夕焼け

.30 2016 日記 comment(0) trackback(0)
数日、雷を伴った雨が降り続けた。
この日の午後、天気予報通り雨が上がった。

早めに夕食を作り始めた。一品作ったところで
西の空を見ると山陰と厚い雲の合間に青空が見えているのに
気付いた。

迷った挙句、カメラを持って車で家を出た。


DSC_0646_convert_20160702063343.jpg

途中、西日を浴びた水田の中の道を走る。
車を道脇に停め、青々とした水田を眺める。
よく見ると稲穂がついている。

七月末には稲刈りが始まり、新米は七月中に
収められて八月には店頭に並ぶ。


DSC_0655_convert_20160702063537.jpg
DSC_0666_convert_20160702063613.jpg

久しぶりに海にやってきた。
車が2台停まり、堤防の上でひとりが釣りをしている。
河口に当たる港の内部は降った雨のせいで
茶色く濁っていた。
沖合は波静かで緩いうねりが波面を静かに
上下させていた。


DSC_0671_convert_20160702063641.jpg
DSC_0683_convert_20160702063720.jpg

海の向こうに西日が沈もうとしている。
大隅半島の山の中位に雲が帯のようにかかっている。
雨上がりの風景としては申し分ない。

晴れた西の空に沈んだ太陽は頭上の厚い雲を
きっと紅く染めるに違いないと確信があった。


DSC_0692_convert_20160702063753.jpg

太陽が沈み、やがて東の雲がほんのり赤く染まり始めた。
それはやがて頭上の雲を染め夕焼けを出現させる。

夕刻のほんの一瞬のささやかな奇跡
ただ私だけが一人それを讃えて立っている。


DSC_0703_convert_20160702063826.jpg





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。




スポンサーサイト
 HOME