FC2ブログ

扉の向こうへ

.25 2012 日記 comment(0) trackback(0)
待ち疲れた末に帰郷する日を宣告した。途端に全てが動き始めた。

120425茨木DSCN6912

昨日、散歩を兼ねて市役所まで転出の手続きに行った。今年は桜が咲くのと若葉が芽を吹く時期が重なり、桜の散った後の公園は一面の若葉でさわやかな春の風に乗って命の躍動が伝わってくる。

120425茨木DSCN6920

今日ようやく亡くなった弟の不動産の処理が済んだ。夏までに必要なものを箱につめ送り出すといよいよこの大阪を去るという実感が湧いてきた。いつものように家族4人で最期の夕食を摂る。一つの世帯が明日から二つの世帯に分かれる。あれこれ心配は尽きないのだがそれぞれで最適解を見つけるしかない。

120425茨木DSCN6945

これからお世話になる宮崎銀行が大阪の本町にあるものだからお金の出し入れに今日も出向いた。地下鉄の本町駅で降り御堂筋に出るといつの間にか銀杏の若葉が通りを覆っている。その向こうに長い間お世話になった会社の建物が建っている。出発の予定が約10日遅れた。知り合いに出会うと「なんだ、まだいるのか?」と言われそうで知らず知らずのうちに目立たぬように歩いている自分がいておかしい。

120425茨木DSCN6947

明日の夕方、今回はフェリーで志布志へ向けて出発します。私の出発が働いている人たちのゴールデンウイークと重なってなんだかおかしな感覚だ。私も働いている人たちと同じ感覚でこの旅立ちを待っていたのだが、私の休みはゴールデンウイークより遥かに長い。その長さがなんだか実感を伴わない。

旅立ちです
扉の向こうへ



宮崎県 ブログランキングへ



スポンサーサイト



 HOME