FC2ブログ

最近の読書

.23 2017 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_7256_convert_20170128111300.jpg

買ってきた本を枕元に置く癖がある。
買うたびにカバーをつけてもらうのだが
それがいけない。読んだ本も読みかけの本も
まだ手をつけていない本もごちゃごちゃになっている。
カバーを全て外した。読んだ本と読んでいない本を分けて
読んでない本のみを枕元に整理してブックエンドで
収めた。

少しは読む気が出てきた。年末にあちらこちらの本屋で
ついつい買ってしまった本が結構たまったので
最近は寝る前に読むことにした。


DSC_7278_convert_20170128111333.jpg

DSC_7283_convert_20170128111405.jpg

先日紹介した 冲方丁の「はなとゆめ」は前回紹介した。
娘に先日みかんと一緒に送ったら今朝電話で読み終えたと
連絡があった。「なんで退屈な古典の時間にこうした
清少納言の置かれた状況を説明してくれないのかな。
こういう物語を知ると本当に枕草子を読みたくなる。」
娘の感想である。


DSC_7292_convert_20170128111436.jpg

最近読んだのは垣根涼介の「迷子の王様」
「君たちにあすはない」シリーズの5巻目である。
これまでのものも全部読んでいる。
社会で働くことの意味を考えさせられる作品で
毎回すぐに読んでしまう。
残念ながら今回が五回シリーズの最終回
仕事に悩む若い人たちに読んで欲しい作品です。


DSC_7294_convert_20170128111506.jpg

数日前から読み始めたのが
伊集院静の「なぎさホテル」
前回読んだのが「ノボさん」
その前が「いねむり先生」
これら三作品は穏やかでリズムが緩やかなので
この作者の日頃の言動や派手さ、才能からすると
意外な気がするが私は好きだ。
作者が作家として名を成すに至る重要な時期のことを
小説にしている。


DSC_7305_convert_20170128111539.jpg

さて、今日はもう一つ紹介したい本があり
A4サイズほど書き込んだものがあったのだが
紙面が既にいっぱいになってしまった。
これはまたの機会にしよう。


DSC_7306_convert_20170128111605.jpg

DSC_7309_convert_20170128111635.jpg

当初「寒い日々」と題して
冬の日に沈む夕陽を写真の題材に
書こうとしていたのですが
本のことを書き始めたら
こんなふうにちっとも寂しくない文章に
なってしまいました。

でも文章なんか読まずに
写真だけを見る人だっていていいわけですし
冬の日の気温の上がらない寒い日々の
暖かそうな夕日なんだけれど
風も空気も冷たい
そんなところも感じ取っていただきたいと
思います。


DSC_7314_convert_20170128111705.jpg



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト



 HOME