FC2ブログ

わくわくサイクリング その2

.14 2017 サイクリング comment(0) trackback(0)
Ver.01 20171121 12:35
Ver.02 20171122 0:35

DSC_6762_convert_20171121115521.jpg

DSC_6773_convert_20171121115551.jpg

おにつか農園エイドを出て、私も車で後を追います。
途中、道路脇に車を停め、前の小さな川沿いの道を
走ってくる列に遭遇。慌ててカメラを構えてパチリ

DSC_6778_convert_20171121115614.jpg

車を走らせ、今町橋の手前の港に車を止めました。
そこから望遠で金谷橋を渡る列を撮ってみましたが
250mm望遠では少し小さかったようです。

DSC_6784_convert_20171121115640.jpg

DSC_6791_convert_20171121115704.jpg

しばらくするとやってきました。
みんな撮影されていることを意識して様々なポーズを
とってくれるようになりました。

DSC_6801_convert_20171121115730.jpg

DSC_6808_convert_20171121115754.jpg

そのままの位置で海側に出て今町橋を渡るところ
向かいの船着場に沿った道路を進む場面を撮影。
これももっとアップにしたいところ。
でも港町の風景も欲しいし、悩みどころです。

DSC_6831_convert_20171121115820.jpg

福島港エイドで休憩
皆さん、食料を補給

DSC_6847_convert_20171121115844.jpg

DSC_6864_convert_20171121115909.jpg

DSC_6885_convert_20171121115938.jpg

DSC_6889_convert_20171121120005.jpg

さて、先に出発。次はどこがいいか?
高松海水浴場へ向かいます。
沖に浮かぶ島が写る箇所で待ち構えていると
しばらくして先頭集団がやってきます。
やはり親子のツーショットがいいですね。

DSC_6913_convert_20171121120030.jpg

その後、追いかけて先頭集団を追い抜いて
海を背景にと思っていたらあわわわ・・
先頭がやってきた。ごめん間に合わない。
せっかくポーズとってくれたのに

DSC_6920_convert_20171121120056.jpg

ダグリ岬の坂道は結構きつい
さあ、食事だ。

DSC_6935_convert_20171121120123.jpg

DSC_6936_convert_20171121120156.jpg

ダグリ荘の中庭で昼食
もちろん、テーブルごとに楽しい食事風景
撮らせてもらいました。

DSC_6972_convert_20171121120229.jpg

DSC_6990_convert_20171121120254.jpg

さあ、ここから折り返しです。
バックにダグリ荘と手前の夏井の海水浴場を
背景に待ち構えてパチリ

お気づきと思いますが自転車は基本車道です。
警察との競技でこのCコースは子供が多いこと、
車が多いことから歩道を走るよう指導されています。

DSC_7008_convert_20171121120321.jpg

DSC_7020_convert_20171121120348.jpg

DSC_7031_convert_20171121120415.jpg

再び車に飛び乗り、先頭集団を追い抜いたイルカランドの
先の左側駐車スペースに車を停め、車道を横断して
海沿いの歩道でアングルを決めて待ち構えていると
来ました来ました。

かなりの至近距離でパチリパチリ

DSC_7068_convert_20171121120441.jpg

DSC_7070_convert_20171121120513.jpg

DSC_7078_convert_20171121120544.jpg

DSC_7106_convert_20171121120616.jpg

DSC_7113_convert_20171121120645.jpg

DSC_7116_convert_20171121120712.jpg

再び車に乗り、ゴール地点の運動公園に向かいます。
ゴール前の坂道で待っていると
来ました来ました。

そこからゴールの地点まで走って引き返し、
「はーい、おつかれさん」

ほんと、私も疲れました。
でも楽しかった。

撮影した写真は約700枚でした。

インターネット上で市が撮影したものと
蘇鉄の会4人が撮影したものが合わさって
掲載されますので
無料で取得できると思います。参加者は
その中から自分の姿を探すことになるかと思います。

おわり



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト
 HOME