オビダラリー

.30 2015 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSCN9351_convert_20150903111743.jpg

前から行きたいと思っていながらなかなか行けなかった。
先日娘たちの帰省時飫肥の町を訪れた際、
ちょっと寄りたい店があると一緒に行った。

その店の屋号は「オビダラリー」
飫肥杉だらけのギャラリーという洒落で命名された。


DSCN9352_convert_20150903111833.jpg

この店には見覚えがあった。築100年の古民家を
改修した染物雑貨のお店だった。
空家になっていたのを飫肥杉材を使った木工品の
アンテナショップとして平成25年8月にオープンした。

当初、日南市から緊急雇用創出事業として
南那珂森林組合が業務委託を受け運営してきた。
しかし、補助金を受ける期間は平成26年3月までの
予定だったが、それ以降も服部植物研究所などの協力を
得て、自力運営で現在に至っている。


DSCN9337_convert_20150903111905.jpg
DSCN9338_convert_20150903111932.jpg

お店はご覧のようにこじんまりしている。しかしこの
スケール感が心地良い。

現在、飫肥には年間10万人以上の観光客がある。
最近は外国の大型クルーズ船が油津港に
停泊するようになってますます観光客は
増える傾向にある。


DSCN9339_convert_20150903112002.jpg
DSCN9343_convert_20150903112033.jpg

普通、こうした木製品の小物雑貨に杉材は
使われない。木目が荒く柔らかいので
傷つきやすいのである。が敢えて日南市では
数年前からこうした飫肥杉材による木工品を
デザインして様々な製品を作り出している。


DSCN9342_convert_20150903112104.jpg
DSCN9347_convert_20150903112131.jpg
DSCN9348_convert_20150903112157.jpg

ここでは、飫肥杉で作られた地元産品だけでなく
他の杉産地で作られた杉木工品も展示されている。

杉材の柔らかさ、香り、それらが店を訪れる人を
癒してくれる。山あいの古都によく似合ったお店である。


DSCN9350_convert_20150903112223.jpg



宮崎県 ブログランキングへ

写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記2つのブログランキングに参加しています。



スポンサーサイト
 HOME