朝の散歩

.14 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_0603_convert_20170417061333.jpg

朝起きて、天気が良かったのでいつもとは少し違う
コースをたどり、散歩をする。
行先は同じ運動公園なのだが、少しだけ山の中を通り
距離と時間を考えると約1時間コースといったところだ。

右奥の小さな山は小さい頃、「中学校ん山」と
呼んでいた。丁度その下に、元の福島中学校、
そしてこの4月から統合された串間中学校がある。

この道は西方という集落に通じていて、もう少しすると
小学生たちが集団登校してくる。
その間、小さな丘があり、その付近だけが杉木立に
囲まれた森の中という風情を保つ。


DSC_0608_convert_20170417061402.jpg

田植えの終わった後に張られた水に朝の風景が
映り込む。


DSC_0617_convert_20170417061425.jpg

DSC_0618_convert_20170417061453.jpg

DSC_0624_convert_20170417061518.jpg

DSC_0625_convert_20170417061541.jpg

DSC_0626_convert_20170417061604.jpg

DSC_0628_convert_20170417061628.jpg

この道は逆から回るほうがいいのかもしれない。
というのはこれらの写真を見てお分かりのように
私は撤退する兵士のようにカメラを後方に構えて
引き引き撮っているのである。
だから本当は逆方向から巡ると前に前に
風景が広がっていくことになる。
森の入口に来て、最後の1枚を撮ると
私は前を向き、急な坂を登る。


DSC_0634_convert_20170417061653.jpg

道脇に野いちごの木を見つけた。
頃合になったら野いちごを摘もうといつも
思うのだが、その頃が虫が葉や実を先に
食べていて、無残な姿を晒しているのが
常である。


DSC_0636_convert_20170417061719.jpg

山道を左に折れて、更に登ると木々のトンネルの向こうに
桜並木が見えた。まだ咲いていた。


DSC_0638_convert_20170417061744.jpg

DSC_0643_convert_20170417061814.jpg

雨や風によって散った花びらが道に落ちている。

DSC_0649_convert_20170417061847.jpg

反対側に出た。目の前が急に開ける。
遠くに大隅半島が見えている。


DSC_0651_convert_20170417061914.jpg

DSC_0653_convert_20170417061940.jpg

DSC_0661_convert_20170417062007.jpg

丘陵地に広がる桜公園は今年も花の付きが悪く、
見れば歯抜け状態である。それにもう花見のシーズンは
過ぎてしまった。


DSC_0671_convert_20170417062034.jpg

DSC_0677_convert_20170417062058.jpg

展望台の上までやってきた。ここから見る景色は
私が毎日眺める景色である。
ようやくいつもの散歩コースにたどり着いた。
目の前にツツジが咲いている。


DSC_0680_convert_20170417062124.jpg

展望台の裾野にもたくさんの桜が植樹されているが
西向き斜面のせいか、花の開花が遅い。


DSC_0685_convert_20170417062201.jpg

目の前に串間市の市街地が広がる。
いつもの散歩コースである。

春の朝の何気ない散歩。今日はいつもと異なるコースをたどる。
いつもとは異なる風景、そして感慨。
4月も半ばなのにまだ桜が咲いている不思議。
一方で確実に山々は明るい緑色に覆われ始めた。
花も葉もいっしょくたになって、気温は日々乱高下する。
春を知らせる花や新緑が、少しも目安にならず
私は春の中で今年は何故か喘いでいる。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sht0807.blog135.fc2.com/tb.php/1344-30d18611