FC2ブログ

桜咲く

.30 2020 日記 comment(0) trackback(0)
IMG_1621_convert_20200406113629.jpg

 我が家の桜がようやく咲き始めた。テレビの報道で全国の桜の
開花状況を聞くにつけ、日本の最南端にある我が家の桜の開花
が何故にかくも遅いのかとやきもきする毎日である。例年になく
遅い。それはこの冬が暖かったためだという。桜は冬の厳しい
寒さの後に来る暖かい春の陽気で開花し始める。それが今年は
例年になく温かい冬だった。そのため、こりゃー今年は早く咲くぞ
と少し期待したのだが、1週間ほど前にぽつりと一つだけ咲いた
桜の花を見つけたが、翌日からぽつぽつといった感じであった。
それが雨が上がりいい天気が続くと見る見るうちに咲き始めた。
面白いものでスピードカメラで見ているように午前と午後でその
量は少し増えている。でもよく見ると枝先がまだまだ空いている。
満開まではもう少しかかりそうである。なんかこういう咲き方をみ
ていると、ぼんやり寝てる間に春が来てしまい、「おっと、いけねー」
とばかりに慌てて咲いた感がする。


IMG_1614_convert_20200406113543.jpg

IMG_1582_convert_20200406113510.jpg

IMG_1562_convert_20200406113433.jpg

 我が家の桜の木はソメイヨシノで樹齢は48歳。とにかく大きい。
枝先はまだ空いていると書いたが、咲き始めのころ、枝先は枯れ
たのではないかと思えるほど花芽がまるで見えない。それが数日
経つうちにぽちぽちと花芽らしいものが出てきて、それが徐々に
膨らんでくる。これはどうも図体がでかすぎるために栄養分が一挙
に全身に行きわたらないせいではないかと愚考する。


IMG_1566_convert_20200406113315.jpg

IMG_1594_convert_20200406113353.jpg

 この時期、私は正直、浮き足立っている。晴れた日にはすぐに
カメラをもって桜をアップであるいは畑の端から全身をはたまた
満開時には屋根に上って毎年、同じようなアングルで撮っている。
別に定点観測をしているわけではないが、いい写真を撮ろうと思
えば、自然と同じアングルで撮る羽目になる。だが本当は撮りた
いのは桜ではなく、外に横溢する春の息吹なのかもしれない。

IMG_1642_convert_20200406113707.jpg

IMG_1645_convert_20200406113744.jpg

IMG_1646_convert_20200406113822.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



 HOME