FC2ブログ

日々のこと

.30 2019 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_9482_convert_20191005070509.jpg

秋はなにかと大きなイベントが多い。が関わらなければ
それはそれで「あっそう。そんなんあったの」で済むのだが
自分が企画に関わったり、雑事を頼まれたりすると
安請け合いが積もり積もって、結構忙しくなったりする。


DSC_9479_convert_20191005070603.jpg

例年、手伝っている「ツール・ド・南宮崎」は今年は二日に
分けてやるとか。本城地区の「本城イルミナイト」は昨年
とても賑わったと耳の端っこで聞いていたが、今年は
河野さんがチラシやポスターの仕事を蘇鉄の会で引き
受けてしまった。そういう仕事は当然のように私のところに
流れてくる。何しろチラシ2枚にポスター2枚。大ごとだ。
おまけにイルミネーションの配置計画までしょい込んできた。
やれやれ・・・・・・


夕方、天気がいいのでちょっと遠くのほりぐちまで買い物に
歩いて行った。往復で30分ほどなのでいい運動になると
思っていたら、帰りに岡留君に出会った。「うんだ、歩いて
買い物ん行きやったと」「運動運動・・車で行くと足が駄目んなる」

買い物に行かない日は、ピアノ室に置いてある“ながらバイク”
を読書しながら30分漕ぐ。汗びっしょりになる。結構、本が読める。
本屋大賞の瀬尾まいこの「そして、バトンは渡された」
山本周五郎賞受賞の朝倉かすみの「平場の月」
そして今、次回読書会購読本ウイリアム・ゴールディングの「蠅の王」
を読んでいる。


DSC_9480_convert_20191005070632.jpg

いつの間にか午前中の日が部屋の奥まで差し込んでくるようになった。
考えたら、意識はまだ暑い夏から離れられないでいるのに、既に
秋分の日が過ぎているのだ。最近落ち葉が少なくなったなーと
見上げれば桜の大木はもう丸裸である。何かが少しずつ変化していく。
気が付くと自分がとんでもないところに流されている。そんな気分だ。
買い物帰りに夕陽が落ちた。見晴らしのいいところでしばらく
眺めていた。いかにも秋の夕暮れ時の風景である。今日は気温が
高いのか、雲は秋の筋雲ではなく、なんとなく重たい気がする。


DSC_9485_convert_20191005070653.jpg





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト



 HOME