FC2ブログ

日々のこと

.29 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_5300_convert_20181212233212.jpg

部屋に居て、ぼんやり外を見る。
小屋の屋根瓦の苔の緑が日の光を浴びて
まるでそう夜光塗料のように光り輝いている。
その様子を切り取ろうと一眼レフカメラを取り出して
撮ってみる。
暗めにして取らないと苔が光り輝かない。

ウーン、イマイチだ。
もっとこう光が当たっている感じが欲しいんだが
腕が追いついていない。

DSC_5302_convert_20181212233257.jpg

アップにしてみる。
こちらの方が少しましか。

この柿の木、夏のあいだ、暑い太陽の日差しを遮ってくれる。
だけど大きくなりすぎたからなんとか今年中に枝をカット
したいと思っている。これ以上大きくなると手に負えなくなる。

この小屋も南側のガラスの引き戸が開かなくなってしまった。
中から父の書の道具や本を引き出したいのだが
そのままになっている。中にはそのうち処分しようと
一時的に放り込んだガラクタがいっぱいだ。

頭の片隅にはこの小屋を改修して木工細工ができる
作業小屋にしたいと思っているのだが、今更この歳で
今以上に手を広げてどうすると心の声が囁く。

それより庭だ、畑だ。なんとかしようじゃないか。
明日から晴れ。明日は畑と庭をいじろう。

DSC_5307_convert_20181212233439.jpg

DSC_5308_convert_20181212233524.jpg

部屋の前の蜜柑が色づいてきた。
緑で小さいうちはほとんど目に付かないのに
黄色く色づいて大きくなると急に存在感をます。
パソコンモニターの向こう側に二つほどぶら下がっていて
なんとも愛嬌たっぷりに「もう少し待ってね」などと
つぶやくのである。

こちらの東側の庭はひと月ほど前に手入れしたのが
効いて、今年はセンリョウが赤い実をたくさんつけた。
今年は少し庭らしくなった。
年が明けると梅の花が咲く。

季節はどんどん前に進んでいく。
それは少しも構わないのだが、知らないうちに歳だけが
重なっている。
ある日、気が付くと鏡の中に浦島太郎さながらの自分がいる。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト
 HOME