FC2ブログ

えびの高原トレッキング

.06 2017 山歩き comment(0) trackback(0)
Ver.1 20171111 23:50
Ver.2 20171113 12:00

DSC_6164_convert_20171111233451.jpg

今年は台風で九重登山が流れてしまい、どこか紅葉を
見に行きたいと思っていた矢先、10月31日に
えびの高原の入山規制が解除になりました。
たまたまテレビを見ていて、ひょっとしてあそこへ行けるかもと
調べてみると行けそうです。

あそことはえびの高原池巡りトレッキングコースです。
覚えておられるか、数年前大阪の東郷夫妻を案内した時、
硫黄山の麓の不動池から六観音御池まで歩いたのですが、
いつか全コースを回ってみたいと思っていたのです。

霧島は長い間、硫黄山の火山活動に加え、新たに
新燃岳の噴火が続き、非常に危険な状況だったのです。
それがここへきて、穏やかさが戻ってきたのと
観光シーズンへの配慮もあったのではと思います。
火山による危険への備えは結局自己責任ということでしょうか。

DSC_6166_convert_20171111233514.jpg

Hさんは前からそういったところを歩きたいと
最近軽登山用の靴を新調したばかり、行かないかと
声をかけると当日は日曜日で天気も良さそうというので
一緒に行くことにしました。

急な規制解除ですから人は少ないと踏んでいたのですが
10時少し前に着くと第一駐車場は満杯。奥の第2駐車場に
誘導されました。

この日は雲一つない晴天。
目の前に韓国岳がそびえています。
実は韓国岳も登山解除になったのですが、私には今は
少し荷が重い。だから少しずつ高度を上げて
そのうち登ろうと思います。

DSC_6168_convert_20171111233544.jpg

登り始めて少し行くとえびの展望台が目の前に現れました。
前の組の家族が数名展望台に上がって歓声を上げています。
我々も登ってみます。
わずか10分ほど登ってだけでこうも景色が変わるのかと
驚きます。
えびの高原、硫黄山、韓国岳、えびの岳の大パノラマが
眼下に広がっています。

DSC_6173_convert_20171111233608.jpg

まもなく進むと赤松林になります。
このコースは我々のように軽登山靴にリュックを背負った
者もいれば普通の靴で入り込む普通の観光客もいます。
時々元気のいい観光客のおばちゃんの集団に出会います。
とにかく元気です。
結果から言うと白紫池を回る白鳥山コースを避けて
直接六観音御池を目指せば、普通の格好で歩いても
大丈夫な気がします。


DSC_6179_convert_20171111233634.jpg

その分岐点。右へ行けば白紫池の縁を左に見て
やがて右下に六観音御池。
左に行けば白紫池の周囲を右回りに迂回して
その奥にある白鳥山の頂上(1363m)を目指し
また先ほどの右の道と合流するのです。
1363mって一見大変そうですが出発地点が
1183mなのですから、そう大したことはないのです。

DSC_6187_convert_20171111233706.jpg

DSC_6188_convert_20171111233730.jpg

我々は左のコース、白鳥山を目指すことにしました。
分岐点からしばらく登ると見晴らしの良いところに出ます。
みんなここで休憩しています。
二湖パノラマと呼ばれる場所です。二湖とは左に
見える白紫池、右下に見える六観音御池のことです。
2つとも火口湖なんですね。

上の写真は六観音御池で奥の頭の平らな山は甑岳(1301m)
下の写真は白紫池で奥に見える穏やかな山は白鳥山(1363m)

DSC_6203_convert_20171111233802.jpg

DSC_6208_convert_20171111233828.jpg

小休止の後、白鳥山の山頂を目指します。
でもこのコースは尾根筋が穏やかで登山というより
トレッキングと言ったほうがいいような初心者向きの
山です。その初心者のHさんも心配したほどのことはなく
なんとなくほっとした様子。
しばらく行くと山頂に到着。南の方向を見ると
右に桜島、左に高隈山が見えています。
眼下には白紫池その奥に韓国岳が見えます。
この白紫池、一方の縁が切れていて水があまり貯まらず
浅いので冬凍りやすいんですね。
私が子供の頃、この池は冬はスケート場になっていたのです。
一度は行ってみたいと思っていた憧れの池だったのです。

