.04 2017 comment(2) trackback(0)
DSC_1607_convert_20170611060845.jpg

晴天続きで、雨が降らない中、この時期、地味だけれど
様々なものが実ります。
これはビワとジュンベリー。どちらも頂き物です。
ビワは車で通過中、いろんなところで黄色く熟れた
枇杷の木を見かけます。昔はどの家にもあって、
よく食べていましたが、今では食べる機会が減りました。
庭のジュンベリーが今年は珍しく実をつけました。
昨年9月の台風の影響ではないかと思います。
台風で激しく揺さぶられ、生命の危機を感じた木々が
子孫を残そうと実をつけたのではと私は推察するのですが
どうでしょう。

DSC_1598_convert_20170611060911.jpg

この時期、やはり気になるのが梅です。
酔龍亭のすぐ東側に昔から存在する梅の木が
あります。この時期になると夜中、ポト、コロコロコロ
・・・・・・ストンという音が頻繁にするようになります。
梅の実が落下して金属屋根に落ち、転がって
地面に落ちる音です。風情があるといえば確かに、
ですが、この音を聞くと「そろそろ、収穫してくれないか」
と急かされている気分になるのです。

そこで意を決して、ある日の午後、我が家で一番の
収穫量を誇る、敷地東端の梅の木に折った脚立を
最長に伸ばして、4,5m上の梅の木によじ登り
手に持った布袋に摘んでいっぱいになるたびに
下に降りて、このコンテナに開けてを繰り返しを続け、
夕方にはこのとおり、10kg以上の梅が収穫できました。

DSC_1601_convert_20170611060935.jpg

さて、早速これを洗い、こんなふうに水に一晩浸けて
アクを抜きます。梅のいい香りがします。

DSC_1602_convert_20170611061001.jpg

ひと晩過ぎたら、材料を取り揃えて作業開始。
今年は知り合いに手伝ってもらいました。
梅の秤に乗せ、1Kg、2Kgの単位にしておきます。

DSC_1619_convert_20170611061024.jpg

まず作ったのは、梅干し用に4リットル瓶2本、
これはしばらく置いて梅酢が上がってきたら
紫蘇をいれます。梅雨明け頃に天日干しします。

次は梅シロップ。昨年の梅酒がたくさん残っているので
今年は梅酒は止めることにし、その代わりに
ジュースがわりに飲める梅シロップを作ることにしました。
これには氷砂糖とりんご酢を使いました。
これは初の試みです。

そしてもう1本がカリカリ漬けです。これは早い話
梅の漬物ですね。2,3週間すると食べれるように
なると思います。

DSC_1616_convert_20170611061048.jpg

これは昨年漬けた梅、これ以外にも小さな瓶に数本。
とりあえず、梅酒は空いた酒瓶に入れて、手に取って
飲みやすい状況にしました。
とにかく、減らさないと。せっかく作ったんだし。

DSC_1614_convert_20170611061116.jpg

本来はここで終わりのはずでしたが、
気になる酔龍亭の裏の梅の木を見に行くと
足元に熟れた梅がたくさん落ちています。
私には「落ちている梅」を見て、知り合いが
これが旨いのだという。

早速、容器を持ってきて、落ちてまともな
熟れた梅を拾いました。

DSC_1617_convert_20170611061143.jpg

2Kgを梅干し用に漬け、1.5Kgを使って梅ジャムを
作ることにしました。

DSC_1618_convert_20170611061210.jpg

梅ジャムはとても手間がかかります。
昨年作って娘(妹)に送ったら好評で今年も作ってくれと
言ってきました。手間だが仕方ない作るか。

DSC_1620_convert_20170611061240.jpg

少し煮込んで柔らかくなったら
実と種を選り分けます。
種の方には水を足して煮立て梅エキスを
作ります。

DSC_1621_convert_20170611061304.jpg

実の方は煮て砂糖をいれます。
ひと晩、冷蔵庫で冷やします。

DSC_1622_convert_20170611061334.jpg

翌日、梅エキスを加えて少し水っぽくして
実の方を煮込みながら、さらに砂糖を加え続けます。

出来上がった熱い状態の梅ジャムを熱湯消毒した
瓶に詰めます。本当はこれをひっくり返して真空状態に
するのですが、昨年これをやったら蓋が熱で緩み
外れて悲惨なことになりました。
今年は怖くてやれません。まあ、いいか。

DSC_1623_convert_20170611061405.jpg

完成です。大きい瓶を早速娘に送ってやりました。

実は数日後、雨が降りました。直後、裏庭に行って
落ちた熟した梅を拾ってきてこの面倒くさい工程を
再び行いました。ということでもうワンセット梅ジャムが
できました。



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

Tora さん
酔龍さん

梅ですよネ! 6月初旬のこの時期は・・・私もここ10年ほどですが毎年梅干と梅酒の仕込みをしています。
今年は過剰在庫の梅酒は中止して、梅干だけなので、ちょいの間に終了です。あとはしその葉投入と梅雨明けの天日干しち。

いつもは知人の梅畑で梅摘みをしていますが、今年は友人から梅を送っていただいたので、作業した実感が在りません。

酔龍さんの梅摘みは大変でしたネ!。脚立で4~5mは危険度合が微妙な高さです。しっかり脚立を固定して・・・安全第一でやりましょう。
2017.06.12 23:24
酔龍
Toraさんへ

早速、コメントありがとうございます。
梅酒の過剰在庫。どこも同じだなと思って笑ってしまいました。
漬けたままの4リットルの瓶だといちいち取り出すのが
面倒で、ワインや酒の空き瓶に移し替えました。
数日前から夕食時、小さなグラスに氷を1個落として梅酒をそそぎ、
食前酒にしています。在庫を減らさねば・・・・

我が家の東端の梅の木は下部4mぐらいまでサカキが茂っていて
その上に梅の木が顔を出している。なんか変な状態です。
まあ、要するにずっと放ってあるんですね。それでも毎年
たくさんの実をつけるので、ついつい危険を承知で登っているのですが
気分は少年のつもりでも体力的に限界に近づいていて
あと何年続けられるやら。

梅なんて考えてみたら、南高梅なんかの丸くて大きな見栄えのいいのを
買っても知れているのに、自分の家にあれば不味くとも
ついつい自家製にこだわってしまいます。

2017.06.13 06:56

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1365-33a8e9e8