タイニーハウス見学会

.18 2017 建築 comment(1) trackback(0)
DSC_0720_convert_20170421064652.jpg

DSC_0723_convert_20170421064717.jpg

DSC_0722_convert_20170421064743.jpg

土曜日、志布志を通り、都城の神柱公園でやっている
植木市に行きました。買ったのはカツラと大手鞠。
毎年、庭にはなにがしかの植木が増えていきます。
昨年までは日南の植木市に行っていたのですが、
今回は、青島のタイニーハウスを見たかったので、
そのまま、高速に上がり宮崎に向かいました。

植木市の方はいつもの日南のものより品数が豊富でした。
ただ、私としてはもっと賑やかな市を想像していたのですが、
それほどでもありませんでした。

神柱宮は始めて訪れたのですが
市内とは思えないほどに緑に囲まれた聖域といった風情で
なかなかいいところでした。


DSC_0757_convert_20170421060936.jpg

DSC_0752_convert_20170421061006.jpg

DSC_0755_convert_20170421061031.jpg

さてそのタイニーハウスの見学会、場所が「天空カフェ ジール」という場所。
その場所がインターネットで探すがよくわからない。
JR曽山寺駅から歩いて30分とある。結構有名なお店らしいのですが、
実に分かりにくい。

地図でこれであろうと思しき場所を目指して、田舎道を分け行っていくと
小高い場所に巨大な温室が現れた。どうもこれが目指す場所であるらしい。


DSC_0731_convert_20170421061053.jpg

中には入り、先払いで1500円を払う。
奥には市木のM夫妻と子供さんが食事をしている。
M君に挨拶する。


DSC_0725_convert_20170421061114.jpg

建物の中央部にこのカフェがあり、右と左に大きな温室が
併設されている。
カフェの室内は高さがあり、気持ちがいい。
お昼時でもあり、席はそこそこ埋まっていた。

このカフェのことを少し紹介しておこう。

肉・魚・乳製品を使わないマクロビオティック専門のビュッフェである。
野菜や米、小麦などは、無農薬・無肥料の炭素循環農法で育てた
自家農園の野菜を中心に使っている。調味料も無添加のものを
使用するなど、体に負担をかけず、旬の食材が持つ美味しさを
味わえる料理が約15種類並ぶ。

興味のある方は
http://www.tenku-zeal.com/


DSC_0727_convert_20170421061139.jpg

早速、バイキング形式で並べられた料理を取りに行く。
なんだか、見慣れない料理であるが、美味しかった。
お腹にすんなり入っていくので、量としてはたくさん食べた。


DSC_0728_convert_20170421061203.jpg

食事をしていると女性がスーっとやって来て
すぐ近くに座った。よく見るとグランドピアノがある。
アコースティックな音が周りを気遣うように静かに響く。


DSC_0733_convert_20170421061227.jpg

奥には子供連れの家族のためにこのような設えがなされている。

DSC_0734_convert_20170421061250.jpg

DSC_0735_convert_20170421061310.jpg

店内ではこんなふうに沢山の自然食品が販売されていました。
私には珍しいものばかりです。


DSC_0737_convert_20170421061333.jpg

カフェの一角にはこんな土壁のコーナーが作られたりして
なかなか楽しい。


DSC_0743_convert_20170421061357.jpg

奥にある温室はギャラリーになっていました。
でもこの時期でも少し暑い。
夏場はどうなるのだろう。


DSC_0740_convert_20170421061420.jpg

さてこの日ここにやってきた目的は
このタイニーハウスを見ること。

タイニーハウスとは「小さな家」の総称で、ツリーハウスやハウスボート、
もちろん地面に基礎のあるものやトレーラーの上に載っているものも
全て含まれます。
2000年にJay Shaferがトレーラーの上に自作したタイニーハウスが
メディアで注目され、その「量より質」の精神と共にタイニーハウス・ムーブメント
として広がり、自分とモノ・お金・環境とのつながりを見直す人たちのライフスタイル
として定着しつつあります。

どうです。このお家、童話の中から抜け出してきたようですね。
大都会の道路をこれで走ってみたいですね。
ベンツやフェラーリの横をゆっくりと・・・・
さぞかし愉快でしょうね。それはまるで彼らの生き方を
象徴しているかのようです。

それでも、綺麗な湖のほとりなどに置かれると
ぴったりとハマりますね。


DSC_0746_convert_20170421061442.jpg

気になる内部を拝見します。
おやおや、ロフトがあります。そこには先客が。
その下のソファに座り込んでこのタイニーハウスの
オーナーとお話をしました。


DSC_0748_convert_20170421061503.jpg

写真左の方がこの車のオーナー竹内友一さん。
実はひと月ほど前に本屋さんで「小屋入門」という
本(定価1200円)を買ったのですが、同じ本を
M君も買っていて、その最初のページ
「小屋の達人インタビュー」に写真入りで載っています。


DSC_0753_convert_20170421061529.jpg

実はこのあと
Simplelife上映会
上映後座談会
と予定されていたのですが宮崎に寄る用事があったので
ここらで失礼することにしました。

M君たちの緩やかなライフスタイルや広いネットワークは
串間で生活している人たちにはなかなかとらえどころがありません。
それでもその肩の力を抜いた生き方やフレンドリーな態度を
好ましく思い、少しでも橋渡しの力になればと交流が
続いています。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト
 HOME