藤田美術館

.31 2017 芸術 comment(0) trackback(0)
DSCN2575_convert_20170401231026.jpg

最終日30日は関空15:50のピーチ
13時にJR茨木駅からリムジンバスに乗ればいい。
ところがこの日、どうしても行きたいところが出来た。

大阪に到着した日、娘の家にたどり着き
なにげにNHKの「プロフェッショナルー仕事の流儀」を見ていた。
藤田美術館(大阪市都島区)が所蔵する中国美術の
名品30点以上が、米ニューヨークで開かれる競売会社クリスティーズの
オークションに出される。これを取り仕切るのが今回の
プロフェッショナルだ。
国内の美術館のコレクションがまとまって競売にかけられるのは珍しい。
なにげに見ていたが このオークションは
中国人の注目を引き、オークションは過熱した。
値段はあっという間に予定価格を上回り、
総額が300億円に達した。なぜこれほどの逸品を
美術館は放出したのか?

実はこの美術館老朽化が激しく、美術館を建て替え
一新を図りたいとのやむを得ぬ事情を抱えていた。
建設費の捻出が目的で中国美術品をやむなく放出したと
わかった。

この時点で藤田美術館がどこにあるかまるで興味が
なかったのである。


DSCN2584_convert_20170401231053.jpg

ところが29日の同窓会で出会った豊さんから
実はこの日、藤田美術館へ行ってきて、曜変天目茶碗を
見てきたという。パンフレットを見せられ、ぎょっとなる。
実に美しい。場所を聞けば、大阪市内京橋の近くらしい。

曜変天目茶碗といえば最近話題になったばかりである。
2016年12月20日放送のテレビ番組『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系列)において、
番組出演者が出品された天目茶碗を「曜変天目茶碗」「4点目」と鑑定した。

そこで30日の午前中を使って、藤田美術館へ行くことにしたのである。

環状線で京橋まで行き、東西線に乗り換えて一駅。
地上に出ると100mくらいの位置に藤田美術館はあった。

建て替えたい。なるほど、小さくて貧相で古い。
写真手前の蔵のような2階建てが美術館なのだ。


DSCN2581_convert_20170401231116.jpg

入場料800円を払って中に入る。
建物は2階建て木造で展示室は暗くて狭い。
1階に15点、2階に17点、わずかそれだけだ。
ところがこの中身がすごい。1階国宝4点、重文1点
2階国宝3点、重文8点と展示物が上質なのである。
多分、奥にある収蔵庫には沢山の名品が収蔵されていて、
少しずつ展示しているのだろう。
だから滅多に展示されることもない中国の名品を
オークションに出品できたのだろう。


DSC_0032_convert_20170401231147.jpg

図録を買わずに絵葉書4枚を買った。
曜変天目茶碗はこの絵葉書でも分かるように
実に美しい。

現在、日本にのみ曜変天目茶碗が4品ある。
内3品が国宝で1品が重文である。
静嘉堂文庫蔵、龍光院蔵そして3つ目がこの藤田美術館である。


DSCN2578_convert_20170401231213.jpg

DSCN2580_convert_20170401231237.jpg

DSCN2583_convert_20170401231258.jpg

美術館前に小奇麗な庭がある。奥には収蔵庫と思しき
大きな蔵がある。一体この中にどんな宝物が収められているのか
計り知れない。美術品の質の高さに似合わぬ貧相で小さな美術館。
生まれ変わって大勢の人に見てもらうというのも
時代の趨勢であるかも知れない。


DSCN2585_convert_20170401231321.jpg

あっという間に見終えてしまい、なんだか物足りない。
奥に公園らしきものがあったので行ってみる。
どうもここが藤田美術館の創始者、藤田邸があった場所が
公園になっているようだ。


DSCN2587_convert_20170401231344.jpg

振り返った先にクリスタルタワーが見えた。

DSCN2593_convert_20170401231408.jpg

公園の向こう側に藤田美術館が見えている。

DSCN2603_convert_20170401231439.jpg

公園内に桃の花?かな。いっぱいに咲きほこり
桜もチラホラつぼみが膨らんで、ちょっとだけ
咲いていました。


DSCN2626_convert_20170401231506.jpg

梅田でちょっとだけ買い物して
JR茨木駅に戻り、近くで昼食を食べてから
13時のリムジンバスに乗り関空第2ターミナルへ
向かいました。


DSCN2631_convert_20170401231532.jpg

中の待合はこんな感じです。

DSCN2637_convert_20170401231557.jpg

帰りは窓際でした。

DSCN2643_convert_20170401231626.jpg

DSCN2650_convert_20170401231649.jpg

あっという間の数日間(27日~30日)
また来年もみんなに会いに来たいな。

じゃー、みなさんお元気で

明日から再び串間です。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト
 HOME