルのレストランのランチを当てにして
立ち寄ってみることにしました。

DSC_1700_convert_20170616063655.jpg

これは大当たりでした。人は少ないけれど、
抜群の景色。ランチはパスタや定食が1300円
程度からあり、味はなかなか美味でした。

DSC_1703_convert_20170616063735.jpg

このホテル前から気になっていたんですが来たのは
初めて。1本の道路で山を抜け静かな入り江には
このホテルのみが建っていて、目の前はまさに
プライベートビーチです。
気分としてはリゾートホテルでランチといったところでしょうか。

帰りに、目井津の道の駅に立ち寄ったら休み。
あれー月曜日でもないのになんで?

先日も娘たちと立ち寄ったら休み。もー



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

Tora
酔龍さん

宮崎の美しい写真をいつもありがとうございます。行ったことのある場所の写真を見ると、うれしい気持ちにさせてくれます。串間のTさん夫妻の案内で亜熱帯植物支場を見学し、見慣れない果実と色彩に感動! 支場からは山道を通り
道の駅南郷に下りました。その道中がこの写真ですネ。すぐに分かりました。
9月だったので、残念ながらジャカランダの花はありませんでした。花の説明を読んで、親しみが沸いてきました。私が社会人にな頃にジャカランダ
は根付いたんですネ。

お昼は目井津の「カツオの炙り重」を期待して・・・到着したのですが
店の周りが静か・・・ウン・・月曜の定休日・・・・ガックリ!!!


初回はお腹が一杯だったので、別のもの注文
二回目が上記の定休日
三回目の正直・・・・2017/4月の旅で始めて食べることができました。
うわさの通り、目井津のランチはこれでしょう!
2017.06.21 21:59
酔龍
Tora さま

ジャカランダも久しぶりに行ったらなんか全国版に昇格したような
騒ぎでびっくりでした。
南米では街の街路樹として当たり前にあるみたいで、気候的には
ちょっと微妙なようです。といいますのは冬場の寒さや霜に弱いといいます。
ですから結構冬場機械を入れて空気の流れを作ったり、温めたりと
手がかかるようです。
ですが、こういう木々を苦労して育てることで多くの観光客を
誘致しているのですからある意味、非常に成功しているとも言えます。

以前紹介した鹿屋のばら園、近いうちに紹介する山之口の紫陽花公園など
花でまちおこしをする手法は手はかかるけどかなり健全な手法のような気がします。

2017.06.23 11:46

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1367-4cd58a74