新燃岳の噴煙

.27 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_3276_convert_20180312172545.jpg

ややこしいのだが、時はまた現時点に飛ぶ。
ここ2,3日、新燃岳の噴火が続いていて
いよいよ火山灰が降るようになった。
朝起きると車が真っ白なんてことに
でもまあ、量的にはあまり大したことはない。
火山灰は灰とはいえ、粒子が砂より
少し小さめではあるがザラザラしていて
いきなり雑巾で拭いたりすると塗装が
傷ついてしまう。
朝、車で出るときには仕方ないから
フロントガラスとバックのガラスに
バケツの水をぶっかけて軽く拭いて
あとは乗車して通常のワイパーで
石鹸水を振りまいて2,3度ワイパーが
作動してそれでおしまい。

だってねえ、拭いてもまた降ってくるし

車を買い換えるときにいろいろ迷ったが
この色にして良かったと思ったのは
火山灰をかぶっても少しも汚れが見えないのだ。
近づいてよく見ると灰が付着しているが
「うーん、よしよし」てなもんである。

DSC_3275_convert_20180312172606.jpg

今朝、母の50日祭に来ていた妹の旦那が
朝散歩から帰ってきて、「空に噴煙が・・」
というので外に出てみると
これはすごい。西から東にかけて天の川ならぬ
火山灰を含んだ新燃岳の噴煙が空を横断している。
なんとなく不気味な空である。
空を見上げて「しっしっ・・・あっちへ行け」と
雲に向かってフーっと息を吹きかけたいそんな気持ちで
呆然と眺めていた。今朝のことである。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト
 HOME