FC2ブログ

秋刀魚

.14 2018 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_6086_convert_20181020051255.jpg

秋刀魚の歌
 
 あはれ
 秋風よ
 情(こころ)あらば伝えてよ
 ー 男ありて
 今日の夕餉に ひとり
 さんまを食ひて
 思いにふける と。

 さんま、さんま、
 そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて
 さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
 そのならひをあやしみなつかしみて女は
 いくたびか青き蜜柑をもぎ来て夕餉にむかひけむ。
 あはれ、人に捨てられんとする人妻と
 妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
 愛うすき父を持ちし女の児は
 小さき箸をあやつりなやみつつ
 父ならぬ男にさんまの腸をくれむと言ふにあらずや。

 あはれ
 秋風よ
 汝(なれ)こそは見つらめ
 世のつねならぬかの団欒(まどい)を。
 いかに
 秋風よ
 いとせめて
 証(あかし)せよ かの一ときの団欒ゆめに非ずと。

 あはれ
 秋風よ
 情(こころ)あらば伝えてよ、
 夫を失はざりし妻と
 父を失はざりし幼児とに伝えてよ
 ー 男ありて
 今日の夕餉に ひとり
 さんまを食ひて、
 涙をながす、と。

 さんま、さんま、
 さんま苦いか塩っぱいか。
 そが上に熱き涙をしたたらせて
 さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
 あはれ
 げにそは問はまほしくをかし。
                     ( 佐 藤 春 夫 )

DSC_6090_convert_20181020051326.jpg

今年はサンマが大漁でたくさん食べられそうですね。
都会生活をされている人にとって、さんまを炭火で焼いて
食べるなどというのは実に贅沢なことであるかもしれませんが
我が家ではその気になれば実に簡単なことです。
縁側に置いた七輪に炭を入れ、火を起こし、買ってきたサンマを
乗せれば、しばらくすると秋刀魚の油が炭に落ちて
炎が立ち上ります。香ばしい秋刀魚の油の匂いが食欲をそそります。
そうそう、大根おろしが欠かせませんね。

大阪で仕事をしていた頃、和歌山県の新宮でイオンの
ショッピングセンターを作っている間、毎週大阪から泊りがけで
通ったのですが、ある時南紀勝浦の旅館に泊まった朝、駅前に
石碑があるのに出くわしました。それがこの佐藤春夫の
「秋刀魚の歌」でした。

でもよく読むとこの詩、意味深ですね。一体どういう状況で
詠まれた詩なのでしょう。

最近、ノーベル賞の文学賞で川端康成に決まるまでの経緯が
ノーベル財団から公表されました。谷崎潤一郎と川端康成の
ダブル受賞の可能性が高かったという驚くべき事実があったと
ありました。

この詩はその谷崎潤一郎の私生活に触れた実に赤裸々な詩
なのです。谷崎と佐藤は親友でお互い親密な付き合いを重ねていました。
谷崎の夫人千代とその間にできた長女鮎子がこの詩の登場人物です。
谷崎が千代の妹に懸想して留守の間、訪ねてきた佐藤と婦人と子供が
秋刀魚を夕餉に食べている様子を歌ったのがこの詩なのです。
夫潤一郎の不実を嘆く千代、その千代に深く同情する佐藤。
なんとこのあと、谷崎は佐藤に「妻千代をお前にやる」と約束するのですが
千代の妹との再婚がままならず、その約束は守られませんでした。

佐藤はこのことを非常に怒り、谷崎との友情関係は壊れてしまいます。
数年後、谷崎は文藝春秋社の女性記者といい仲になり、結局千代と離婚します。
その時、谷崎は佐藤を呼び出して、千代をもらってくれと言って千代を
送り出すのです。結局、佐藤春夫は千代と子供の鮎子共々引き取って
新しく円満な家族を作ります。

谷崎はこの女性との関係は2年ほどで壊れ、次に当時人妻であった根津松子に
しつこく結婚を迫り、ついに再婚を果たす。「細雪」の4姉妹の二女幸子は松子を
モデルに書かれたものである。谷崎の恋愛遍歴はこのように多彩ではあるが
その都度真剣でそれはそのまま作品へと昇華している。それもまた見事である。

一方、詩人佐藤春夫の秋刀魚の歌は佐藤の代表作として今に残る。
こういう背景を理解しながら今一度この詩を味わってご覧なさい。
ここでは秋刀魚の温かさのみが際立って千代、鮎子、春夫の気持ちとは裏腹に
なんともならない現状にただ不安といらだちにおののく心が漂っています。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト
 HOME