FC2ブログ

新しいフライパン

.29 2020 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSC_2659_convert_20200702121644.jpg

 私の使っているフライパンは、T-fal 社の22cm浅型と28cm浅型、深型
の3種類。ところが使っているうちに浅型の22cmと28cmは頻繁に
使うこともあり、こびりつかないようにテフロン加工されていたものがはがれ
料理するたびに料理の残滓がこびりついてしまう。それで現在は28cmは
ほとんど使わず、22cmを無理して使っている。料理した後の後始末は大変
なのだが仕方ない。1年ぐらい前から、考えていたのはテフロン加工は止め
て鉄製のフライパンはどうかなとか、サイズはやはり24cmがいいだろうな
とか考えていた。

DSC_2660_convert_20200702121715.jpg

 昨年秋に愛知ドビー(株)のバーミキュラ鍋を買った。私の料理歴が少しだ
け変化した。今まで作ることのなかったカレーやシチューやスープを翌作る
ようになった。材料を鍋に放り込むだけなので、実際のところたいして苦には
ならないのである。この春、その愛知ドビー(株)が新製品を出した。バーミ
キュラフライパンである。ホーローコーティングされた鋳鉄製(バーミキュラ鋼)
で厚さはなんと1.5mm 。バーミキュラ鍋が内部の水分を逃がさないという
のに対してこのフライパンは食材の水分をあっという間に飛ばして、旨味を
残すという鍋と真逆の性質を持っているという。

DSC_2662_convert_20200702121749.jpg

 「よっしゃ、これを買おう」と即断して申し込んだところ、「誠に申し訳ありま
せんが注文が殺到しており、40~50日の待ちになります」とのこと。コロナ
騒ぎで忘れていた。それが今週届いた。箱を開いてみる。「わーお、格好いい」
いつまでも眺めていたいが、そういうわけにもいかない。大きさは24cmの深型
蓋つき、理想的なサイズだ。

DSC_2683_convert_20200702121915.jpg

 付属のレシピの最初に載ってる野菜炒めを作ってみる。材料はキャベツ、
玉ねぎ、にんじん、ピーマンのみ。調味料は塩、粗びき黒コショウ、醤油、
ごま油。至って簡単。ところが解説を読むと所要時間がなんと3~4分。
悩んでる暇はない、パッパッパっとやらねば焦げてしまう。緊張する。頭で
手順をリハーサルして作り始める。まず空のフライパンをIHヒーターの上に
置き、30秒空焚き、油を入れる、30秒くらいで煙が出たら、切った野菜を
すべて放り込み塩、コショウを入れて、ジャージャー2分もやってると一部
が焦げだす、慌てて火を止め、醤油を入れてひと混ぜし、ごま油をまわし
かけたら完成。締めて4分といったところ。「ほんまに火が通ってるのかな?」
と食べてみる。ニンジンにも火が通っている。それに甘い。うーんこれはいい。
生野菜サラダだけでなく野菜のレパートリーが増えるのは嬉しい。今度は
もうちょっと凝ったものを作ってみよう。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



 HOME