FC2ブログ

春分の日

.20 2013 日記 comment(2) trackback(0)
DSCN6975_convert_20130320232416.jpg

19日は晴天だった。朝、光が柔らかいうちに畑から桜を真ん中にして家の方を撮ってみました。この時点で六分咲きくらい。花があまり写らないんです。手前の菜の花は実は成長しすぎた小松菜の成れの果て、開花していない花芽ぐらい食えるだろうとしつこく食べています。そろそろ春植えの時期です。さて何を植えようか。春の早さに皆あわてています。

DSCN6978_convert_20130320232612.jpg

私の部屋の外にはグレープフルーツが黄色い実をつけています。枝先を見ると若芽がでてます。そこで慌てて全部ちぎってしまいました。なかなか美味しいので近所の人にあげています。

DSCN6998_convert_20130320232951.jpg

いつも身近に眺める桜の木の周りを今年は少し手を入れようと思っています。今は雑草も生える自然風の庭になっています。

この日は午後から白木蓮の木に登り枝を剪定しましたが道路側が残ってしまいました。剪定した木々や刈った草、毎日掃いて集めた椿の花々が畑の片隅に堆く積み上がってしまいました。夕方火をつけて燃やしました。それでも生木や草類は湿って燃え残ります。続きはまたいつかやることにします。


DSCN7012_convert_20130320233400.jpg

20日は朝から雨、その雨の中をヨシくんの件で都井へ出かけました。道中は山桜の葉桜、咲き始めた桜、道路の両側のレンギョウの黄色い花。雨に煙る中を走ったのですが帰りには雨も上がり、山々に霧が立ち込め、よくみると山々が青い若葉で占められています。早い、本当に早い。あっという間にここらはもう若葉の季節になっていました。

DSCN7155_convert_20130320234147.jpg

明日から悠紀さんを連れて宮崎の病院へ行ってきます。1泊して帰りは金曜日。土曜日は近隣の花見ですが、天気予報では雨。ガソリンが残り少ないので午後、一人で志布志まで行く。途中、墓参り。みかん山の前を通ると桜が咲いて綺麗です。場内も皆さんの努力のお陰で見違えるように綺麗になっています。

志布志からの帰り道、ダグリ荘に寄って写真を数十枚撮る。志布志の海岸がどこか南海の海岸のようです。


DSCN7139_convert_20130320233852.jpg

ここからは志布志の町が見渡せます。港ににはサンフラワーが停泊しています。雨を降らせた雨雲の間から光が降ってきます。今日は夕陽ではありませんがこういうのもなにか神秘的でいいですね。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



 HOME