FC2ブログ

初夏の庭

.02 2016 日記 comment(0) trackback(0)
DSCN4495_convert_20160606114841.jpg
DSCN4499_convert_20160606114914.jpg
DSCN4500_convert_20160606114937.jpg

酔龍亭の扉を開けると初夏の日差しが庭に注いでいた。
日差しが強すぎて、澄んだ空気の中、日の当たった緑と
その緑の木陰の差がはっきりしていて、それを見るに付け
もう爽やかな五月はどこかへ行ってしまったのだと
実感した。

庭の雑草も春に新芽を出した雑木も何もかにもが
もう緑緑していて、その勢いになぜか圧倒されるような
力強さを感じる。

わずかの間に自然は舞台装置をすっかり変えていて
これはもう初夏の装いなのだと思い知る。
風が庭を大きく覆う桜の葉を大きく揺らす。
肌に当たる日差しの強さと風が体を抜けていくのを
感じながら庭を歩く。

雑木の庭というより雑木林だ。庭の半分以上は
手がつけられない雑草に覆われている。
先週、梅を採るために庭の奥に入ったが柿や梅の枝が
伸び放題でツワ畑を覆い尽くし、木漏れ日しか差さない
薄暗い森の中のようだった。

梅と柿の枝を切らねばと思っているのだが・・・・
梅は今がいいが、柿は収穫の後だ。
さてさて、いつ手がつけられるのだろう。

庭のサツキの花が咲き終わったから
ツツジとサツキを剪定せねばならない。
やることは多い。


DSCN4504_convert_20160606115004.jpg
DSCN4508_convert_20160606115032.jpg
DSCN4509_convert_20160606115102.jpg

畑の作物が実り始めた。きゅうり、ししとう、ピーマンは
もう数回収穫した。
ミニトマトはたくさん実をつけたがまだ色づいてない。
ナスもたくさん実をつけたが例年、大きくなる前に
枯れたり、虫に食われたりと難しい。

トマトにピーマンは毎年、巨大化して支柱管理が
ままならない。今年は早めに大きな支柱に変えてみたが
どうなるか心配だ。


DSCN4510_convert_20160606115129.jpg
DSCN4516_convert_20160606115156.jpg

かぼちゃの花の黄色、ザクロの花の朱色
濃い緑の中で負けない色合いが鮮やかである。


DSCN4470_convert_20160606115231.jpg
DSCN4473_convert_20160606115300.jpg
DSCN4483_convert_20160606115330.jpg

明日は雨だという日の夕暮れ
雲が多いのにわずかに夕焼けになった。
中途半端な気もするが
最後の瞬間雨雲の西の端が真っ赤になった。

梅雨は近い。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



スポンサーサイト



 HOME