DSC_6220_convert_20171111233901.jpg

DSC_6221_convert_20171111233930.jpg

白鳥山山頂を過ぎなだらかな尾根を下っていくと
突然目の前に大パノラマが開けます。
北展望台です。眼下に六観音御池、左に甑岳、
夷守岳(1344m)、韓国岳、更に右の奥には
大浪池が見えます。
更に北のほうのずっとむこうに九州山地の市房山が
見えています。

ちょうどお昼どき、絶景を見ながらお昼を食べることにしました。
ここまで約2時間の行程です。

DSC_6237_convert_20171111234017.jpg

さてここから下の道の合流点へ向かう登山道は結構険しい。
足元にリンドウの花を見つけました。

DSC_6227_convert_20171111233956.jpg

六観音御池の縁は紅葉の名所です。
赤松の間に点在する紅葉が実に綺麗です。

DSC_6245_convert_20171111234041.jpg

DSC_6252_convert_20171111234107.jpg

合流地点からなだらかな道を下るとだんだん森が鬱蒼としてきます。
道脇には巨大な杉が立ち並んでいます。樹齢500年の杉だとか。
すごい迫力です。

DSC_6258_convert_20171111234133.jpg

DSC_6263_convert_20171111234159.jpg

木々の隙間から六観音御池が望めます。
奥に先ほどの赤松と紅葉、その背後に韓国岳と
絶妙の風景です。

DSC_6273_convert_20171111234223.jpg

六観音御池展望台の前は広場になっていて
団体さんがシートを広げ昼食を楽しんでいました。
少し寂れた豊受神社にお参りして
展望台から池を眺めます。
ここからの眺めは本当に綺麗です。
新緑の頃も冬の韓国岳が雪をかぶっている姿も
とても良くて絵になります。
そうか、楽なコースだから雪が降ったり
樹氷が綺麗な時に来るのもいいかもとHさん、
すっかり自信をつけた様子です。

DSC_6288_convert_20171111234249.jpg

DSC_6306_convert_20171111234330.jpg

六観音御池の周りを回って左に甑岳を見ながら
韓国岳の麓、硫黄山の方へ向かって歩きます。
時々反対方向から来る人たちに出会います。
小学生くらいの子供を連れた家族ずれ、
老夫婦、元気なおばあちゃん、夫に無理やり
引っ張られてきた御夫婦などなど・・・・・

DSC_6310_convert_20171111234417.jpg

DSC_6318_convert_20171111234444.jpg

DSC_6323_convert_20171111234512.jpg

しばらく行くと目の前に韓国岳、右手木々の間から
あの碧い池で有名な不動池が見えてきます。

えびのスカイラインに出たら沢山の車が道脇に
不法駐車しています。実はえびの高原から不動池までの
このラインは車を停めてはいけないという規制が
かかっているので不動池の駐車場には停めれないのです。

不動池はいつになく青が強い気がしました。
以前はもっと緑がかって、エメラルドグリーンに近い
イメージがあったのですが、私の思い違いかもしれません。

池の淵のススキや池の奥の赤松林が見事でした。

DSC_6327_convert_20171111234541.jpg

DSC_6331_convert_20171111234609.jpg

DSC_6338_convert_20171111234639.jpg

DSC_6339_convert_20171111234720.jpg

DSC_6346_convert_20171111234746.jpg

さあ、楽しかった一日も終わろうとしています。
硫黄山の真下で小休止してススキ野の中の小道を
歩いて駐車場まで緩やかな下り。
青空に少し秋の筋雲が出てきました。
この日はいつになく飛行機雲が北から南に流れます。

帰りにえびの高原荘の露天風呂に入って帰りました。
今度は冬か春にまた来たいと思います。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト
 HOME