日南海岸の先(都井岬)

.31 2012 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSCN7830_convert_20120530234111.jpg

 先の半島の山の頂に都井岬の灯台が見えてきた。アクセルを踏んで坂道を上る。いよいよ都井岬である。駒止の門で入場料の400円を払う。目の前に志布志湾が広がる。ここで車を停める。

なんと野生馬が数頭目の前にいる。野生馬は観光客に媚びない。近くに行ってもまるで我々が見えないように行動をする。餌付けされているわけではない。自然の中で自立して生きている。我々は害のない他の動物にすぎないのだろう。平気で寄ってきて至近距離ですれ違ったりしても無視である。我々人間も似てきたのかな。余談だがこちらに帰ってきて感心するのは学生は小学生から高校生まで道ですれ違うと必ず挨拶をする。知らない大人でも道ですれ違うと挨拶をする。そんな当たり前のことがうれしい。


DSCN7853_convert_20120530234236.jpg

ホテルの前にも3頭ほどがいた。当然、観光客が集まってくる。うるさいなーそんなそぶりで場所を移動する。馬たちはその繰り返しだ。

DSCN7860_convert_20120530235231.jpg

下の岬神社の前でも道路脇のアジサイの花の前に数頭がいた。今日はついている。

DSCN7877_convert_20120530234850.jpg

岬神社は岬の切れ込みの崖に張りつくように建っている。目の前に南から流れてきた海流がぶつかる。その激しくドーンという波の音が大自然の強大さを物語る。宮崎でロケがあると必ずこの都井岬の崖が殺人事件の現場として扱われる。まったく・・・・

DSCN7878_convert_20120530234715.jpg

時間がないので灯台行きは省いて串間へ向かう。我が家へ寄ってお茶を飲んで休んでもらう。定年後、初の客人である。日南海岸は休日の夕方でもあり混んでいるのではと帰り道に山中を田野まで走る黒潮ロードを紹介したが後からもらったメールでずっと森の中で往生したしたとのこと、車が少ないからと薦めたのだが初めての地で1時間山中を走る不安感は確かにわからないではない。申し訳ないことをした。


宮崎県 ブログランキングへ


スポンサーサイト
 HOME