鹿屋バラ園

.31 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSCN2957_convert_20170607234513.jpg

5年も串間に住んでいると南九州で行ったことのない場所なんて
ないのではと思われるかもしれませんが、まだまだ行ったことのない
ところが結構あるのです。

隣県の鹿児島県大隅地方は基点として鹿屋の街をよく通過するのですが、
「かのやばら園」というのが前から気になっていましたがなかなか行く
機会がありませんでした。
「かのやばら祭り」がこの6月4日までというので、見に行ってみました。

この写真、正面に見えるのが高隈山でこの右手前に鹿屋市の市街地が
広がっており、その手前には鹿屋航空基地があります。
この写真を撮っている背後の丘陵地に霧島ヶ丘公園があり、その一角に
かのやばら園はあります。

DSCN2875_convert_20170607234530.jpg

この大隅地方は車で走っていると人家が少なく、すぐに田園風景に
なります。吾平山陵に行った時も突然、山の中に広大な大隅広域公園
なるものが出現し、驚きました。

今回も後で知ったのですがこのバラ園に隣接する霧島が丘公園
というのが実は広大な公園なんですね。その説明書きを
ちょっと引用します。

昭和61年4月に開園した霧島ヶ丘公園は、鹿屋市街地の中心部から
南に約7kmの所に位置し、標高は約160mで公園全体がながらかな
丘陵地帯となっており、 四季を通じてカラフルな花々が楽しめ、
展望台からは東に志布志湾、西に錦江湾と薩摩富士と呼ばれる開聞岳、
北西に桜島、北東に市街地を眺望できる絶好の景勝地です。
園内には「ゴーカート場、ベビーカー、キャンプ場、茶室、展望台、
子供広場、フライングディスクゴルフコース」などがあります。
平成18年4月に開園した日本一を誇れる『かのやばら園』もあります。

ということから察すると鹿屋市は先に霧島が丘公園を整備し、
そののち、バラ園を開設してバラを使ったまちおこしを行った
ということなんでしょうね。

DSCN2876_convert_20170607234548.jpg

さてそのばら園ですが、これも説明書きを引用させていただきますと

かのやばら園は、8haの広大な敷地に5万株の色とりどりのばらが咲き誇る、
日本最大規模のばら園です。
ばら祭り期間中は、土・日・祝日を中心に多彩なイベントを開催。
また、園内では、ばらの美しさを鑑賞するほかにも、「切り花教室」で
ばらの切り花を体験したり、レストランでばらの花を入れて作った人気の
「薔薇カレー」や「ばらソフト」を食したり、ショッピングを楽しんだりと、
ばらの魅力を満喫できます。

入場料は大人620円、小中高生110円となっていましたが
「開花状況により価格は変動します」とありました。

DSCN2877_convert_20170607234604.jpg

DSCN2882_convert_20170607234634.jpg

入って驚いたのは、バラ園の立地です。鹿屋市街地に背を向けるように
丘陵地の南東側に位置しているため、バラ園の正面には
大隅地方の山々しか見えません。なかなか贅沢な立地です。

この写真のように眼下にバラ園が広がっているので入っていすぐ
バラ園の全貌が開けているので実に気持ちがいい。

DSCN2887_convert_20170607234655.jpg

DSCN2897_convert_20170607234721.jpg

DSCN2899_convert_20170607234744.jpg

DSCN2906_convert_20170607234811.jpg

DSCN2911_convert_20170607234837.jpg

中にはバラ園だけでなく、イングリッシュガーデンなどもあり、
庭づくりに興味のある人には嬉しい限りです。

DSCN2915_convert_20170607234910.jpg

DSCN2928_convert_20170607234939.jpg

DSCN2929_convert_20170607235005.jpg

また、入口のすぐ近くには温室があり、そこに多くの種類のバラが
咲いているのですが、これは切花として販売されています。

DSCN2938_convert_20170607235032.jpg

DSCN2940_convert_20170607235100.jpg

DSCN2944_convert_20170607235133.jpg

うっとりするようなバラがたくさんありました。
バラの甘い香りに酔いそうです。

DSCN2946_convert_20170607235155.jpg

春のバラシーズンの最終日に駆け込んだ形になりましたが
秋にも楽しめるのだそうです。ちょっと短いですが
11月中旬から12月なのだそうです。

DSCN2950_convert_20170607235228.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト
 HOME