FC2ブログ

日常

.18 2013 日記 comment(0) trackback(0)
DSCN0407_convert_20130718235602.jpg

今朝、初めて遠くで蝉が鳴くのを聞きました。梅雨が明けて随分経つのに不思議なことです。ただまだ庭の桜の木でクマゼミが忙しく鳴くまでにはいたっていません。水田の稲もいつの間にか少しだけ黄金色になって徐々に稲穂が垂れてきています。この辺りではたいていの農家が7月中に稲刈りをして7月中に出荷します。8月になると値が落ちるのです。

仕事をしていれば、1週間も休めば、会社に出、挨拶をしていつの間にか日常に溶け込むものです。定年退職をしておまけに田舎暮らしの身ではそうもいきません。生活の場に否応なく居続けなければならず、「日常」というものがなかなか戻ってきません。引き寄せで8月4日を五十日祭と決め、納骨を行うことにしました。これで新盆を迎えられそうです。そういえば昨年は弟の新盆でした。まさか2年続きでこんなことになるとは誰も予想しなかったことです。忌中だからと忌明けまではこのブログも女々しく思い出に浸っていようと思っていたのですが、皆様の目を意識せざるを得ません。


DSCN0392_convert_20130718235648.jpg

梅雨明け前には、連日大雨でその雨の間、畑では雑草が伸び放題で、ちょっと手がつけられない状態です。それでも畑のきゅうり、ナス、ピーマン、シシトウ、ミニトマト、オクラは連日成長を続け、日々収穫を余儀なくされます。これもこういう状況下ではなんとも言いようがありません。もう止めていいよと野菜に言ってみたところで止まりません。

朝、庭に出てオクラと青紫蘇とネギを必要なだけ採り、ネギと青じそを味噌汁にオクラとネギと青じそを納豆に混ぜます。


DSCN0412_convert_20130718235715.jpg

夕方、買い物に行く前に畑の収穫をします。今日の分はこれだけですが、今日は残った卵をそろそろ使い切る必要が有り卵を使った別の献立。これは明日頂くことにします。最近ミニトマトは半分は料理に使います。例えばフライパンでオリーブオイルを使って鶏肉、キャベツ、トマトとか、あさりにキノコ、トマトとか組み合わせて料理するとちょっとイタリア風です。

DSCN0362_convert_20130718235802.jpg

さて、ささやかな私の仕事の方を少し報告しておきましょう。お通夜に来ていただいた棟梁、どうしたわけか翌日から胃炎で入院してしまいました。それでも時々、病院から仕事のことが気になるらしくあれこれ質問してこられる。「あんたねー、胃炎で入院してる患者が電話で仕事しとったら、治らんやろー」棟梁の入院に対しては私もお金のことや納まりのことであれこれ難しいことを言い続けていた手前、少しだけ責任は感じているのですが・・・・
今週初めようやく退院されました。昨日から元気な声が聞こえます。


前回、酔龍亭の外装では少しやりすぎたので今回はたて板の押えぶちのピッチがほどよく飛んでいます。この段階の塗装する前の生の杉材は本当に綺麗です。


DSCN0358_convert_20130718235844.jpg

田舎でも最近、住宅メーカーの建てるスタイルが主流です。外装はサイディング、屋根は平瓦というスタイルなのです。営業はきっと「外装はサイディングだとメンテナンスフリーで長持ちしますよ」なんて言ってるんでしょうね。私は最初から「ヨシくん、5年ごとに外装のペンキを塗り替えないかんけどいいな」と言ってあります。全然優しくない建築家なのです。でもいいでしょ木の外装。

屋根は海辺で金属屋根は腐食するのでダメ。粘土瓦は塩害で溶けるのでダメ。そう言われて採用したのは陶器瓦です。色はシルバー色(イブシに見えます)。瓦は色々調べた結果、一文字が一番シンプルで美しいと判断。指定すると「平瓦になりませんか」とか「平瓦に比べ瓦一枚の値段は変わりませんがサイズが小さいので数が多い分高いです」とか「一文字は他の和瓦に比べ削り合わせる工程が必要でとにかく手間がかかるんですわ」とか色々言ってきましたがめげずに「一文字」。できてみるとやっぱりいいです。しかし破風が少し大きすぎて不満足です。「樋は?」「なし」そのかわりに後で周囲に砂利を敷く予定です。

こんなふうに少しずつ日常が戻ってきています。



宮崎県 ブログランキングへ

スポンサーサイト



 HOME