九州窯元行列in串間

.31 2015 街づくり comment(0) trackback(0)
DSCN6770_convert_20150601014700.jpg
DSCN6769_convert_20150601014722.jpg
DSCN6771_convert_20150601014740.jpg
DSCN6774_convert_20150601014759.jpg
DSCN6776_convert_20150601014819.jpg
DSCN6786_convert_20150601014842.jpg

今年も串間恒例の「第8回九州窯元行列in串間」が旧吉松住宅及び周辺商店街で5月29日、30日、31日の3日間に渡って開催されました。畳の上の陶器市としてしっかり南九州の行事として定着した感があります。昨年は、少し参加窯元が減ったのか旧吉松住宅の中だけが会場でしたが今年は少し参加窯元が増えたようで周辺商店街にも出店されていてそれが周辺街の賑わいを演出していました。33軒の窯元が出店したのですから大したものです。

DSCN6752_convert_20150601014919.jpg

この窯元さん、こちらに帰ってきた年にスープ用のカップを2個買いました。翌年、小さなワイングラス?を1個買いました。久しぶりに今回、少し大きめのワイングラス?と中皿を1枚購入しました。こんな付き合い方もあるのだ。こんなふうに時が積み重なって私にとって4回目の陶器市でした。

DSCN6797_convert_20150601014950.jpg
DSCN6800_convert_20150601015012.jpg

土曜日はあいにくの雨。その日夕方から旧吉松住宅の前の通りで夜市が開かれました。いつもならさらっと通りすぎるだけですが今回はずいぶん知り合いが増えて、あちこちでツマミを手にいれビールを友人らと飲みました。

DSCN6801_convert_20150601015032.jpg

夜中に今度はバーに集まり、また例の調子でまちおこしの話です。M新聞のN記者、Wさん、司法書士で歴史マニアのKさん、先日紹介した電車を持ち込んだ責任者のKさん、夜中にまた特命部長のYさんを呼び出して、地方創生をどうやって進めるかの話を夜中の12時までやっていました。(地方創生を肴に酒を飲んだだけなのかもしれませんが・・・・)

翌31日は義兄の1周忌。早いものです。





宮崎県 ブログランキングへ

写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記2つのブログランキングに参加しています。



スポンサーサイト
 HOME