FC2ブログ

秋の朝

.20 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_2733_convert_20181028072211.jpg

ちょっと朝食前に散歩に行ってみようと思い立った。
朝日が顔を出す前に外に出るのは誠に気持ちがいい。
しばらく行ったところで朝日が顔を出す。

DSC_2759_convert_20181028072247.jpg

DSC_2775_convert_20181028072318.jpg

以前からよく行くコースをたどろうとして左の農道に
気づきそちらに足を向ける。
はてこの道はどこに行っているのだろう。

DSC_2783_convert_20181028072355.jpg

小さな丘の上に出た。そこは畑が続いている。

DSC_2803_convert_20181028072433.jpg

DSC_2805_convert_20181028072510.jpg

畑に出た小さな芽に朝露が光り輝いている。
これは植えられた種が芽を出したのか雑草が芽を出しただけなのか
よくは分からないが、朝日を受けてキラキラしている。

DSC_2809_convert_20181028072551.jpg

DSC_2817_convert_20181028072626.jpg

来た道を振り返ると鉄塔の存在が邪魔であるような
それでいて風景の一部として大きく存在感を示している。

DSC_2839_convert_20181028072704.jpg

小さな集落に出た。あっ、ここはよく通る道に出た。
そうかこの集落か。松尾という集落だった。

DSC_2856_convert_20181028072744.jpg

DSC_2859_convert_20181028072822.jpg

存在感のある木の向こう側では農夫が耕した畑に
種を蒔いていた。

DSC_2860_convert_20181028072850.jpg

そう言えば、ミレーの作品だったか。「種まく人」ってこんなのなかったかな?。



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト



 HOME