垣根の剪定

.10 2017 comment(0) trackback(0)
さて垣根の剪定ですが、雨が止んで晴天が続いた日を
狙ってさあ、でもちょっと気が重い。大変な量です。
下記の写真が剪定前の垣根です。

DSC_1143_convert_20170517045320.jpg

DSC_1144_convert_20170517045345.jpg

DSC_1146_convert_20170517045428.jpg

DSC_1148_convert_20170517045514.jpg

DSC_1150_convert_20170517045550.jpg

玄関前は薄暗い藪に入っていくようで
玄関なのに、入りたくないなという気を起こさせますね。

さあ、頑張って刈るぞ。

DSC_1166_convert_20170517045725.jpg

DSC_1170_convert_20170517045803.jpg

ところが玄関前の馬酔木、柘植、シャリンバイ、茂りすぎた
山茶花などを剪定しているうちに一日が過ぎてしまいました。
それに玄関前のソテツの葉を切り落としたら、玄関前がソテツの葉で
埋まり片付けの方に手間取ってしまいました。

DSC_1164_convert_20170517045656.jpg

DSC_1163_convert_20170517045625.jpg

間に雨の日を挟み、刈った木々の枝やソテツの葉を片付け
表の垣根を摘んでようやく2日目

DSC_1173_convert_20170517045839.jpg

残り一日で西面を剪定します。
隣のカンタ君(保育所)が箒とチリトリを持って
落ち葉の片付けを手伝ってくれました。
その内カンタ君のママも出てきて手伝ってくれました。
とてもありがたい近隣さんです。

なぜ、急いでいるかというと12日に娘が孫を連れて
里帰り?するのです。
なんとか間に合いました。体の節々が傷んで
ヘトヘトです。

もっと早くやったらとかもっとゆっくりやったらとか
思われるかもしれませんが、
若葉が出てきたこの頃が一番適しているように思われます。
もう少し遅いと虫が大量発生するのです。
こちらに越してきた最初の年はもう大変でした。
が5月初めに剪定するようにしてから虫の発生は
なくなりました。

それでもきれいになった垣根を見ていると
気持ちがいいですね。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。









スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1354-560fa906