FC2ブログ

くしま駅伝大会

.10 2017 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_6904_convert_20170114124623.jpg  

昨年から多くの市内の行事を撮影しているが
それは中学校統合による各校の閉校に伴う
最期の行事の記録を行うが故である。

今年に入り、かるた大会もそうで、ただ数名の中学生の
参加を記録しておくためでもあった。
日曜日に駅伝大会があるのでそれも記録しよいうという
ことになった。なぜ?とも思ったが、中学生も参加するという。
仕方ない。

ところが前日から雨が降り出し、天気予報でも雨。
朝、雨が降っているので当然中止だろうと確認すると
雨でもやるという。


DSC_6900_convert_20170114124742.jpg

開会式のあるスタート地点の運動公園に行くと既に
多くの人が集まっていた。
皆、雨のことなど気にもせず、雨合羽を着込んでいったん集まり
各中継地点に自転車で散っていく。
見れば年齢も様々である。


DSC_6909_convert_20170114124821.jpg

DSC_6916_convert_20170114124855.jpg

スタート地点は河野さんが撮るというので
最初の交差点で最初の撮影をしようと待っていると
武田さんがやってきた。その日は親戚の子が
新成人だというのでその撮影を頼まれたという。

そもそもこの駅伝大会には
「串間市成人祝賀駅伝競争大会」という物々しい
冠が付いている。ゴールは市民会館前でそこでは
その日、成人式が行われるのだ。
どうりで雨でも実施されるわけである。

さて、スタート時間になったので傘をさし、カメラを構えて
待っているときたきた。と思ったらあっという間に
駆け抜けていきました。


DSC_6924_convert_20170114124931.jpg

さて次に何処に行こうか。福島小学校が中継点になっていると
いうので行ってみました。そこで議員の今江さんにばったり出会う。
今年の本城ひな祭りの話をする。

しばらくすると先頭が近づいた様子。


DSC_6931_convert_20170114125008.jpg

DSC_6933_convert_20170114125042.jpg

先頭が見えた。あっという間に次走者にたすきが渡る。

DSC_6942_convert_20170114125114.jpg

DSC_6944_convert_20170114125147.jpg

DSC_6948_convert_20170114125225.jpg

DSC_6949_convert_20170114125300.jpg

次々にやってきてたすきが繋がれていく。
しばらくすると係りの人が時間を読み上げる。
何事かと思っていたら、繰り上げスタートである。


DSC_6956_convert_20170114125334.jpg

DSC_6957_convert_20170114125414.jpg

DSC_6959_convert_20170114125451.jpg

箱根駅伝なんか見てるとこのたすきを繋げるかどうかは
非常に劇的で担当のアナウンサーも声を張り上げて
ギリギリに走り込んでくるランナーを応援するのですが
ここではそういうこともなく淡々とことは進んでいきます。
が、繰り上げスタート直後に一人のランナーが駆け込んできました。
泣きそうな顔で虚しくたすきを前に持ってきましたが
虚しく中継店で立ち尽くしていました。


DSC_6970_convert_20170114125556.jpg

ゴール地点の市民会館前にやってきました。
着飾った新成人が次々に集まって会館前は
華やかです。

駅伝のゴールにも振袖姿の新成人の姿が見えます。


DSC_6972_convert_20170114125655.jpg

先頭ではゴールを切ったのは高校生でした。

DSC_6990_convert_20170114125734.jpg

次々にゴールします。

DSC_6996_convert_20170114125807.jpg

市民会館前の新成人たち。皆、非常にハイになっているのが
傍目から見てもわかります。若いなー、かわいいなーと
思えるのは年をとったせいかな。


DSC_6997_convert_20170114125846.jpg

DSC_7000_convert_20170114125929.jpg

ゴール前の人だかりとレース後の振る舞い。
ようやく雨も上がりました。




写真日記 ブログランキングへ

酔龍の拙いブログを毎回見ていただいてありがとうございます。
上記「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後にリンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト



 HOME