FC2ブログ

子供相手は難しい

.30 2019 エッセー comment(0) trackback(0)
DSC_8271_convert_20190605115957.jpg

私の家はご存知のように緑に囲まれていて、野草や
昆虫などの素材には事欠かない。毎日のように埼玉の
次女とはLINEで話をするのだが、孫娘相手に庭先で
見つけた昆虫などを20秒ほどのビデオ撮りして送って
いる。白い蝶蝶や蜂などには非常に興味を示すようだ。
少しケバい色の毛虫が小枝を這っていく様子を送ったら、
「気持ち悪い」って言ってたよとの返事。うーん、そうだろうな。
とそこでめげずに茶色のもこもこした毛虫が床を這っていく
様を撮って送った。「うけたよ」という。「毛虫というと
先入観があるから、ほらモコモコだよとか言ったほうが
いいんじゃない」

敷地内には椿が沢山植わっている。この時期大量発生
するのがチャドクガである。一枚の葉に軍隊のように
びっしりと整列しているところを発見するとゾワーッと
する。フマキラーを抱えて行って直ちに退治するのだが
これをビデオ撮りしたがあまりにおぞましくて送らなかった。

その後もトンボ、かたつむりと続く。今朝はブロック塀を
這い回るナメクジを撮って送ったが、これはちょっと
気持ち悪かったかな。

DSC_8341_convert_20190605120041.jpg

先月から小学校の読み聞かせが始まった。2週間ピッチで
1年生、2年生、3年生ときてしばらくおやすみ。次は
9月からだ。
1年生に面白い話が良かれと思いとんち話を読んだら
オチのところでシーン・・・・・・・
しまった。まだこういう話は早かったか

話はこうである。
お寺の和尚さんが檀家にぼた餅をもらい、それを仕舞って、
出掛けたスキにお寺の小僧さんぼた餅を全て食べてしまった。
悪知恵を働かせて、お寺の仏様の口の周りに残ったあんこを
塗りつけて知らんふりを決め込んだ。和尚さんが帰ってきて
ぼた餅が無くなったことに気づくと小僧さんを問いただして
「お前が食べたんだろう」「違うよ。仏さんだよ。ほら」と口を
指差す。そこで和尚さん、仏さんを釜茹でにして吐かせようと
して、薪をくべると湯が沸騰してきて、「クタクタクタ、クッタクッタ」
仏さんが「クッタ(食った)」と白状したものだから撥でその頭を
叩くと「カーン、カーン、くわーん、くわーん(食わーん)」

ここで爆笑を取りたかったのに・・・・・・・シーン・・・・・・・・
そうだよな。この4月に小学生になったばかり、掛詞のように
一つの言葉が二つの意味を持つなどまだ理解できないのだった。
慌てて、もう一冊用意した谷川俊太郎の「いちねんせい」の詩を
読んで事なきを得た。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



 HOME