庭仕事

.08 2017 comment(0) trackback(0)
DSC_0083_convert_20170411053206.jpg

1年前のブログを見て、意外にも早めに畑仕事を
していたことを知り、暖かくなったのを機に畑や庭を
少し身奇麗にしようと体を動かすことにした。


DSC_0096_convert_20170411053402.jpg

最初にやったのは2本ある桃の木の手前側の1本をバッサリ
剪定すること。下にあるキウイのツルが下から巻きついて
枝を落とすのに苦労した。
切った枝を集めたらこんもりとせっかく焼いた木々の枝や
落ち葉があったところが再び埋まってしまった。
これらも時間を見て小さく切らねばならない。


DSC_0087_convert_20170411053521.jpg

2番目が敷地の三叉路に面したところにある2本のヤブツバキのうち
1本を切ることにした。木に登って枝を落としていると
車で通りかかった岡留くんが「手伝いましょうか」という。
「いやいや、しれてますから」「ほな、気いつけて、落ちゃらんごつなー」
といって去っていったが、しばらくすると歩いてやって来て
道路に散らばった枝を畑へ運んでくれた。


DSC_0085_convert_20170411053612.jpg

これもまた畑の隅に山のようになった。

DSC_0088_convert_20170411053742.jpg

次が大きくなったハクモクレンである。これはなんとしても
葉が大きくなる前に落としたいと再び木によじ登り
枝を落とす。ハクモクレンは葉が大きいのです。
葉が茂って落とすと余計かさばるのです。


DSC_0259_convert_20170411055400.jpg

これもこんなふうに一山になりました。
ただこの木は柔らかくて切りやすいので
助かります。が椿は固くて力がいります。


DSC_0256_convert_20170411053859.jpg

DSC_0260_convert_20170411054014.jpg

さて最後は畑。なんとか雨が来る前に耕して、粒状苦土石灰を
撒かねばと、鍬を振るって畑を掘り返します。草の根やつる草の
長い根を掘り起こしながら取り出すのは骨の折れる仕事です。
雨が降るという前日夕方、石灰を撒き終えました。

今度は晴れた日に昨年と直交するように畝を変え、
肥料を撒きます。そしてマルチング。
ここまで進めばあとは苗を買ってきて植えるだけです。

目標は遅くとも4月中です。


DSC_0433_convert_20170411054140.jpg

庭やベランダももう少し居心地いいようにしていこうと
先日の大隅ドライブの帰りに鹿屋の家具屋さんに
立ち寄りました。まあまあいいのが手頃な値段でしたので
後日、雨の日に志布志に妹夫婦を迎えに行くついでに
鹿屋まで足を運びました。
2種類あったうちのどちらにしようか迷います。
デザインが良くて高いのはディレクターズチェアーの方。
ただ外部に置くので布張りなのが気になります。
よく見ていたら、布が取り外しできることに気づきました。
店員さんに確認したら、本人も知らなかったらしく
「あっ、外せますね」という。「じゃあ、これを2脚下さい。」
「これ1脚しかないんです。」「えっ、どっか他にないの。」
電話であちこちの支店に電話してくれ、そちらに在庫があるので
しばらく時間がかかりますという。
2脚分の代金を払い、1脚を持ち帰りました。
やれやれ、また鹿屋まで行かなきゃならない。

というようなことがあったのですが
いざ、ベランダに置いてみるとなかなかいい雰囲気です。


DSC_0434_convert_20170411054230.jpg

ちなみにこの椅子に座って庭を眺めると
こんな感じです。これから緑が鮮やかになり
天気のいい日も雨の日もそれなりの味わいを
見せてくれると思います。


DSC_0436_convert_20170411054316.jpg

日曜日に気温が上がり庭を覆う桜は九分咲きくらいまで
咲いていますが今年は少し花の量が少ない気がします。
このままでしばらくとの願いもむなしく月曜日には
激しい雨と風。もう数日だけ待って・・・・・・
そういえば去年も同じようなことを言ってましたね。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト
 HOME